『99.9刑事専門弁護士II』松本零士作品ネタやヒャダインのルパン三世ネタ満載、深山はギャグ4連発の第7話

感想・評価99.9

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

TBS日曜劇場枠『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II』第7話(2018年3月4日21時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は超大御所漫画家の松本零士先生が本人役でご出演で、関連の小ネタ満載。

ヒャダインさんも出演していて、ルパン三世のネタもたくさんありました。ヒャダインさんとルパンが似てるから? それかヒャダインさんはルパン好きなのかな。また、比嘉愛未さんのネタもありましたね。で、深山は相変わらずダジャレ連発。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

深山大翔 役 松本 潤

投稿数:6286(1位), ユーザ数:1700(1ユーザあたり3.70回)
関連語:深山(4801), 大翔(513), 松本(3846), 潤(3448), 佐田(773), いただき(194), 可愛(186), 敗訴(157), メーテル(146), 最高(81), バナナ(64), ダジャレ(62), サリー(45), かわいい(42), 接見(39), 嬉し(40), 小ネタ(30), ラモス(29), 瑠偉(32), イキイキ(22), ピカンチ(15), 眼鏡(15), オヤジギャグ(12), オラオラ(12)

1位は深山大翔役の松本 潤さん。
今回の「いただき」関連ダジャレは「いただき松本零士」と「いただき漫☆画太郎」だった。対極的な漫画家のお二人。

後半には恒例のダジャレ連発も出た。今回は4連発。後述する。

また、劇中で話題になった原宿のクレープ店「クレープTOKIO」は嵐主演の映画「ピカンチ」(ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY=ピカンチハーフ)のネタですかね。

佐田篤弘 役 香川照之

投稿数:1588(2位), ユーザ数:860(1ユーザあたり1.85回)
関連語:佐田(1492), 篤弘(10), 香川(139), 照之(127), ファミリー(84), 逮捕(67), プライド(47), 大好き(25), 感動(18), 大門(14), ダジャレ(12), 生い立ち(9), 未知子(7), フリップ(4), 拘置所(4)

2位は佐田篤弘役の香川照之さん。
今回は被告人になってしまう。
プライドが邪魔して「騙された」とは言えない佐田だったが、結果的にはそれが正解だった。

また、「私、計算ミスしないので」というドクターXこと大門未知子ばりのセリフもあった。岸部一徳さん(ドクターXでは神原名医紹介所の所長役)も出てるしね。

松本零士

投稿数:647(3位), ユーザ数:597(1ユーザあたり1.08回)
関連語:松本零士(647), いただき(153), メーテル(97), 本人(20), 銀河(16), 鉄道(16), まさか(12), 本物(10), 御大(9), ガミラカンダル(6), 小ネタ(5)

3位は松本零士さん。
大御所、まさかのご出演。いとこんちで、メーテルと一緒に飲んでいた。

火星の老人のセリフ「長生きするだけが幸せかどうか、俺にも誰にもわからん」を言い、飲んでた酒の名前「千年醸王」は「新竹取物語 1000年女王」、同じく酒の名前「永多亜鳴」は「エターナル」、それに作品内の武器「戦士の銃(コスモドラグーン)」、地球とアンドロメダを往復できる無期限パスも映された。

また、佐田が国家賠償訴訟をしている「ガミラカンダル薬害アレルギー」の「ガミラカンダル」は、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズのガミラス帝国と惑星イスカンダルをあわせたもので、これも松本零士さんネタ。

尾崎舞子 役 木村文乃

投稿数:360(4位), ユーザ数:223(1ユーザあたり1.61回)
関連語:尾崎(69), 舞子(154), 木村(154), 文乃(123), 腹話(28), 最高(13), 扱い(10), ギャグ(7), 電話(7), 舌打ち(6)

4位は尾崎舞子役の木村文乃さん。
前回、弟の件が解決してスッキリしたかな。
今回は、深山に腹話術のモノマネをされて舌打ちした。

満里恵 役 アンミカ

投稿数:310(5位), ユーザ数:279(1ユーザあたり1.11回)
関連語:満里(0), 恵(12), アンミカ(300), 濃い(26), キャラ(25), 強烈(18), ヒャダイン(14), グッジョブ(11), 関西(9), 強い(10), クセ(8), すぎる(9), インパクト(4), キーパーソン(4)

5位は満里恵役のアンミカさん。
被害者の元妻。
キャラのクセが強すぎる。しかし重要な情報を供給した。

川上憲一郎 役 笑福亭鶴瓶

投稿数:234(6位), ユーザ数:209(1ユーザあたり1.12回)
関連語:鶴瓶(140), 川上(96), 憲一郎(1), 笑福亭(11), 怖い(26), 裁判(21), 師匠(17), 判決(15), 深山(14), 来週(9), 対決(6), 笑顔(5), 嫌い(4), 演技 落語(3)

6位は川上憲一郎役の笑福亭鶴瓶さん。
一見、正義を標榜しているように見えて、実は裏では今回の件の糸を引いているようにも見える。黒幕なのか。
次回は深山と対決らしいが・・・。

緒形 役 ヒャダイン

投稿数:216(7位), ユーザ数:199(1ユーザあたり1.09回)
関連語:緒形(0), ヒャダイン(216), 社長(24), アンミカ(13), まさか(5), リッチマンプアウーマン(4), ゲスト(4), リチプア(3), ネクストイノベーション(3)

7位は緒形役のヒャダインさん。
スーツや時計、自動車などなんでも複数のペアで所有するという変わり者の社長。

写真に書いてあった「ネクスト・イノベーション」は「リッチマン、プアウーマン」のネタか。

ルパン三世に出てくるフィアットを所有、猿の絵や、自宅には次元っぽい帽子の絵、ピストルが描かれた絵や、「又不詰者斬」と描かれた掛け軸(またつまらぬものを斬ってしまった、という石川五右衛門の決め台詞)、「さくらちゃーん」というルパン風の喋り方、そして最後に出てきた刑事は銭形警部っぽかった。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:松本 零士(1702), 計算 ミス(256), 深山 敗訴(253), 佐田 ファミリー(236), 漫画 太郎(232), ラモス 瑠偉(214), 高須 クリーニング(226), イエス 高須(181), 鷹巣 クリーニング(163), 親父 ギャグ(148), 高須 クリニック(121), クレープ(114), ヒャダ先生(133), 判決(99), 瑠偉(96), リッチマンプアウーマン(79), メガネ 目(82), 川上 裁判(73), バナナ 食べ(73), 銭形 警部(61), ブラックペアン(62), 千年 女王(58), 鶴瓶 師匠(55), 岸部 一徳(55), ルイラモス(55), 忍びの国(52), コード ブルー(52), ピカンチ(48), 佐田 家族(46), サリー 反応(44), 私 失敗(44), クリーニング 笑(44), ダジャレ 連発(42), 予告 深山(41), ブラックペアン 予告(37), 社長 ヒャダイン(33), ブラックペアン 楽しみ(29), メーテル 松本(29), プライド 邪魔(28), 高鷲 クリーニング(28), 請求 書(28), いとこんち パーカー(26), パーカー 欲しい(26), オヤジギャグ(24), アンミカ 化粧(23), 最高 すぎる(23),冴島屋百貨店(11)

ルイ・ラモス」というブランドが出てきたり、「イエス鷹巣クリーニング」というクリーニング屋が出てきたりした。

冴島屋百貨店」というのはゲストの比嘉愛未さんのネタ。コード・ブルー冴島はるか役から。その他の小ネタは上述のキャストのところにも書いた。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

いつになくオラオラな深山先生

★6分30秒:盛り上がり度:254
この時点の関連語:深山(101), 先生(77), www(35), 佐田(26), 聞い(24), 立ち(24), 生い(21), 生い立ち(14), オラオラ(5)

留置中の佐田に、深山と舞子が面会に行った場面。

深山は「やっぱやったな!?」と言ったり、いつもとちがったオラオラな姿勢。

佐田「検察の狙いは緒形社長ではなくて、恐らく私だ
舞子「国家賠償訴訟の中心人物である、佐田先生を陥れようとしているってことですか?
佐田「そりゃあお前、私という優秀な弁護士に恐れおののいたんだろうな、恐らく
深山「恐らくって2回言ったな!!
佐田「恐らく2回言っちゃいけねえのかよ!

そして・・・。

深山「じゃあまず、生い立ちから聞いてやるから
佐田「ふざけんなよ!
深山「事情がわからなきゃ事実は見えないだろ、ほら、生い立ちから!
佐田「と、東京ですよ
深山「東京のどこだ!?

この時点のSNSでの反応:

警察官役の様な深山先生www
深山先生たのしんでるwww
深山くん生き生きしすぎじゃねwwwwwwwwwww

 

スーツ3着を着回す深山先生

★9分30秒:盛り上がり度:202
この時点の関連語:深山(35), 先生(33), ヒャダイン(23), 可愛(17), 着(17), スーツ(9), 着回(11), サリー(7), 腹話(6), メガネ(4)

深山が、3着の同じスーツを着まわしていることがわかった場面。

緒形(ヒャダイン)が同じスーツを着まわしていると知った深山は、「僕と一緒です。僕も、3着着まわしてます!」と発言。

舞子が「深山先生は変わり者ですもんね」と言うと、深山は腹話術時の舞子のモノマネで「君のほうがよっぽど変わり者だと思うよー」と言った。舞子は舌打ちした。

その後の場面では、深山が緒形のメガネをイジっていた。眼鏡越しの深山の目は、すっごく小さくなっていた。

この時点のSNSでの反応:

深山先生は同じスーツを3着着回しているwww
ヒャダインとヒャダ先生?
潤くんの目がちっちゃくなってる!!

 

松本零士先生をギャグに使う深山先生

★20分:盛り上がり度:334(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:松本(196), 零士(179), メーテル(36), クレープ(20), 本人(13), ピカンチ(7), 本物(4), ポテトサラダ(3), クレープピカンチ(3)

松本零士さん登場の場面。いとこんちにて。

深山が「いただき松本零士」と言うと、松本零士先生は「いやあ、どうもどうも」と応じた。メーテルもいた。

80歳の大誕生日会を抜け出してきていたようで、「長生きするだけが幸せかどうか、俺にも誰にもわからん」と言っていた。

最後は汽車の音が鳴り響く中「最終列車、出ちゃいますよ」と言われて、連れて行かれて退場。

 

なお松本零士さん関連の小ネタについては、前述のキャストのところで説明した通り。

ピカンチネタもここであった。

この時点のSNSでの反応:

松本零士とメーテルwwww
本人前にしてwww
クレープTOKIO…ピカンチネタ来た!

オヤジギャグ4連発の深山先生

★44分30秒:盛り上がり度:281
この時点の関連語:悪霊(66), 深山(53), www(44), 可愛(34), 先生(29), ダジャレ(28), 電話(24), パート(19), 2(24), 怖い(24), ギャグ(21), 連発(17), オヤジギャグ(5)

恒例の深山ダジャレ連発の場面。今回は4連発。
緒形社長の交際相手の笹野桜(比嘉愛未)に、言ってしまった。

電話をかけても誰もでんわ パート2
なにを隠そう、メガネには目がねえ
(薬の袋を持ちながら)今、クスリとしたよね
(スーツを持ちながら)心がスーツとしたでしょう?

明石はそんな深山に「去れ、去れ悪霊!!」と言った。

この時点のSNSでの反応:

どんどん畳み掛けてくるオヤジギャグww
深山メンタル強すぎるwww
悪霊扱いしないでwwwww

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

今回は佐田が業務上横領幇助の疑いで裁判にかけられてしまった。

横領の主犯は緒形社長だとされて、佐田はそれを助けた疑い。だが、真相は違った。

 

真相は、緒形社長の部下2人が社長の経営方針に反発。緒形社長を亡き者にするとともに、横領して失踪したように見せかけていたのだった。

 

最後は深山の仕掛けた陽動作戦によって、部下2人が緒形社長を土の中から掘り起こそうとして、その現場を深山や警察らに抑えられた。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:12867(Q1:3551, Q2:3147, Q3:2393, Q4:2948, 放送後6分間:828)
・ユーザ数:3141(Q1:1368, Q2:1535, Q3:1215, Q4:1291, 放送後6分間:705)
・SNSでの影響度数(独自指標):55878

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

全ての指標で前回よりは下がったが、相当に高い水準を維持している。前回は、舞子の弟の件という今シリーズ最大の謎だったので、今回の減少はしょうがないところ。前回の記事でも書いたが、ユーザ1人あたり4回以上の投稿は今回も継続された。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

評価も相当に高い水準を維持している。

国家賠償訴訟をしている弁護士が起訴されるっていう、これよくやったなぁ、っていうネタをぶっ込んできた。第5話の御殿場事件もそうだし、このドラマシリーズに通じるテーマでもあるんですが、検察や国家権力の闇を描くところにも意義があると思うし、感心する。その第5話の感想記事でも書いたけど、フィクションじゃない、リアルな部分も多いんだよなぁと感じる。

もちろん、スターである松本潤さんを中心に配されたキャストや小ネタも見どころだし、ゲストも豪華だったし、いろんな楽しみ方ができるドラマだなと改めて思う。

さて、いよいよ次回から鶴瓶師匠と対決ですか!

感想・評価99.9

Posted by tomo