私のことと、このブログについて

2017年6月21日

このブログの管理人tomoと申します。

 

私はドラマとか映画が好きではありませんでした。

作り話や虚構や大げさに盛った表現をしているもののどこが面白いのかと思っていました。

しかし子供の頃から好きじゃなかったというわけではありません。子供や学生の頃は、ドラマを良く見ていましたし、演技にかかわる活動もしていました。

 

大人になってからはドラマに飽きてしまったようで、まったく観てませんでした。冒頭に書いたように、面白さも感じられなくなっていました。

 

ところが、最近、ふとしたきっかけで再びドラマを見始めたのですが、以前とは違った気持ちで見ることができるようになりました。それは演技や演出の良さとは別のベクトルで観ることができるようになったからかもしれません。

 

ドラマの視聴率の低下がよく言われていますが、私自身は悲観していません。娯楽の多様化や、視聴者の視聴スタイルの多様化によって、私達には様々な選択肢ができて、その結果、視聴者がリアルタイムで視聴するということが減ったととらえています。ただ娯楽の中に占めるドラマの存在感の低下は否めませんが。

しかし、インターネットの発達によってドラマを観る環境は多様化していますので、昔のように一度観たら終わり、ではなくて、良いドラマは二度、三度と視聴されやすいと思いますし、良いと評価されたドラマを、放送終了後に新たに観る人もいると思います。

 

もちろん、ドラマの質の低下もあると思います。しかし、質が下がっている中で、それでも中には面白いものがあるんじゃないかと思っています。一括りに「ドラマの質が低下した」と言ってしまうのはもったいないんじゃないかと。

 

そういうわけで、私の力は小さいかもしれませんが、ドラマのことをこのブログで綴っていくことによって、少しでも誰かの視聴のきっかけになればいいんじゃないかと思っています。

 

「ドラマの友」というのはこのように、視聴者とドラマをつなぐ役割ができればいいなと思ってつけたブログ名称です。略して「ドラ友」です。よろしくお願いします。

 

 

ロゴ画像です。

 

Posted by tomo