『あいの結婚相談所』第5話-愛ほど邪な感情はありません

感想・評価あいの結婚相談所

スポンサーリンク

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

テレビ朝日『あいの結婚相談所』第5話(2017年8月25日23時15分~)を視聴しました。今回は一風変わった展開でした。薄々予感はしていたがやっぱり衝撃のラスト・・・。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマ(今回)への影響度を測ります。

1位は山崎育三郎さん。さすがです。

2位には、お坊さんの磯山(石黒英雄)が入りました。彼はマンション僧侶といって土地を持たないお坊さん。5位の亜美(中村静香)との恋愛になります。亜美はこれまで複数の男と結婚を前提にお付き合いしては貢がせて破談して、を繰り返す、結婚詐欺のような女です。

3位にはシスター、高梨臨さん。4位にはオーナーの鹿賀丈史さんが入りました。鹿賀さんは今回歌ってくれました!

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

 

いきなりミュージカル

★7分30秒(盛り上がり度:22)

今回は冒頭からミュージカルが炸裂した。しかも、所長に加えて、土師野郁江(前田美波里)、シャーロット(山賀琴子)、真壁(中尾暢樹)も参加するという豪華さだった。

気持ちよく歌って踊る4人だったが、そこにシスターが「ちょっと! またですか! 仕事をして下さい!」とツッコミを入れた。

ミュージカル楽しいなぁ。もっと欲しいぐらい。

 

歌で人にモノを尋ねる

★28分30秒(盛り上がり度:20)

童謡「森のくまさん」の世界のようだが、歌でものをたずねる所長。

あるお寺の住職に向かって「お寺の住職♪こーんーにーちーは♪貴方に聴きたいことがある♪この人をご存知ですか?」と尋ねた。

住職はそんな歌での質問にも「ええ、知ってますよ」と普通に答えた。

この寺は、依頼者であるお坊さんの磯山がかつて修行した寺であり、実は結婚詐欺女・亜美のおじいさんの寺であった。

 

オーナーと所長の歌合戦

★36分30秒(盛り上がり度:28)

オーナーが所長にお願い。しかも歌で「君にひとーつ♪頼みたいことがあーるよ♪驚かなーいで聞いてくれるーかい♪」とお願い。

所長は「聞きまーしょう♪大学時代の恩師であり、オーナーであるあなたのためーなら♪」と返した。

さらにオーナーは「ありがーとう♪実は君の・・・」とお願いをしようとしたが、そこで所長に電話がかかってきて中断。まだ歌っているオーナーに、所長は「しっ!いま電話してますからオーナー、静かに!」と注意した。

 

いつもは止められる役の所長。今回は止めた。そのあたりの分別はあるようだ。

 

結婚相手に求める条件

★56分(盛り上がり度:45。今回最高の盛り上がり)

結婚詐欺師女の亜美は、これまでの被害者たちから集団訴訟を起こされそうになる。それを示談に持ち込んだのが磯山だった。

磯山は、示談金を被害者たちに提示し事なきを得た。なぜ彼が、まだ結婚前の女性にこんなに良くするのか。磯山は純粋に「彼女のことが好き」だと言い張った。

 

しかしラストで衝撃の事実が明かされる。なんと磯山が結婚相手に望んだ条件というのは「親族が寺院を持っていること」だった。磯山はマンション僧侶という身分を脱出し、土地や寺院を持つお坊さんになりたかった。亜美のおじいさんが持っている宗教法人格を譲り受ける約束までしていた。

この事実を、亜美は知らない。

 

果たして、亜美は結婚詐欺師女から改心し、普通の女性として結婚できることになった。磯山は念願の寺院・土地・宗教法人格を手に入れた。これはこれでハッピーエンドなのか・・・!?

所長はよく「愛ほど邪な感情はありません」と言うが、確かに邪な愛があれば成立しないハッピーエンドだった・・・。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを元にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的にしています。

「ミュージカル 楽しい」「シスターwww」「面白い」といった感想が並びます。シスターは今回も小ネタ満載。すぐ惚れる。

最後にSNSのデータを元にした評価を確認します。

 

今回から偏差値データにしました。全体的にかなり高めとなっています。やはり、このように特定のターゲット層に絞ったドラマというのは高評価を得やすいです。視聴率はともかくとして。

次回はいよいよ最終回です!