『愛してたって、秘密はある。』第3話-吉川愛ちゃん怖いよ!

感想・評価愛してたって、秘密はある。

日本テレビ『愛してたって、秘密はある。』の第3話(2017年7月30日22時30分~)を視聴しました。

サスペンス風に進行するドラマの中に、色々ドロドロしたものが見えてきて、部分的にはややホラー調だったりして、飽きさせないですね。

まずは評価を見てみます。

やや低めに出ている感じです。

話が複雑に、関係する人物が多くなってくるにつれ、ついていけてない人や、これ以上複雑にするとメインストーリーが見えづらくなるのがこの手の連続ドラマの欠点かなと。4話ぐらいで一度完結してほしい気も。

 

とはいえ、盛り上がったシーンもありました。以下では盛り上がりグラフを用いて、今回のハイライトを確認します。

ここからネタバレ部分です。

なかなかに特徴的な盛り上がりグラフとなりました。

特徴的なのが24分頃から数分間の大きな盛り上がり。

これはホラーシーン。黎(福士蒼汰さん)の家のインターホンが鳴り、しかし出てみると誰もいない。ところがレコードが大音量で流れ(あの日と同じ曲)、庭へと続く足跡。慌てて庭へ出る黎・・・。誰かが彼を監視している。とっても怖いシーンでした。

42分頃の盛り上がりは、奥森家と立花家の食事会のシーン。奥森晶子(黎の母親、鈴木保奈美さん)と、立花弘晃(爽の父親、遠藤憲一さん)は何らかの知り合いのハズなのに、お互い「はじめまして」と挨拶する。この二人も何かの秘密を抱えている。

 

最後、50分過ぎの次回予告の場面でもかなり盛り上がっている。エンディングや次回予告で盛り上がるのはドラマでは恒例だが、それに加えて浦西果凛(吉川愛さん)が何かに、何らかの関与をしていることが示唆される次回予告が移った。果凛ちゃん怖いよ!

 

さっきも書いたけど、いろいろと人物関係が複雑になってきた。ついていけるだろうか・・・。

ここまでネタバレ部分でした。

主要キャストの言及数を比較する。

主演の福士蒼汰さんと、その結婚相手である川口春奈さんが伸びるのは当然として、吉川愛さんの伸びがすごい。

出演場面は少ないが、印象的だ。次回は彼女が主役となるかもしれない。

 

ところで、そろそろ脱落する人や飽きる人もでてくるかもしない。この手のドラマは、最終回あたりまでいかに引っ張るか、そして納得のできるラストになるか、ということにかかっている。

 

私の場合は、このドラマは最終回まで視聴確定しているので、あとはいかに腑に落ちるラストになるのか。心配でもあり楽しみでもあるし、ドラマの評価を決定づけるのは結局そこだと思うので、早く最終回が見たい。

 

2017年7月31日感想・評価愛してたって、秘密はある。

Posted by tomo