『アシガール』第1話-若君・忠清(健太郎)が原作イメージと違うと不評も総合的には好発進

感想・評価アシガール

スポンサーリンク

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK土曜時代ドラマ枠『アシガール』第1話(2017年9月23日18時5分~)を視聴しました。

原作は同名の少女漫画です。一応コメディ・・・なのかな。面白かったですよ。

ただ、原作ファンからするとちょっと不評の部分(主に若君)があったようですね。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位は速川唯(唯之助)役の黒島結菜さん。主演です。ポジティブな評価多いです。

2位は羽木九八郎忠清役の健太郎さん。戦国時代の「若君」ですね。ネガティブなコメントの割合もやや高い。原作の漫画版とくらべて「若君のイメージとは違う」という意見がありました。

 

3位は吉乃役のともさかりえさん。唯を助けてくれる存在。

4位は羽木成之役の松下優也さん。若君・忠清の兄にあたりますが、母親の身分的に世継ぎではない存在。

 

5位は唯の父・速川覚役の古舘寛治さん。6位は唯の弟・尊役で不登校にして天才発明家の下田翔大さん。7位は唯の母・美香子役の中島ひろ子さん、と「現代」の家族がランクインしました。

 

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

前半から少しずつ盛り上がって、番組終了時にピークを迎えました。以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

タイムスリップ

★9分30秒(盛り上がり度:29)

弟・尊が開発したタイムマシンの起動装置(刀のようなものだ)を誤って作動させてしまった唯。

戦国時代にタイムスリップしてしまった。

「先生」に起こされたと思ったら、戦国時代の兵だった。

 

若君と唯が一緒に乗馬

★21分30秒(盛り上がり度:30)

唯は、戦国時代では「唯之助」を名乗ることになった。タイムスリップした時には小部隊の中にいたが、脱走。

力尽きようとする時に、ある若者と出会う。後にわかるが、これが「若君」の忠清である。

 

若君は馬に乗って立ち去ろうとするが、唯は得意の走りで執拗に彼を追いかけた。

若君はそんな唯を見て、一緒に馬に乗せてやることにした。

 

SNSでは、若君に対する不満の意見があった。原作ファンからするとイメージ通りではないようだ。

この時点のSNSでの反応:

「若様…もうちょい…うーん…」
「若君はもっと美しくて麗しいよ!」
「原作とはだいぶ違うけど、これはこれで楽しそう」

 

吉乃に救われる

★30分(盛り上がり度:29)

唯こと唯之助が、他所者であることを他の足軽たちに見破られそうになる。

そこを救ったのが吉乃だった。足軽たちには自分の身内だということにして、唯を自宅に連れ帰ったのだ。

 

吉乃には二人の子供がいた。

唯は、吉乃から与えられたオニギリを4つ食べた。腹が減っていた。吉乃や子供たちの分も食べてしまった。オニギリで感動するのは、定番の展開だった。

 

次回は現代に戻る?

★38分30秒(盛り上がり度:45。今回最高の盛り上がり)

唯は、一度会って一緒に乗馬したつてを頼って、城にいる若君に会いに行く。しかし、当然城の警備にはじかれ押し問答となる。

 

今回の最後は、城の門の前で唯が「若君様ーーー!!」と叫んだところで終了だった。

次回予告では、若君が結婚? したり、唯が外国人と「かけくらべ」をしたりするらしい。また、現代に戻るシーンもあるようだ。

 

第1回終了時点で、SNSでは好評な意見が多かった。

この時点のSNSでの反応:

「結構面白い」
「黒島ちゃんはやはり可愛い」
「意外とこれ面白かった」

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

「黒島結菜 可愛い」や「面白い」という意見が多かった。右上の「アホガール」は、テレビアニメのタイトルである。9月19日までTOKYO MXなどで放送されていた。

アホガールが終わり、アシガールが始まるという、偶然にもそんな回だった。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

結構高いです。テンポが良くて展開が早くて、面白いという意見が多かったです。

また、役者に関しては、若君の忠清役・健太郎さんはやや不評。原作ファンからの支持を得られていないようです。巻き返せるのか注目です。

このドラマは、全12回にわたって放送されるとのこと。コメディでは途中で中だるみ、飽きがきがちですが、この高い評価を維持できるか。楽しみにして待ちます。