『アシガール』第6話-若君が現代に。ベッドで寝転んで漫画を読み「うろんな書物」と呟く

感想・評価アシガール

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK土曜時代ドラマ枠『アシガール』第6話(2017年10月28日18時5分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回、若君・忠清は和議のために向かった城で矢に撃たれて瀕死の重体に。そこで唯之助が現代に彼をタイムスリップさせた・・・という場面でした。

 

今回は若君、現代での生活です。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

1位は羽木九八郎忠清役の健太郎さん。若君。今回の主役。圧倒的1位です。前回も書きましたが、初回あたりでは原作とイメージが違うとして批判されましたが、最近はそういうコメントも少なくなってきています。

今回は平成での生活です。タイムスリップしたという状況を飲み込めているようで、いまいち理解できていない模様。

 

2位は速川唯(唯之助)役の黒島結菜さん。若君を平成に送ったものの、3分経っても帰ってこなくてパニックになる。戦国時代で一人で生き延びることになる。

 

3位は唯の弟・尊役の下田翔大さん。引きこもり。天才発明家。今回は現代に来た若君の案内役を務めた。思わず家臣のように振る舞う。姉の性格をよく知る弟である。

 

4位は羽木成之役の松下優也さん。忠清の異母兄。母親の身分が低く、羽木家を継ぐことはできない。だが、お付きの坊さんである如古坊(本田大輔)を使って、羽木家の乗っ取りを企んでいる。そのためにはまず兄を亡き者にしなければならない。

 

5位は松丸阿湖役の川栄李奈さん。松丸の姫様。忠清の嫁候補。唯之助が逃亡中に出会う。おっとりしてて良さそうな姫。最近川栄さんドラマいっぱい出てる。

6位は唯の父・速川覚役の古舘寛治さん。得意料理はレンコンのはさみ揚げ。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をします。

各キャストの言及時間帯もグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をだいたい確認できます。下図参照。

ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

若君、現代になじむ

★10分30秒(盛り上がり度:32。今回最高の盛り上がり)

平成に来た若君。しばらくするとすっかり傷も癒えて、出歩けるようになる。

出立致す」と病院を出たが、車(タクシー)に乗せられるとビビって固まり、唯の部屋に入って出てこなくなる。

 

せっかく今夜はレンコンのはさみ揚げ作ろうと思ってたのになー」と父の覚が言った。

 

だが若君は腹の据わった男だった。覚らの心配をよそに、若君はGパンに「肉食系」と書かれたTシャツを着用し、唯の部屋で漫画(少年誌)を読んでいた。意外とすっかり平成になじんでいるではないか。

 

若君は漫画を読んで「うろんな書物」と呟いた。うろん=怪しい。

 

この時点のSNSでの反応:

タクシーは刺激が強すぎたww
現代生活の若君w
肉食系Tシャツwww

 

戦国時代の言葉と現代の言葉では同じ日本語でも全く違っていて、コミュニケーションはとれないだろうし、漫画なんてもってのほかだろうけど、そういう細かいツッコミはしないでおこう。

 

平成の街をゆく若君

★14分(盛り上がり度:24)

若君の希望で、現代の羽木の城を見に行く場面。尊がお供した。

 

若君は、尊の高校の制服を着用した。「いやーん」と見とれて大興奮する母・美香子(中島ひろ子)。

 

街をゆくJKたちも「超イケメン」と若君様に見とれる。

この時点のSNSでの反応:

制服姿の若君キタ━━━
JKが射抜かれているw
かっこよすぎてどうでもよくなる

 

獣の毛皮で作った着物は臭い

★32分30秒(盛り上がり度:28)

若君は、羽木家が滅亡に至ることを知ってしまう。若君に問い詰められた尊が、教えたのだ。

 

一方唯之助は、忠清の兄・成之に会いに行ったが、若君の行方を知っているのではないかと怪しまれてしまう(そして死にかけた)。唯之助は追われる身となる。

 

唯之助は、逃亡生活に入る。その前に、仲間からは金子をもらったり、画治郎(森下創)からは「これを持っていけ、夜は冷えるぞ」と、毛皮でできた上着(コートのようなもの)をもらったりした。

 

唯之助はその毛皮の上着を受け取ろうとしたが「なにこれ? 使い込んでて、臭っ!!」と叫んだ。

 

当時の獣の皮や毛で作った上着は、やっぱり臭かったみたいだ。昨年の大河ドラマ「真田丸」でも、真田昌幸が豊臣秀吉に献上しようとしたところ、石田三成に臭いからといって献上品の中から除外される描写があった。

この時点のSNSでの反応:

臭そうwww
臭っwww
臭いものは臭いよなw

 

若君、感染症にかかる

★38分30秒(盛り上がり度:26)

唯之助は羽木の城を出て逃亡生活に入った。途中で阿湖一行と遭遇して水をもらったり、道を教えてあげたりした。

 

一方若君は、満月の前の日(戦国時代に戻れるのは満月の日だけ)、感染症におかされて寝込んでしまう。これで戦国時代に戻るのはおあずけとなった。

 

次回は、唯之助がピンチを迎えてしまうようだ。着物を剥ぎ取られる!? 女であることがバレてしまうのかな?

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

肉食 Tシャツ 似合うwww」「面白い」「レンコンのはさみ揚げ 好き」「黒島結菜 可愛い」「平成 キター」などが多く投稿された。

木村先生」とあるのは、現代で若君が木村先生をオヤジ狩りから助けたため。

原作」とあるのは、今回も原作とは違った展開だったようだ。でもそれはそれで楽しんで観ている人が多いようだ。また、「原作を読んでみたい」という意見も多かった。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

かなり高いですね。視聴している人はかなり満足しているのではないでしょうか。

 

ずっと高い評価が続いています。しかも今回は、戦国の若君が現代に来るという鉄板のおもしろ展開。バカバカしいけど面白くて思わず吹き出す展開が続いた。時々軽めのシリアスシーンもあって、緊張と緩和的な笑いを心得てる。

時々流れてくるホンワカとしたBGMがまた良い。

 

次回も若君はまだ現代にいるようで楽しみです。

感想・評価アシガール

Posted by tomo