『アシガール』レンコンのはさみ揚げでバレる、アンジェリーナ殿など第9話感想・評価

感想・評価アシガール

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK土曜時代ドラマ枠『アシガール』第9話(2017年11月25日18時5分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回、もう二度と戦国時代は行けなくなったはずでしたが、今回は燃料を溜めて再び戦国時代へ。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は羽木九八郎忠清役の健太郎さん。若君。羽木家の跡取り。一度は跡取りの座を兄に譲ると宣言したが、その後撤回。羽木軍を率いて高山を撃退した。

 

2位は速川唯(唯之助)役の黒島結菜さん。有能な弟に助けられ、再び戦国時代へ。

3位は松丸阿湖役の川栄李奈さん。若君との婚儀が決まっている姫である。

 

4位は羽木成之役の松下優也さん。若君の異母兄。母親の身分が低く、羽木を継げないはずだったが、一度は若君からその座を譲ると宣言される。だがその後、若君が発言を撤回。恥をかかされる形となり、若君に恨みを抱いているようだ。

5位は唯の弟・尊役の下田翔大さん。3年かかると思われた燃料の製造を、半年でおこなった有能な弟である。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

今回は盛り上がりポイントが多かったので、一つ一つは簡潔にします。

婚儀をぶち壊す

★13分(盛り上がり度:27)

唯が、本当に最後となる戦国時代へ旅立つ。

尊は唯に、「金のけむり玉」と「ゴーグル」を持たせた。玉を投げつけると、1時間の間100メートル四方が煙に包まれるという。ゴーグルは、その中でも辺りを見ることができるすぐれものだ。

父の覚(古舘寛治)は、例によって「戦国のみなさんで」と、レンコンのはさみ揚げをもたせた。母の美香子(中島ひろ子)は、唯の戦国時代行きに反対していて、硬い表情。

 

唯「ありがとう。みなさんのおかげで、思いっきり若君の(阿湖との)婚儀をぶち壊すことができます!

尊「え? 婚儀を?

父「ぶち壊す?

唯「じゃあ。行っています。若君と松丸阿湖を、結婚なんかさせるもんか!!」(タイムマシンを抜刀)

父「お母さんもお父さんも、そんなことをさせるために許したんじゃないぞ!!

母「唯! 思いっきり、ぶち壊してきなさい!! 好きなだけ走って、好きなだけ暴れて、今度こそ、若君と一緒に!!

 

母、唯の戦国時代行きに反対かと思いきや・・・。

この時点のSNSでの反応:

え、お母さん…
ママン、それでいいの?!
母はさすがに乙女心をご理解してらっしゃるw

 

レンコンのはさみ揚げでバレる

★20分30秒(盛り上がり度:29)

小平太(はんにゃ金田)と若君が面会した場面。小平太は、唯之助が戦国時代に来たことを若君に秘密にしていたのだったが・・・。

 

若君は、小平太から香ばしい香りがすることに気付いた。

小平太は「遠来の客が携えていたレンコンがたいそう美味しくて」と言ってしまった。

レンコンと聞いて、若君はすぐにピンときた。

この時点のSNSでの反応:

レンコンのはさみ揚げ臭www
若君、勘づいたか
蓮根でわかる若君

 

若君との再会

★21分30秒(盛り上がり度:28)

若君と唯が再会した。でも若君なんか怒ってる!?

 

若君「何をしておる? なにゆえ戻って参った? わしがどのような思いでおまえを帰したと思う?

 

次の瞬間。若君が唯之助を抱きしめた。

この時点のSNSでの反応:

ハグキタ━━━━
ぎゃあああああ
キャーーーーー

 

アンジェリーナ殿

★33分30秒(盛り上がり度:33)

阿湖は、城を抜け出して城下を見たいと唯之助に相談した。唯之助は阿湖を変装させて城門へ。

 

城門の兵1「唯之助、どこへ行く?

兵2「連れのおなごは何者じゃ?

唯「松丸家のお女中、あ、あ、アンジェリーナ殿をご城下に案内せよとの、若君様の仰せにござる

兵2「あ、あ、あ?

阿湖「アンジェリーナにござりまする

兵2「ああもう、早う行け

 

兵2は、城を出る二人の姿をじっと見ていた。

この時点のSNSでの反応:

アンジェリーナ殿ww
アンジェリーナwww何人だよww
あ…あ…アンジェリーナ!

 

唯之助、女だとバレる

★36分30秒(盛り上がり度:30)

城下にて。

何者か(高山の手の者)が阿湖を連れ去ろうと襲撃してきた。間一髪唯之助が阿湖を助け、近くの小屋に逃げ込んだ。

唯之助は、自分の服と阿湖の服を交換することを提案する。

 

足の早い唯之助が阿湖の服を着て逃げる。おとり作戦だ。

 

だが着替えの途中で、阿湖は唯之助の胸を見て気付いてしまう。

 

阿湖「そなた・・・おなごか?

唯之助「げっ・・・しまった

 

唯之助は「説明している暇はない」と阿湖に言い、おとり作戦を決行した。

この時点のSNSでの反応:

バレた……
しまったw
あこちゃんめっちゃショック受けてる

 

唯之助、確保される

★38分(盛り上がり度:35。今回最高の盛り上がり)

結局、唯之助は捕まってしまった。おそらく阿湖と間違えられて高山方に連れて行かれるのだろう。

次回予告では、唯之助や高山宗熊(加藤諒)がなぞの気味の悪い動きをする場面や、唯之助が走り回る場面があった。

この時点のSNSでの反応:

予告捕まってるのに元気すぎるww
捕まったのに次回予告の始まりがマヌケ過ぎるwwww
なんじゃ、あの気味の悪い動きはwww

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトのあらすじも参考に。

 

次回は、阿湖と思われて誘拐された唯之助を、忠清が探す展開となる。

 

いよいよ忠清と成之の対決もあるようだ。

 

ちなみに今回の重要な出来事としては、唯之助の戦国時代での母ともいえる吉乃(ともさかりえ)と、小平太の父・天野信近(飯田基祐)が結婚(再婚)していた。

吉乃の子供たちも、天野の屋敷に住んでいる。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

安定して高い数値となっている。

今回も単純に面白かった。盛り上がりのグラフで示した通り、何度も何度も盛り上がる展開だった。しかも小ネタとかではなくて、ストーリー本線で盛り上がっているのでなお良いと思う。

若君はどんどんイケメンになってく気がするし、黒島結菜さんも可愛くなっている気がする。情が移る。

 

なおNHK公式サイトに、成之役の松下優也さんのインタビューが公開されている。

今後の展開もちょっと触れられています。

 

今後、成之が鍵になるのは明らか。楽しみな展開になりそう。