『BG〜身辺警護人〜』第1話の感想・評価。木村拓哉の演技は好評派が多数

感想・評価BG身辺警護人

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

テレビ朝日 木曜ドラマ枠『BG〜身辺警護人〜』第1話(2018年1月18日21時0分~)の感想・評価の分析記事です。

主演は木村拓哉さん。彼の演技についての後半の感想のところに書きました。脚本は「GOOD LUCK!!」「エンジン」など木村さん主演作も何度も書いてきた井上由美子さん。豪華なキャストが揃いました。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

豪華キャストの中にあっても、さすがに木村拓哉さん強い。

キャストが豪華で、しかも揃いも揃ってイケメンと美女というすごい世界だ。そんな世界ならボディーガードやってみたいという人も多いかもしれない。もうちょっと3枚目とかブサメンとか入りそうなものだけど(個人的な趣向はあるかも知れないが)すごいメンバーが並んだ。

 

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

島崎章 役 木村拓哉

投稿数:3549(1位), ユーザ数:1429(1ユーザあたり2.48回)
関連語:島崎(123), 章(182), 木村(3093), 拓哉(2875), キムタク(373), かっこいい(87), 豪華(49), 怪しい(35), 素敵(31), 丸腰(27), ラーメン(24), 演技 上手(16), 演技 好き(15), 演技 相変わらず(14), 新鮮(13), 緊張(12), SMAP(11)

1位は島崎章役の木村拓哉さん。
主演。以前は有能なボディーガードとして働いていた過去がある。
その後一度辞め、ブランクがあり、このたびボディーガードに復帰した。ただ、ボディーガードとしての過去はないものとして、新人として振る舞っている。

高梨雅也 役 斎藤工

投稿数:403(2位), ユーザ数:286(1ユーザあたり1.41回)
関連語:高梨(32), 雅也(1), 斎藤(232), 工(320), たくみん(37), 過去(14), 好き(11), インディード(5), 辞める(4)

2位は高梨雅也役の斎藤工さん。
元自衛隊員のボディーガード。島崎とは反りが合わないらしい。

村田五郎 役 上川隆也

投稿数:364(3位), ユーザ数:272(1ユーザあたり1.34回)
関連語:村田(21), 五郎(1), 上川(348), 隆也(138), 好き(23), 素敵(18), 上司(13), かっこいい(6), シティーハンター(4), 演技 迫真(4), ダメ警官(4)

3位は村田五郎役の上川隆也さん。
身辺警備課課長であり、島崎らの上司にあたる。

落合義明 役 江口洋介

投稿数:257(4位), ユーザ数:195(1ユーザあたり1.32回)
関連語:落合(12), 義明(1), 江口(246), 洋介(140), カッコいい(16), 好き(14), 嫌(6)

4位は落合義明役の江口洋介さん。
警視庁のSP。民間と警視庁の違いを述べつつ、いちいち島崎に嫌味を言ってくる。

犬飼悟 役 勝地涼

投稿数:205(5位), ユーザ数:149(1ユーザあたり1.38回)
関連語:犬飼(18), 悟(7), 勝地(180), 涼(63), 犯人(22), 怪しい(20), やっぱり(12), 前髪(6), ジャーナリスト(4), プロミス(4)

5位は犬飼悟役の勝地涼さん。
今回のゲスト。週刊誌のジャーナリストである。いまだに「前髪クネ男」(あまちゃん)のイメージが強いようだ。

立原愛子 役 石田ゆり子

投稿数:179(6位), ユーザ数:128(1ユーザあたり1.40回)
関連語:立原(11), 愛子(9), 石田(119), ゆり子(160), 大臣(19), 綺麗(9), 政治(8), 失言(6), かわいい(5), 記者(3)

6位は立原愛子役の石田ゆり子さん。
女子アナから政治家に転身した女性。現在は厚生労働大臣。政治家としての危機に陥っている。

菅沼まゆ 役 菜々緒

投稿数:175(7位), ユーザ数:130(1ユーザあたり1.35回)
関連語:菅沼(2), まゆ(4), 菜々緒(171), かっこいい(6), 綺麗(5), 万引きGメン(3), ミスパイロット(3), めっちゃ(3), 好き(3)

7位は菅沼まゆ役の菜々緒さん。
女性ボディーガード。元柔道選手。万引きGメンみたいなこともやってた。

沢口正太郎 役 間宮祥太朗

投稿数:86(8位), ユーザ数:56(1ユーザあたり1.54回)
関連語:沢口(3), 正太郎(0), 間宮(83), 祥太朗(51), ミスパイロット(3)

8位は沢口正太郎役の間宮祥太朗さん。
就職活動に失敗して警備会社に就職した若者。なんかやらかしそうな気配しかしない。

河野純也 役 満島真之介

投稿数:51(9位), ユーザ数:45(1ユーザあたり1.13回)
関連語:河野(0), 純也(1), 満島(48), 真之介(14), サッカー(7), 選手(6), 弟(3)

9位は河野純也役の満島真之介さん。
サッカー選手。6年前は、島崎が彼のボディーガードを担当していた。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:かっこいい(134), 好き(145), クネ 男(118), キムタク ドラマ(100), 報道 ステーション(85), 次回 楽しみ(81), 豪華 キャスト(63), イケメン(63), 見入っ ちゃう(61), 姫様 抱っこ(55), 自作 自演(52), ボディーガード(41), サッカー 選手(41), 記者 怪しい(41), それぞれ 過去(38), 前髪クネ 男(34), ジャーナリスト(22), 豪華 メンバー(20), エキストラ(20), 島崎 過去(20), イケメン だらけ(19), 美男 美女(19), 元 ファン(19), 木村くん カッコイイ(19), やっぱり キムタク(19), スピード 感(19)

やはり出演者に関する関連語が多い。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

オープニング

★10分:盛り上がり度:99

最初の盛り上がりは、オープニング映像のシーン。

直前のシーンでは島崎がボディーガード復帰に向けてトレーニングをしていた。新人という体だが、時々以前の勘が出てくる。そして走りこむ。

この時点のSNSでの反応:

木村拓哉あまりにもかっこよすぎる
出演陣が凄いなあ次から次へと
勘を取り戻していく感じかっこいいなあ

 

木村拓哉さん、正座

★36分:盛り上がり度:129

島崎が警備の下見をしていて、警備員に不法侵入だとして捕まってしまった場面。

木村拓哉さんが地べたに正座して、警備員たちに平謝りしていた。そして座ろうとしたベンチの上板が外れ、転んでしまった。

このベンチが後で役に立つことになる。

この時点のSNSでの反応:

正座して怒られてる章ちゃん、座ろうとしたらベンチ外れて尻餅着いちゃった章ちゃん…愛おしすぎる
まさかの面白シーン
ちょこんとして怒られてるの可愛いしかない

 

誤差なし!!

★43分30秒:盛り上がり度:100
この時点の関連語:誤差(37), 人(12), 警護(10)

誤差なし!」のシーン。

村田、島崎、菅沼、沢口が警備の打ち合わせをした後、全員が自分のしている腕時計を差し出し突き合わせる。

島崎「誤差なし
菅沼「誤差なし
沢口「誤差なし
村田「各自、健闘よろしくッ

 

誤差なし」は木村拓哉さんのLINEの返信パターンにあるようで、このセリフのことだったのか、とSNS上で話題になっていた。

この時点のSNSでの反応:

誤差なしキター!
なんつーカッコイイチームじゃ!
誤差なしって、そういうこと!

 

報道ステーションで受け

★70分30秒:盛り上がり度:155(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:報道(8), ステーション(8), 豪華(6), 来週(36), 楽しみ(33), 面白(21)

放送終了直後のシーン。

面白かった」は「来週も楽しみ」といった感想が多かった。

直後の報道ステーションでは、キャスターの二人による「受け」があった。富川アナは「BGどうでしたか?」と視聴者に問いかけた。ただ、出演者からはドラマの具体的な感想はなかった。生放送の準備に追われてドラマは視聴できなかったとのこと。

この時点のSNSでの反応:

面白かった、来週も楽しみー!
丸腰で向かっていく身辺警護人カッコいい!
予想以上に面白かった!!

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

今回は「身辺警護課」の結成とその後の初めての任務が描かれた。

 

単なる警備というより、ややミステリーチックな色もあった。

厚生労働大臣の立原愛子に脅迫状を送りつけたのは誰か!? という謎があったが、最終的にはそれが自作自演であることが示唆された。

週刊誌記者の犬飼は、これまで立原にとって都合の良いことを書いてきて、彼女が大臣になれたのは自分のおかげである、と思い込んでいた。しかし裏切られたと感じていた。

犬飼は立原の自作自演を見抜いて、彼女がスターターとして参加するマラソン大会のスタジアムに、発煙筒をしかけたのだった。

 

犬飼の行動は島崎に察知され追い詰められ、最後は落合らに取り押さえられた。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後9分間の各値。

・投稿数:8575(Q1:2347, Q2:1513, Q3:1955, Q4:1501, 放送後9分間:1259)
・ユーザ数:2576(Q1:1141, Q2:911, Q3:1017, Q4:637, 放送後9分間:1031)
・SNSでの影響度数(独自指標):7401

 

 

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回は高い評価となった。初回なのでご祝儀相場的な意味もあるかもしれないが、まずは好評だったといえる。

この枠は、前期は「ドクターX」だし、他にも「DOCTORS」や「緊急取調室」などシリーズ化された作品も多いし、そもそもテレ朝のドラマてシリーズものがかなり多いので、これも上手くいけばシリーズ化、ということなのだと思われる。むしろシリーズ化前提の雰囲気もある。

 

木村拓哉さんは、冴えない演技のところと、キリッとした演技をするところとあって、ファンだったら観ていてかなり楽しいと思う。

色々言われることもあるかもしれないが、個人的には木村さんの演技はこれで良いと思う。この演技を期待されて起用されていると思うし、木村さんの演技を想定して脚本もできていると思うから。

SNS上の意見も調べてみたが、ポジティブ(好評)な意見が多かった。否定派はストレートに「下手」という意見の他、「どの役でも同じような演技」という意見が目立った。ポジティブ派の中には「上手い」「すごい」といったものの他、「いつもとは違う」という意見もあった。一応雑だがデータも示す。

「どちらでもない」派のなかには、「やっぱりキムタクはキムタクだ」のような意見もあって、これはポジティブなのかネガティブなのか判定できないけど、まあニュアンス的にはネガティブのほうかな。こういうのを足しても、ポジティブ派:ネガティブ派は3:1ぐらいの割合になると思う。

演技ってどうしても様式美的なもの(現実世界じゃ絶対こういう喋り方や表情・動きをしないだろっていう不自然なことを、芝居の中だといかにも当たり前のようにする)があって、そういうのを良しとする風潮(よりきれいな様式美が、よりよい演技だという)もある。木村さんはそれには反している(いつも反しているから、いつも同じ演技に見えるのではないかと)と思うから、大きな声の批判はあるかもしれない。一種のアレルギー反応のようなものでもあると思う。だから、ファンの方には申し訳ないが、万人受けしないのは確かだと思う。

でも観ている人は木村さんの主演作だってわかってみてるわけだから、気にしなくてもいいかなと思いました。

感想・評価BG身辺警護人

Posted by tomo