『ブラックリベンジ』佐藤二朗のクズ演技がすごい。鈴木砂羽が謎の高笑いなど第8話感想・評価

感想・評価ブラックリベンジ

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

読売テレビ製作・日本テレビ系『ブラックリベンジ』第8話(2017年11月23日23時59分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回は今宮が福島編集長に復讐する展開でした。いよいよ福島も骨の髄まで炎上するのか・・・


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は福島勲役の佐藤二朗さん。週刊星流の編集長。5年前の寺田圭吾のスキャンダルを捏造した張本人である。

 

2位は今宮沙織役の木村多江さん。通称イマミー。寺田圭吾の妻だった。圭吾はスキャンダルを捏造され亡くなり、自らも地獄に落ちた。黒幕が福島だとわかってからは、彼への復讐を企んでいる。

 

3位は天満龍二役の平山浩行さん。週刊星流の元デスク。今宮側に立って戦っている。今回、いい仕事した。

4位は芦原咲良役の岡野真也さん。週刊星流の編集部員。彼女もまた今宮・天満側に立って戦う。福島が所持するという、寺田圭吾スキャンダルに関する資料を探そうとするが、福島に見つかり返り討ちにされ、星流をクビになる。

 

5位は沙織の妹・綾子役の中村映里子さん。姉の夫である寺田圭吾と不倫した。

6位は糸賀朱里役の鈴木砂羽さん。沙織のカウンセラーである。沙織をけしかけ復讐に向かわせている張本人でもある。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

今宮、福島に返り討ちにされる!?

★36分30秒(盛り上がり度:31)

今宮が福島をナイフで刺そうと突撃。しかし福島は護身術を身に着けており返り討ちにあう。

今宮の絶望に打ちひしがれる顔を、福島は自分のスマホでパシャパシャ連写。

 

今宮は「もうやめてください。お願いします。すみませんでした・・・」と泣いた。

 

そんな今宮を見て、福島は調子に乗った。「ダメー! 俺の気が済まないんだもん。今までお前がしてきたようによ、今度は俺が星流でお前を地獄に叩き落とす。俺の質問に答えろよ! 答えねえんだったらよ、また俺が適当に記事書いて捏造しちゃうよお。寺田の時みたいにさ。愛原の時なんて大変だったんだぜ・・・」と語りだした。

 

このシーン、SNSでは佐藤二朗さんの演技がすごいと絶賛の投稿が相次いでいた。

この時点のSNSでの反応:

ほんと胸クソで最高
佐藤二朗さんはまじで怪演
「ゲスさが本当すごくて素晴らしい」

 

今まで周到に用意して復讐してきた今宮が一方的にやられる・・・そんなことあるか!?

 

天満がいい仕事した

★50分(盛り上がり度:44。今回最高の盛り上がり)

その後、なんと今宮がテレビの報道番組に出演。番組では、寺田圭吾のスキャンダルが捏造だったという特集が組まれ、今宮が語りだした。

 

今宮が捏造の証拠としたのは、先程の福島の発言。福島は今宮が盗聴器を持っているのではないかと警戒していたが、今宮自身は持っていなかった。

 

だが実は福島のスマホにスパイアプリが仕込まれており、スマホに映った映像が第三者に流れていた。

そのスパイアプリを仕組んだのは、元デスクの天満だった。

この時点のSNSでの反応:

天満さんウィルス仕掛けたwwww
鳥肌たった…天満さん…!!
やっぱやってくれた!天満様!

 

朱里の復讐とは

★54分30秒(盛り上がり度:31)

前回、朱里が私立恵蘭女子中学校の1993年の卒業アルバムを見つめるシーンがあった。

朱里はある女子生徒の写真をナデナデしていた。その女子生徒は、亡くなったようだった。朱里はアルバムに向かって「ちゃんと見てる? フフフフフフハハハハハ・・・楽しいね。復讐って」と言っていた。彼女も誰かに何か恨みがあるようだった。

 

今回、朱里は今宮が出演した番組を観て「アッハハハハハハ!!」と高笑いしていた。

 

寺田圭吾の元秘書で今宮の味方となっている高槻(堀井新太)は、入江灯里という女子生徒(現在の朱里だと思われる)と、石山美幸(現在の今宮沙織)が同級生であったことを突き止めた。

これは何を意味するのだろうか。

この時点のSNSでの反応:

ラスボス鈴木砂羽
過去に何があった?
やば怖い面白い

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

あらすじは公式サイトのストーリーも参考に。

 

次回予告によると、今宮がマスコミからスキャンダル捏造の件で追いかけられるようだ。

 

星流は廃刊となる。

沙織の復讐は完了したかに見えたが、この時点でも沙織が知らない事実がまだあるようだ。

福島がそれを語る展開となる。福島と朱里がつながっていることは、前回までにわかっている。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

総合的には平均程度だが、「面白い」は平均を上回る。

 

とにかく佐藤二朗さんの演技がすごい。クズのクズを演じている。あんな圧倒的な演技を見せられると、クズなのにムカつくどころかスッゲエなあと感じてしまう。

そんなクズをラスト直前で粉砕するという爽快さ。

前回までは胸くそ悪いだけの展開が続き、評価も低めだったが、溜めに溜めて今回ようやくスカッとした展開となったため、評価が急上昇した。

 

しかしまだ謎が残っていて、完全にスッキリとはしていない。

感想・評価ブラックリベンジ

Posted by tomo