『ブラックリベンジ』あらすじ、感想・評価、視聴率まとめ

視聴率及びまとめブラックリベンジ

読売テレビ製作・日本テレビ系『ブラックリベンジ』についての、感想・評価、視聴率のまとめ記事です。

各話のあらすじや、感想・評価の記事へのリンクを貼っていきます。視聴率も入手できれば貼っていきます。(順次更新)

 

主演は、今宮沙織役の木村多江さん。

他の主要なキャストとしては、

福島勲役の佐藤二朗さん。

天満龍二役の平山浩行さん。

高槻裕也役の堀井新太さん。

芦原咲良役の岡野真也さん。

石山綾子役の中村映里子さん。

田村雄大役の竹内なまぶ(カミナリ)さん。

岡島まこと役の石田たくみ(カミナリ)さん。

寺田圭吾役の高橋光臣さん。

城田純一役のDAIGOさん。

糸賀朱里役の鈴木砂羽さん。

塚本修二郎議員役の神尾佑さん。

愛原サユミ役の芹那さん。

南條夕子役の横山めぐみさんなどです。

放送日時は木曜日・23時59分。

 

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

視聴率は3.7%→3.1%→3.4%

→3.7%→3.9%→3.9%→3.8%

→2.8%→3.5%→3.0%

 


各話あらすじ、感想・評価

第1話

5年前、沙織の夫・圭吾は、塚本修二郎議員、愛原サユミ、南條夕子の3人にハメられ週刊誌にスキャンダルを流され死に追い込まれた。

沙織はその3人への復讐を企み、「週刊星流」の編集部に契約ライターとして潜り込む。沙織は、協力者の情報屋(?)高槻の助けを得て、次々にスクープを連発する敏腕ライターとなる。

 

そしていよいよ、まずは塚本への復讐の機会が来た。彼に愛人がいることがわかると、その周囲を調査。愛人と本妻が喧嘩するように仕向けた。さらに塚本議員本人の政治資金不正スキャンダルも暴き、彼の政治生命を断った。

 

第2話

今宮は、塚本に続きサユミへの復讐を実行した。

IT企業社長との結婚式を控えていたサユミ。サユミは清純派女優として売れていたが、実は裏では多くの男性とお付き合いしていた。

今宮は彼女のSNSの裏アカウントを割り出し、彼女のマネージャーを調略して元カレたちとのニャンニャン写真をゲット。

その写真をサユミの結婚式で上映してあげた。

 

第3話

天満に今宮の調査を依頼された城田は、今宮のマンションに侵入し、彼女が復讐しているという証拠をつかんだ。城田は今宮に接触し「復讐していることをバラされたくなかったら1000万円用意しろ」と脅迫した。

 

今宮、高槻は川崎隼也(大和孔太)が南條夕子に囲われていることを突き止めた。

今宮はいつものように隼也を調略。隼也と南條の行為の現場を抑えた・・・かに思えたがこれは逆に隼也の罠だった。

今宮は隼也にまんまとハメられ、不法侵入の写真をばら撒くと脅迫された。

 

第4話

朱里が美少年愛人倶楽部に潜入。今宮は、その情報を高槻経由で入手。そこから、南條がこの倶楽部を運営している証拠を手に入れた。

今宮は、南條のスキャンダルを記事にして地獄に落とす。

しかし南條から意外な言葉が出る。

南條は「5年前、寺田圭吾(亡くなった沙織の旦那)の記事を捏造した黒幕は、福島勲よ!」と言った。

 

詳しい感想・評価は以下の記事で。

 

第5話

便利屋の城田が消された。彼を使って今宮を探らせていた天満も、実は福島に騙されて寺田圭吾のスキャンダル捏造に加担していたことがわかる。

 

今宮と天満は、福島への復讐のために協力。

寺田圭吾のスキャンダルが福島の捏造だったことを、週刊誌を通じて世間に暴露しようとしたが・・・。

 

詳しい感想・評価は以下の記事で。

 

第6話

第7話

第8話

『ブラックリベンジ』福島編集長(佐藤二朗)、妹の綾子(中村映里子)が立て続けに・・・第9話感想・評価

『ブラックリベンジ』最終回の感想。SNS上の評価は分かれた。復讐の理由にやや無理があったか

 

2017年10月6日視聴率及びまとめブラックリベンジ

Posted by tomo