『僕たちがやりました』第7話-リトル伊佐美、カラオケが上手い市橋、そしてトビオと蓮子は結ばれた

感想・評価僕たちがやりました

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

フジテレビ『僕たちがやりました』第7話(2017年8月29日21時0分~)を視聴しました。

今回は、各キャストのいろんな表情が見れた回。特に主演の窪田正孝さんファンにとっては最高の回ではなかったでしょうか。笑顔あり、泣きあり、シリアスあり、はぐらかすような表情ありと、いろんな彼を見られた回でした。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマ(今回)への影響度を測ります。

1位はトビオ役の窪田正孝さん。今回は新しいトビオに。可愛い笑顔が戻ってきた! 偽りの笑顔(!?)だけど。

2位は市橋役の新田真剣佑さん。窪田さんに肉薄。トビオと打ち解けていく様子に、これまで観られなかった表情がありました。

3位は蓮子役の永野芽郁さん。この子、最初タイプじゃないなと思ってたんですけど、このドラマ見てるとどんどん好きになってくる。泣ける。健気で。

4位以下はレギュラーメンバーが並びます。

ちなみに今回から登場した美波役の水沢エレナさんは、水川あさみさんに次ぐ10位でした。

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

前半から盛り上がり、後半にはさらに勢いを増すという理想的なグラフ。以下、それぞれの盛り上がりポイント(★)を振り返ります。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

リトル伊佐美、起立せず

★13分(盛り上がり度:81)

伊佐美(間宮祥太朗)は、今宵ちゃん(川栄李奈)を抱こうとするが、なんと彼のリトル伊佐美が起立しない。

「そんな日もあるよ」と優しい今宵ちゃん。

 

伊佐美は罪の意識に苛まれていた。リトル伊佐美を起立させるためには、精神的な問題を解決する必要がある。

そう考えた伊佐美は、爆破で亡くなった矢波高生らの親族を訪ねて歩き、知り合いでもないのに友達を装って、線香をあげるのだった・・・。

 

市橋はカラオケが上手

★28分30秒(盛り上がり度:129)

前回、トビオは凡下高の屋上から飛び降りたわけだが、奇跡的に木に衝撃を緩和されて命は助かり、怪我も重傷ではなかった。

トビオが入院した病院は、偶然にも市橋と同じ病院だった。

 

そこでトビオは市橋に「犯人は俺じゃなかっただろ。謝ったら許してやってもいい」と強気な態度に出る。トビオは、逃走生活を経て「あれだけ過酷な経験をしたんだから、そこそこの幸せじゃ満足できない」と思うようになっていた。

そんなトビオの態度が功を奏したのか、市橋はトビオを気に入るようになる。トビオの提案と手ほどきで、二人は病院を抜け出し、カラオケに行った。

 

市橋はトビオに促され、尾崎豊の「卒業」を歌った。必要以上に、うまかった。トビオは「ぜってえカラオケ行ってんだろおまえ!」とツッコミを入れた。

 

そして二人でデュエットした。

https://twitter.com/bokuyari_ktv/status/902368976239419393

視聴者は「市橋wwwwwwwうますぎwwwww」「なんでデュエットしてんのwwwww」「市橋いい子になってきたなwwwww 」と盛り上がったのだった。

 

トビオと市橋、仲良くなる

★31分30秒(盛り上がり度:85)

カラオケでデュエットした二人は、超仲良くなる。

病室でサッカーのゲームをやるようになっていた。

 

市橋が「ゴ~~~~ル!」っていう姿なんて、昨日まで想像できなかったぞ・・・!!

 

トビオと蓮子、寝る

★50分(盛り上がり度:133)

トビオはリハビリで出会った医師(看護師だったかな?)の美波(水沢エレナ)を強引に誘ってデートした。

そのデートの帰り、蓮子がトビオの自宅の前で待っていた。夜、路上での二人の会話。

 

トビオ「市橋に告られたんだろ」

蓮子「キスされた」

 

トビオ、思わず蓮子にキス。

 

蓮子「今のは何のキス?」

トビオ「嫉妬かな」

 

このシーンめっちゃ良かった。高校時代思い出した。高校生が羨ましいわ。

蓮子は、自宅にトビオを誘った。

トビオは「新しい自分」になりたいと思っていたが「俺はバカだ。いくら自分の気持ちに蓋をしたって新しい俺になんてなれない」と気付いた。

 

蓮子の部屋で再び二人はキス。

トビオ、蓮子の服を脱がそうとする。

蓮子は「待って。自分で脱ぐ。あっち向いてて」と言う。

トビオは後ろを向いて蓮子が服を脱ぐのを待つ。

 

この辺も最高。青春。青春。青春すぎる。もうやだ。

 

トビオと蓮子は結ばれた。

 

コトが終わると、蓮子は「トビオが好きってやつ、本当だから」と言った。

トビオは黙って、泣いて、「ゴメン、俺、本当に幸せ」と。

そしてトビオは「俺たち、付き合おう」と言った。蓮子も涙を流しながら「うん」と言った。

 

もうやばかった。最高だった。ラブシーン良かったよ。フレッシュ。窪田正孝さんと永野芽郁さんよく演じた。家族で観ていた方は気まずかっただろうけど(もうこのドラマの感じ分かってると思うし、この期に及んで家族で観ている人は少ないと思うが)。

 

 

また、今回は裏社会のボス・輪島(古田新太)をめぐる動きもあった。実は菜摘ちゃん(トビオらの担任、水川あさみ)は、輪島に恨みを持っていた。輪島は菜摘の両親が借金に苦しんでいるときに近づき、保険金をかけた上で、命を奪った。輪島の稼業は「人の命をカネに変えること」だった。菜摘は復讐のため、輪島を探していた。

そしてパイセン(今野浩喜)も、父親に自分への愛があるのか確かめるため、輪島を探していた。

また、マル(葉山奨之)はパイセンからカネをせびって、再び熱海へ向かおうとしていたが、その途中でうんこ(加藤諒)から襲撃を受けた。

 

市橋、死んじゃうのか?

★52分(盛り上がり度:192。今回最高の盛り上がり)

次回予告。

市橋がトビオに「蓮子のこと幸せにしろよ。俺もう、終わりにするわ」という発言があった。終わりってなんだよ・・・。死んじゃう?

なお伊佐美は今宵ちゃんを妊娠させたらしい。

 

今回は怒涛の展開。良かった。窪田正孝さんや永野芽郁さん、真剣佑さんの演技も良かったよ。

冒頭にも書いたが、永野芽郁さん、好きになるわ・・・。貼っとこう。

https://twitter.com/STD_sec1/status/902472154805018624

https://twitter.com/bokuyari_ktv/status/902452931508572160

https://twitter.com/mei_nagano0924/status/902437440249487360

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。

毎回のことながら「マル クズ」の感想は外せない。その他、「市橋 トビオ 仲良く 笑う」「永野芽郁 可愛い」「リトル伊佐美www」「今日 今回 最高」といった感想が投稿された。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

全体的に高いです。今回はとても良かったです。

もう一回観たくなるような回。青春。失恋中の人とかは鬱になるかもしれないけど。