『僕たちがやりました』第8話-市橋「コングラッチネーション」「蓮子のこと幸せにしろよ」「以上、市橋でした」

感想・評価僕たちがやりました

スポンサーリンク

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

フジテレビ『僕たちがやりました(僕やり)』第8話(2017年9月5日21時0分~)を視聴しました。

今回は、事件の進展についてはあまりなく、事件とは一旦離れた日常が描かれました。しかしその日常の中にも事件が影を落としていく、という展開。その影が、この回の最後に大きくなって。

ああ、市橋(新田真剣佑)・・・。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

今回の圧倒的1位は、市橋役の新田真剣佑さん。影を帯びた今回の主役。衝撃でした。

2位は、トビオ役の窪田正孝さん。蓮子との交際が順調に見えるが・・・。

3位は、今宵ちゃん役の川栄李奈さん。このドラマ、何気に川栄さんの色んな表情が見れてファン必見。

4位にはマル役の葉山奨之さん。5位にはパイセン役の今野浩喜さん。6位は蓮子役の永野芽郁さんでした。

 

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

前半もまあまあ盛り上がってるのですが、注目すべきは後半。事件があったのです。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

今宵ちゃん、妊娠。トビオとも関係

★13分(盛り上がり度:91)

今宵ちゃんが妊娠した。子供の父親は、今宵ちゃんいわく、タイミング的に伊佐美(間宮祥太朗)以外にありえないのだという。

今宵ちゃんはこのタイミングでトビオとの関係をカミングアウト。

 

今宵「てか、翔くんいれて2人としかやったことないし

伊佐美「二人!? もう一人誰だよ!」

今宵「トビオさん」

伊佐美「なんで!? なんでトビオ!? いつだよ!!!」

 

偶然、今宵ちゃんの父親(竹内力)が居合わせていた。父親は怒り狂い、伊佐美に「力トルネード」を御見舞する。

今宵ちゃんは子供を産むつもりだという。また、SNS上ではこの子供が本当はトビオの子供なのではないかという説もあった。

 

この時点のSNSでの反応:

「今宵ちゃん言っちゃうのwww」
「トビオのこと言っちゃった」
「ほんとに伊佐美くんの子供だよね…?」

トビオと市橋がじゃれ合う

★19分(盛り上がり度:98)

トビオは、蓮子と交際したという事実を市橋に打ち明けたかったが、なかなか言えないでいた。

そうこうしているうちに、市橋は「ちょっと付き合ってくれ」と言い、トビオを遊びに連れだした。

二人はボウリングしてじゃれ合い、カラオケも言ったみたいだ。ちなみに、市橋はカラオケが上手い。前回の記事参照。

当初は憎しみ合っていた二人が、こうやって打ち解けてじゃれ合う。萌えた視聴者も多かったようだ。

 

ボウリングする二人。

この時点のSNSでの反応:

「この2人が遊んでるとか最高」
「市橋が楽しそうでめっちゃかわいい」
「市橋の胸筋ありがとうございます」

市橋「コングラッチネーション」

★34分30秒(盛り上がり度:100)

ついに、トビオは、蓮子と交際していることを、市橋に打ち明けた。市橋は、トビオに殴りかかって、寸止めした。

 

市橋「コングラッチネーション

トビオ「ん?」

市橋「馬鹿かよ。おめでとうって意味だよ

トビオ「コン、コン、コングラッチュレーションじゃねえの?」

市橋「そうだっけ?」

トビオ「矢波高! ちゃんと勉強しろよ」

市橋「うっせえ、馬鹿

 

市橋は、幼い頃から両親がいなく、おばあちゃんに育てられた。そのおばあちゃんも、今回亡くなったことがわかる。

いいシーンなのにフラグが立ちまくる。

この時点のSNSでの反応:

「市橋くん…不穏なオーラ出てるよ」
「笑顔がつらいよ。市橋」
「え、え、もしかしてもしかしてなの?」

市橋「蓮子のこと、幸せにしろよ」

★50分30秒(盛り上がり度:240)

今回、トビオは市橋にビデオメッセージを送っていた。内容は「事件がきっかけだったけど、友達になれてよかった」というものだった(本当は蓮子との関係を言いたかったのだが、それは結果的に言えた)。

 

それに対して、市橋もビデオメッセージをトビオに送った。市橋も、トビオや蓮子と友達になれてよかった、という内容だった。そしてビデオメッセージの中の市橋はこう言った。

お前にだけちゃんと言っとくぞ、トビオ。俺もう、終わりにするわ

「ばあちゃんも死んじまったし、リハビリしても元通り歩けないし、この先、まともに生きれない」

「フレーフレートビオ。ふふ。蓮子のこと、幸せにしろよ

ビデオメッセージの中の市橋がそう言うと、トビオの後ろで何かがズドンと落ちた物音が聞こえた。ビデオメッセージの中の市橋はこう言った。

以上、市橋でした

トビオが振り返ると、市橋が死んでいた。

 

市橋くん・・・。

この時点のSNSでの反応:

「い、市橋いいいいいいいいいいいいいい」
「今ホラー映画並みにビックリした」
「鳥肌しかねぇ」

市橋は死んだ

★52分30秒(盛り上がり度:315。今回最高の盛り上がり)

今回最大の事件は、市橋が死んだこと。

 

今回はそれ以外にも色々あった。

今宵ちゃんは爆破事件の真相を知っているようで、子供の父親が犯罪者というわけにはいかないと、伊佐美に別れを告げた。

マルはうんことバトルした。

蓮子はトビオを呼び出していて何かを言いたい様子だった。

トビオは看護師の美波(水沢エレナ)と別れた。

 

パイセンは自分の親であり裏社会のドンである輪島(古田新太)の愛を確かめるべく、彼に会ったが、輪島にパイセンへの愛は微塵もなかった。それどころか「ブサイク」という理由で捨てた子だったのだ。輪島への復讐を企む菜摘(水川あさみ)も、返り討ちにされた。

 

次回は、トビオらが罪を認める展開になるようだ。伊佐美も、今宵ちゃんと幸せになるには過去を精算するしかない。トビオもそうだ。

 

怒涛の展開だった。思えば最初から嫌な予感はしていた。ボウリングのところとか、「実はあいつと付き合ってる」と言いたいけど言えずにいるところとか、青春だった。青春だったが、青春のシーンは悪い予感しかしなかった・・・。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

「永野芽郁 窪田正孝 可愛い」「最後 怖い」「今日 泣ける」「衝撃 辛い 展開」などという感想があった。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

今回はやや低めとなっている。前半はやや緩慢だったかもしれない。最後はホラー過ぎた。そのあたりが評価を下げた原因だったかもしれない。ただ、「面白い」や「期待できる」は相変わらず高いレベルを保っている。

いよいよクライマックス。今宵ちゃんの妊娠とか、蓮子が何か言いたげなところとか、色々どんでん返しがありそうだ。これってどんな終わり方するんだろうか。