『ドクターX 第5期』最終回の感想・評価。大門未知子はキューバで生きてた、続編に期待

感想・評価ドクターX

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日木曜ドラマ枠『ドクターX 第5期(ドクターX~外科医・大門未知子~)』第10話=最終回(2017年12月14日21時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

高視聴率を記録した今シリーズも最終回。時事ネタやパワーワードがたくさん登場した今シリーズの締めくくりです。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は大門未知子役の米倉涼子さん。他を寄せ付けない圧倒的な1位である。

2位は加地秀樹役の勝村政信さん。腹腔鏡の魔術師である。

3位は神原晶役の岸部一徳さん。今回は、ラストのメロンでネタを仕込んできた。後述する。

4位は西山直之役の永山絢斗さん。内神田の息子である。内神田のオペに指名される。

5位は城之内博美役の内田有紀さん。蛭間に暴言を吐いた。後述する。

6位は蛭間重勝役の西田敏行さん。城之内に暴言を吐かれた。後述する。

7位は海老名敬役の遠藤憲一さん。今シリーズは活躍が光った。かわいい。

8位は内神田景信役の草刈正雄さん。食道がんになり、東帝大病院で手術を行う。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

後半には凄まじい盛り上がりとなっている。

今回は盛り上がりポイントが多数あったので、一つ一つのポイントは簡潔に説明していきます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

加地秀樹先生が登場

★4分30秒(盛り上がり度:201)

加地が登場した場面。

外科副部長の3タカシは内神田会長のオペに及び腰。もし失敗すれば医者としてこの先生きていくことはできない。だが蛭間はこう言った。

 

蛭間「このリスキーなオペを、『私がやりましょう』と言ってくれた、東帝大学出身の勇猛果敢なドクターがいました

 

加地が登場する。

 

加地「お待たせしました。お久しぶりです皆さん

海老名「加地君!

蛭間「まあご紹介するにも及ばないと思うけど、腹腔鏡の魔術師、加地タカシくんです

加地「秀樹です。加地秀樹

蛭間「あっ。そうね

 

この時点のSNSでの反応:

加地先生キタ━━━
やっと加地先生きたよ!
加地先生〜!!あいたかった!

 

断髪式かよ!どすこいどすこい!

★23分(盛り上がり度:247)

海老名、加地、原守(鈴木浩介)、森本光(田中圭)の4人が焼肉屋で飲みながら、大門の人生について語らう。

大門は数多くの手術で患者を治してきたが、いざ自分が患者になったときには治してくれる人はいなかった、と。

 

加地「じゃあ俺が切ってやろうじゃないか。デーモンのオペは俺がやる

海老名「よく言った・・・よく言った! 加地秀樹くん! 私、海老名敬もね、付き合わせてもらうよ

原「原守も寄り添います!

森本「森本光にも切らせてください!

加地「よし! じゃあ全員でちょっとずづ切ってやろうじゃないか

海老名「よし!

原「あかん、あかん、あの、お相撲さんの断髪式じゃないですから!

森本「いや、どすこいどすこいですよ!

海老名「そうだ

原「どすこいどすこい!

海老名・加地「そうだ! どすこいどすこい!

海老名「大門がんばれよ、もうどすこいだよ、もう大門の癌でも寄り切っちまえ

加地「そうだ! がぶり寄りだ。デーモン!

4人「どすこいどすこい! どすこいどすこい! どすこいどすこい! どすこいどすこい!

 

なお4人が飲んでいたのはノンアルコールで糖質ゼロのビールテイスト飲料「流麗(りゅうれい)」だった。

この時点のSNSでの反応:

どすこい!どすこい!www
この時期に相撲ネタwww
酔ってるのかと思ったらノンアルwww

 

大門未知子が到着

★44分(盛り上がり度:195)

大門未知子が遅れてオペ室に登場した場面。

 

加地「遅刻してんじゃねえよデーモン

海老名「来ましたー! 大門来ました! 大門ー!

鳥井(段田安則)「来ましたね

 

この時点のSNSでの反応:

未知子キタ━━━
海老名先生可愛い好き
えびちゃんwwwwwwww

 

私、患者でも失敗しないので

★56分(盛り上がり度:226)

内神田のオペが終了するやいなや大門が倒れた。いよいよ大門の手術も必要になる。

先程のどすこいどすこい! の4人が次々に執刀に名乗りを上げた。

 

大門は、倒れながらも執刀医を指名。その指先は加地に向かった・・・。

加地「そうだよな、任せろ大門。お前の命、俺が預かった

しかし大門の指先は、西山に向かった。

大門「あんた

西山「僕ですか? でも

大門「大丈夫。私、患者でも失敗しないので

 

この時点のSNSでの反応:

加地先生、振られるwwwww 
患者でも失敗しないのでって新しい
まさかの西山先生指名

 

大門は、自分のオペのための下準備を入念にしてノートに書き留めていた。だから「患者でも失敗しない」ということなのだろう。

 

城之内、蛭間にキレる

★57分30秒(盛り上がり度:256)

倒れた大門を別のオペ室に運ぼうとするが、そこに蛭間が立ちはだかった。

 

蛭間「内神田会長の術後管理を怠って、寄ってたかって大門未知子のオペか? それでも東帝大病院の医者か!?

 

蛭間の迫力に怖気づく医師たち。しかし城之内はそんな蛭間にガン飛ばしてこう言った。

城之内「あんたこそ、それでも医者か! クソジジイ!!

 

この時点のSNSでの反応:

くそじじいwwww
城之内先生よく言った!!
城之内さんがとうとうキレたーーーー!!

 

メロンおじさん、35億円請求

★67分30秒(盛り上がり度:500。今回最高の盛り上がり)

神原が蛭間を訪ね、内神田のオペの費用を請求した場面。例によってメロン持参。

 

神原「請求書です。・・・あれ? ご覧にならないんですか?

蛭間「いや、末期がんの父親を若き外科医の息子が根治させた。世間じゃ素晴らしい美談になってるんですよ。おかげでね、我が東帝大の名声も益々上がって、内神田会長も大喜びで

神原「それはそれは

蛭間「だから最後ぐらいはさ、あなたの言い値でお支払しようかなと思ってます

神原「ありがとうございます

蛭間「でもまあ一応ね、チェックという意味で、見させていただきますね

 

蛭間が請求書を開く。そこには「三十五億円」という請求額が書いてあった。

 

蛭間「35億円!!

神原「冗談です

蛭間「だよね・・・びっくりした

 

この時点のSNSでの反応:

35億wwwwwwwwwwwwwww
まさかのブルゾンwwwwwww
ブルゾンあきらかよwwwww

 

今年ブレイクしたお笑い芸人、ブルゾンちえみさんのネタを入れていた。

今シリーズは時事ネタがたくさんあった。

 

大門未知子、キューバで生存

★73分30秒(盛り上がり度:353)

蛭間が、大門未知子が死んだかのようなことを言った(もっともっとオペしたかっただろうにな、などと)ので、亡くなったかと思ったら生きてた。

 

キューバのビーチにて。

神原が愛猫のベンケーシーに話しかける。「ベンケーシー、未知子とはここで会ったのよ。すべてはここで始まったの。さあ、また始めるわよ!

 

 

キューバのクバナカン医科大学病院(Hospital Universitario Cuba Cubanacan)にてカンファレンス。クバナカン医科大は大門の母校である。

 

神原が現地の医師らに、大門の契約条件を説明する。

 

現地の医師「(スペイン語で)例えば、論文の下調べは?

大門「ノラーレ(No lo haré、致しません、の意味)

医師「学会のお供は?

大門「ノラーレ(致しません)

医師「院長回診? 教授回診?

大門「ノラーレ イプント(致しません、以上)

 

その病院の廊下にて。

医師「(スペイン語で)ミチコ、成功を祈ってる

大門「(スペイン語で)私失敗しないので

 

この時点のSNSでの反応:

大門未知子生きてたあああああああああああああ
生きてたwww キューバでいたしません!w
また続編あるかな~??期待しちゃう

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

今シリーズの黒幕的な存在で、大門の邪魔をしてきた内神田およびその手先の蛭間は、収賄容疑にからみ東京地検特捜部に逮捕された。

もし続編があったとしても、彼らの地位は安泰ではないと思うので、別のキャラが出てくると思われる。

 

今シリーズは、東帝大初の女性院長で患者ファースト、病院改革をかかげた志村まどか(大地真央)が、蛭間らの手によって追放されたところから始まった。

ただ志村も、自分の愛人の手術を優先して「愛人ファースト」と言われたので、自業自得ではあったのだが。

 

前述の通り大門未知子は生きていて、キューバのクバナカン医科大病院で活動を始めたようだ。

神原名医紹介所は閉業となった。城之内は日本に残っている、という描写があった。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

最後も高い値となった。

面白い」の数値が特に高く、全体を牽引。

シリーズの途中ではややマンネリかなとも思ったが、さすがに最終回はすごかった。「期待」の数値も高いのは、やっぱり続編に期待するという意見が多かったため。

大門未知子は生存しているし、勧善懲悪的なところもあってスッキリ。しかも内神田や蛭間が、ただただ憎ったらしい悪役というわけではなく、どこか憎めない人間らしい側面もあるので見ていて不快にならない。

時事ネタもあって小ネタもあってすごい。さすがだ。これで終わりのはずがない。絶対続編作られるだろうと思う。