『ドクターX 第5期』海老名「お前失敗しないので!!」、森本の華麗な経歴!?など第4話感想

感想・評価ドクターX

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日木曜ドラマ枠『ドクターX 第5期(ドクターX~外科医・大門未知子~)』第4話(2017年11月2日21時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回の記事はこちら

今回はなんと森本先生が婚約!? そんなことって・・・!?

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は森本光役の田中圭さん。今回の主役級。なんと、婚活パーティーで日本医師倶楽部会長・内神田景信の娘、四織と知り合って婚約したという。

今回は彼女の執刀を担当する。

 

2位は大門未知子役の米倉涼子さん。「私失敗しないので」は彼女の決め台詞だが、今回は「お前失敗しないので!!」と言われてしまう。後述する。

 

3位は海老名敬役の遠藤憲一さん。大門に「お前失敗しないので!!」という名言を放った。実は2回目かな。

 

4位は原守役の鈴木浩介さん。森本と一緒に婚活パーティーに参加。しかし後に森本に怒りを抱くことになる。

 

5位は内神田四織役の仲里依紗さん。今回のゲスト。日本医師倶楽部会長、内神田の前妻の娘を名乗る。

6位は内神田景信役の草刈正雄さん。日本医師倶楽部会長。医学界のドンだ。

7位は神原晶役の岸部一徳さん。通称メロンおじさん。

8位は蛭間重勝役の西田敏行さん。忖度や御意が大好き。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

原先生、森本にブチ切れる

★15分30秒(盛り上がり度:73)

日本医師倶楽部会長・内神田の娘を名乗る四織が入院してきた。四織は婚活パーティーで森本と知り合い、婚約者の関係だという。

四織は、肝臓がん。状態は悪く、難しい手術となる。四織はどうしても森本に執刀してほしいと言う。

 

四織「森本先生は、よく大学病院にいる学歴が白衣を着ているような人ではありません。キューバの医大を出て、船医、獣医、軍医の資格まで持ってるんですよ

森本「あの、四織さんちょっとあの(焦り)

四織「しかも特技手術、趣味手術。そんな素晴らしいお医者様がどこにいますか?

大門「へー

 

森本お前やりやがったな。キューバの医大を出て、船医、獣医、軍医の資格を持ってるなんてどこの大門だよ!!

 

森本は、四織に嘘をついたのは「出世のためではない」と言い訳をしたが、原先生は「嘘つけ!! この偽善者!! 嘘八百並べて会長の娘をものにしたくせに!! この詐欺師め!! おい、お前キューバなんていつ行ったんだよ。獣医の免許あるなら見せてみろ、あ? 犬怖いとか言ってたくせに。(婚活パーティーに)誘ってやったこの俺を出しぬきやがってこの裏切り者め!!」と罵倒した。

 

この時点のSNSでの反応:

原先生ブチ切れたWWWWWWWW
原wwwwwwwww
キンちゃんうるさいwwwwwwwww

 

お前失敗しないので!!

★35分(盛り上がり度:58)

結局、四織は森本が執刀した。大門は助手に着いたが、決して自分で切ろうとしない。挙句、大門はインオペ(inoperable、手術不能、中止の意味)を決断する。

森本は大門に何度もお願いしたが、インオペの判断は変わらなかった。

 

見ていた海老名は「大門、お前ふざけんなよ! この患者誰だと思ってんだよ! やれよ! 大丈夫だよ! お前失敗しないので!!」と叫んだ。

この時点のSNSでの反応:

お前、失敗しないのでwww
4期に続き出た!!お前失敗しないので!
お前失敗しないのでは草

 

私、失敗しないので

★43分(盛り上がり度:85)

インオペから一週間。大門が四織の手術を始めた。大門の「私失敗しないので」がようやく出た。

大門は四織の肝臓を20%以上残すために、前回の手術から1週間、彼女の肝臓の(正常な部分の)成長を待っていたのだった(超要約)。メロンおじさんが説明してくれた。

 

大門は四織の肝臓を見て「あー! 大きくなってるっ! 一週間待ったかいがあった」と言った。

この時点のSNSでの反応:

大きくなってるぅwwwめっちゃ嬉しそうwwww
成長待ちだったのね
肝臓の再生ねらってたんだ

 

四織の正体

★49分30秒(盛り上がり度:92。今回最高の盛り上がり)

蛭間院長が内神田会長の元に、四織の手術成功を報告に行く。

 

しかし内神田は怪訝な顔をして、自分には娘などいないという。

 

なんとここにきて、四織は内神田の娘ではなかったのだ・・・!!

森本も詐欺師なら、四織も詐欺師だった。

この時点のSNSでの反応:

お互い騙しあってたってことね
騙し合ってたって言う
あーどっちも詐称かっ

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

四織は、内神田の娘をかたる結婚詐欺師だった。

内神田の娘とあれば、医者は食いついてくる。そういう狙い。森本、まんまと騙されていた。

手術の成功後、四織は「警察、呼んでください」と自首した。

 

頭をかかえる森本に「森本くん、生きてる?」と優しく声をかける原であった。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

海老名 可愛い」「森本 可愛い」「大門 好き」「面白い」などの感想があった。

 

タカシ 土下座」は、外科副部長の3人のタカシが、大門に四織の手術をするように懇願して土下座するシーンがあったため。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

総合的には平均よりやや高め。「面白い」はそれよりさらに高めとなっている。

今シリーズで最も高くなった。

コント(!?)も面白かったし、手術も、え? なぜインオペ!? と視聴者を疑問を持たせるミステリーチックな展開で良かった。森本の意外なキャラクターも見れてよかった。田中圭さん、今期はフジの「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」にも出演しているが、あっちはほのぼの癒し系で、こっちではまた違った味。今回は感情の起伏が激しく出ていて面白かった。おそらく周りの出演者に引っ張られて、いきいき演技していたと思う。

そして最後のどんでん返し。良かった。

次回も楽しみですね。