『半分、青い。』鈴愛、正人に突き飛ばされ律の背中で泣く-第57話

感想・評価半分、青い。

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』第10週・第57話(2018年6月6日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

前回のラストで正人に告った鈴愛でしたが、清々しいほど振られました。鈴愛は食い下がりましたが、正人は断固拒否。そして鈴愛は律に文字通り泣きつくことに。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

萩尾律 役 佐藤健

投稿数:695(1位), ユーザ数:482(1ユーザあたり1.44回)
関連語:萩尾(1), 律(673), 佐藤(29), 健(32), リツ(0), 高村(0), 佳偉人(0), タジオ(0), 好き(48), 大事(41), 背中(34), 自分(34), 語る(33), 歴史(29), 気持ち(25), 俺(24), 関係(18), やっぱり(17), 一緒(15), 安定(15), ブッチャー(15), 友達(14), 付き合え(12), 恋愛(13), 清(12), 告白(11), 会話(9), 展開(9), 初めて(9), 幼馴(8), 大丈夫(8), マハジャロ(7), 安定剤(5), 本命(5), 切れる(5), ナイフ(5), イケメン(5)

1位は萩尾律役の佐藤健さん。

朝井正人 役 中村倫也

投稿数:516(2位), ユーザ数:366(1ユーザあたり1.41回)
関連語:朝井(4), 正人(424), 倫也(26), マー君(52), マア君(33), 好き(44), 自分(28), 大事(23), 女(22), 突き(13), 飛ば(14), 友達(12), キス(12), 関係(11), ブッチャー(11), 恋愛(9), 歴史(10), ダメ(8), 一緒(8), 彼女(8), 嫌(7), 笑(7), ひどい(7), 表情(6), 突き飛ば(5), 誠実(4), グイグイ(4), 理由(4)

2位は朝井正人役の中村倫也さん。

楡野鈴愛 役 永野芽郁

投稿数:413(3位), ユーザ数:291(1ユーザあたり1.42回)
関連語:楡野(4), 鈴愛(331), 永野(26), 芽郁(22), スズメ(64), 矢崎(0), 由紗(0), 正人(66), 歴史(43), 泣い(27), 自分(26), 大事(13), 子(10), 演技 上手い(7), 台詞(6), ごめん(6), 演技 ガチ(6)

3位は楡野鈴愛役の永野芽郁さん。

藤堂誠 役 志尊淳

投稿数:87(4位), ユーザ数:78(1ユーザあたり1.12回)
関連語:藤堂(0), 誠(5), 志尊(5), 淳(3), ボクテ(79), 場数(8), 踏ん(6), セリフ(4), 友達(4), 侮れ(4), 川下(3)

4位は藤堂誠役の志尊淳さん。

伊藤清 役 古畑星夏

投稿数:61(5位), ユーザ数:58(1ユーザあたり1.05回)
関連語:伊藤(0), 清(57), 古畑(5), 星夏(5), 彼女(4), 嫉妬(4), 関係(4), キレる(3), 背中(3)

5位は伊藤清役の古畑星夏さん。

西園寺龍之介 役 矢本悠馬

投稿数:33(6位), ユーザ数:32(1ユーザあたり1.03回)
関連語:西園寺(0), 龍之介(1), 矢本(0), 悠馬(0), ブッチャー(32), 大竹(0), 悠義(0), ライバル(3)

6位は西園寺龍之介役の矢本悠馬さん。

小宮裕子 役 清野菜名

投稿数:20(7位), ユーザ数:18(1ユーザあたり1.11回)
関連語:小宮(1), 裕子(7), 清野(3), 菜名(2), ユーコ(12), 優しい(3)

7位は小宮裕子役の清野菜名さん。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。

関連語:歴史 語る(150), 突き 飛ば(130), 切れる ナイフ(130), 鈴愛 歴史(106), 律 好き(63), 過呼 吸(58), ナイフ 言葉(58), いくら 泣い(40), ごめん 切れる(38), 安定 剤(37), マハジャロ(34), 律 正人(33), 幼 なじみ(31), すずめ 歴史(31), そんなつ もりじゃ(28), 自分律 大事(28), 女性 エイト(22), 週刊 女性(22), 深呼 吸(19), 切れる 言葉(17), 恒温 動物(16), ボクテ 場数(14), 修羅 場(13), 正人 理屈(12), 好き 付き合え(10), 失恋 報告(8)

このブログでは、ドラマに関してSNSに投稿されている言葉をリアルタイムにトレンド分析、掲載しています。
ドラマ視聴のお供にどうぞ。

リアルタイム・トレンドを見る

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

鈴愛、正人に振られる

★2分30秒:盛り上がり度:176(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:正人(18), 君(11), 思っ(11), 展開(11), 鈴愛(9), 飛ば(7), 朝(6), キス(5), 突き(6), ひどい(4), ビックリ(3)

鈴愛が正人に振られた。

前回のラストで鈴愛は正人に「好きです」と言ったのだが、正人はしばらく考えて、「ごめん、鈴愛ちゃん、自分そういうつもりじゃなかった」と言った。

鈴愛「嫌だよ、正人君、好きだよ
正人「離して
鈴愛「嫌だよ、マア君
正人「マア君とかやめて
鈴愛「マア君、ねえ
正人「ちょっと離してってば!

正人は鈴愛を突き飛ばした。倒れる鈴愛。正人はすぐに「大丈夫?」と手を差し伸べたが・・・。

この時点のSNSでの反応:

え?正人くんはその気なかった?
昨日までの正人くんへの好感度が…
正人なんじゃコイツ、キスまでしといて
まーくんまじかっwww
まーくんは唐突すぎる!

 

正人、ブッチャーのライバルだった

★8分:盛り上がり度:131
この時点の関連語:律(26), 正人(26), 大事(13), ブッチャー(9), 自分(11), 好き(5), 友達(4), 彼女(4)

正人が鈴愛を振ったことを知った律。正人の部屋へ。

正人は、自分が女の子たちを次々にキープしてしまうタイプだと自覚しており、鈴愛をそれに巻き込むわけにはいかなかったと。

また、正人は律が、東京に来て初めてできた友達だといい、吉祥寺に一緒に住もうと提案していた。

正人「こんな友達、初めてなんだよ。律の好きな人とは付き合えないよ
律「何言ってるの?
正人「違うの?
律「違うよ、俺には清がいるし。鈴愛は正人が好きじゃん、現に
正人「お互いに気づいてないだけだよ、自分の気持ちに
律「え、何その言い方。神様みたいに、何様なの? えっむかつく、お前が俺と鈴愛を語るな。俺と鈴愛の歴史を語るな

この時点のSNSでの反応:

正人くんが律に愛の告白
正人、本当の初恋はまだなのね
え?ほっぺにチューで完璧堕ちるでしょ、それを今さら

 

鈴愛、律の背中で泣く

★13分30秒:盛り上がり度:102
この時点の関連語:律(18), 鈴愛(18), 泣い(7), 背中(7), 動物(6), ナイフ(6), 切れる(6), 正人(6), 言葉(5), 本当(4)

律が秋風ハウスを訪ねてきた。

鈴愛は泣いていた。律に裏(背中)を貸してほしいといって、その背中で泣いた。

鈴愛「いくら泣いても、スズメの涙、なんつって

律は優しく笑った。

鈴愛「こんな時でも、律が笑うと嬉しい。ほっとする

この時点のSNSでの反応:

律みたいな幼なじみが欲しい人生だった
律の裏、借りたい
少女マンガの王道感が素晴らしい~

 

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:3159(Q1:714, Q2:621, Q3:799, Q4:614, 放送後3分間:411)
・ユーザ数:1385(Q1:579, Q2:429, Q3:549, Q4:469, 放送後3分間:372)
・SNSでの影響度数(独自指標):3042

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

前回の記事はこちら

以下のページでは、ドラマに関するニュース記事などを時系列にまとめています。

『半分、青い。』に関するニュース、Twitterのタイムライン(まとめ)はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

今回は、初回を除けば最もSNS投稿数の多い回となった。

やっぱり正人が突如として鈴愛を振ったのが衝撃だったし、その後のボクテやユーコとの会話、律と鈴愛の場面も盛り上がり要素が多かった。

朝ドラらしくせつなく振られるのではなく、突然の別れ。さすが北川悦吏子さん。

感想・評価半分、青い。

Posted by tomo