『半分、青い。』律、フランソワ(亀)失い結婚。鈴愛はストーカーになる-第77話

感想・評価半分、青い。

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』第13週・第77話(2018年6月29日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回も引き続き、律の結婚のくだり。結婚の真相が少しずつ明かされていく段階です。

律はやっぱり鈴愛に振られたことが効いていたみたいで、昨年、亀のフランソワも失って、結婚に走った・・・というのが晴や和子さんの推測。

後半では鈴愛はなぜか、律・より子の新居がある大阪へ・・・。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

萩尾律 役 佐藤健

投稿数:572(1位), ユーザ数:409(1ユーザあたり1.40回)
関連語:萩尾(10), 律(545), 佐藤(15), 健(15), リツ(14), 高村(0), 佳偉人(0), タジオ(1), 結婚(96), プロポーズ(35), 言葉(37), 無理(29), 電話(27), 私(27), 年(25), フランソワ(18), ハガキ(17), 怖い(15), 新婚(12), そんな(12), 相手(11), 勝手(11), 新居(9), 大阪(9), 本当(9), ショック(7), 後悔(6), 突然(6), 離婚(6), 一戸建(6), ベランダ(5), 欲しい(5), 誤解(5)

1位は萩尾律役の佐藤健さん。

楡野鈴愛 役 永野芽郁

投稿数:520(2位), ユーザ数:407(1ユーザあたり1.28回)
関連語:楡野(2), 鈴愛(394), 永野(17), 芽郁(17), スズメ(116), 矢崎(0), 由紗(0), 怖い(30), 言葉(27), ストーカー(24), 結婚(24), 自分(23), プロポーズ(21), 無理(21), 大阪(18), 先生(16), 気持ち(13), こわい(13), 行動(11), 捕まえ(8), アカン(8), 怖すぎる(7), 馬鹿(7), 勝手(7), 里芋(6), 大丈夫(6), 相手(6), 受付(6), フランソワ(6), 新婚(5)

2位は楡野鈴愛役の永野芽郁さん。

秋風羽織 役 豊川悦司

投稿数:226(3位), ユーザ数:197(1ユーザあたり1.15回)
関連語:羽織(23), 豊川(5), 悦司(5), トヨエツ(1), 秋風(209), 美濃(13), 権太(15), 人生(21), 直球(20), 結婚(15), 一方(15), 通行(15), 本名(9), ハガキ(8), ストレート(7), 会社(5)

3位は秋風羽織役の豊川悦司さん。

日野より子 役 石橋静河

投稿数:127(4位), ユーザ数:103(1ユーザあたり1.23回)
関連語:日野(0), より子(122), 石橋(7), 静河(2), 結婚(14), ハガキ(11), フランソワ(8), 受付(7), やっぱり(7), 代わり(7), 怖い(7)

4位は日野より子役の石橋静河さん。

伊藤清 役 古畑星夏

投稿数:54(5位), ユーザ数:53(1ユーザあたり1.02回)
関連語:伊藤(0), 清(50), 古畑(4), 星夏(4), 同じ(9), ベランダ(6), 見下ろ(4)

5位は伊藤清役の古畑星夏さん。

楡野晴 役 松雪泰子

投稿数:50(6位), ユーザ数:46(1ユーザあたり1.09回)
関連語:晴(43), 松雪(2), 泰子(1), ハル(6)

6位は楡野晴役の松雪泰子さん。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。

関連語:結婚(192), スズメ(112), 怖い(114), フランソワ(109), 無理(87), 言葉(86), 一方 通行(76), プロポーズ(67), ストーカー(68), 先生 直球(59), ホラー(60), 都島 区(58), 受付 嬢(55), 職場 電話(45), ハガキ(40), 言葉 足り(40), 先生 ところ(40), 仕事 中(40), 直球(37), 理系 オタク(34), 昼ドラ(34), 自業 自得(31), 住宅 街(31), 通行 引き返す(31), 受付 女(31), 会社(31), 里芋(29), 会社 電話(29), ショック(28), あかん(28), 鈴愛 ストーカー(27), フランソワ 代わり(25), プロポーズ 断っ(25), 閑静 住宅(22), 音信 不通(22), 朝ドラ 昼ドラ(20), 律 プロポーズ(19), 興味 本位(19), 主人(16), 理系(16), タイミング(16), 亀 代わり(15), アカン(15), ストーカー じゃん(13), サスペンス(12), ハンズフリー(11), 亀 フランソワ(11), 栄養 ドリンク(10), 女子(9), 海老(9), イライラ(9)

このブログでは、ドラマに関してSNSに投稿されている言葉をリアルタイムにトレンド分析、掲載しています。
ドラマ視聴のお供にどうぞ。

リアルタイム・トレンドを見る

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

律、フランソワを失い結婚!?

★3分:盛り上がり度:76
この時点の関連語:フランソワ(22), 受付(12), 死ん(11), 亀(10), 代わり(7), 結婚(6), 女(5)

律の結婚相手のより子のことが、晴から鈴愛への電話によって明らかになった。

晴によると、より子は律が就職した菱松電機の受付の女の子だった。

律が飼っていた亀・フランソワが昨年亡くなり「寂しなってまったかな」とのことだった。

この時点のSNSでの反応:

フランソワの代わりなのか!より子さんはw
フランソワの穴をより子で埋める
社内のイケメンをゲットする受付嬢ってテンプレすぎるw

 

秋風、律にストレートを投げる

★7分30秒:盛り上がり度:115
この時点の関連語:直球(13), 電話(11), 結婚(7), 鈴愛(7), 秋風(32)

秋風は、ボクテとユーコが見守る中、仕事中の律に電話した。

そして秋風は律に「律くんは、鈴愛さんではなかったんですか?」と力強い口調で、聞いた。

ボクテは「先生、直球ですね、質問」と言った。

この時点のSNSでの反応:

秋風先生直球すぎる…職場でする話ではないなそれは
秋風先生、たのしんどるw
秋風先生は視聴者代弁者なの?www

 

鈴愛、萩尾家に行く

★15分:盛り上がり度:221(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:鈴愛(34), 怖い(30), 律(20), こわい(14), ストーカー(11), 家(12), キモい(8), 結婚(8), 都島(8), 朝ドラ(7), 昼ドラ(7), ホラー(7)

秋風ハウスから鈴愛がいなくなった。

鈴愛は、律・より子夫妻から届いた(より子が送った)ハガキを持ち、その住所である大阪市都島区にいた。

一戸建ての萩尾家の前に立ち、ベランダを見上げた。

ベランダには、より子がいた。目が合ったみたいだ。

この時点のSNSでの反応:

うわ、家見に行くとか怖いよ!!
鈴愛さん気持ち悪いです
なんか昼ドラみたいになってきた?修羅場とかなっちゃう?

 

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:2829(Q1:235, Q2:504, Q3:493, Q4:769, 放送後3分間:828)
・ユーザ数:1329(Q1:181, Q2:341, Q3:371, Q4:541, 放送後3分間:750)
・SNSでの影響度数(独自指標):2664

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

前回の記事はこちら

以下のページでは、ドラマに関するニュース記事などを時系列にまとめています。

『半分、青い。』に関するニュース、Twitterのタイムライン(まとめ)はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

個人的には、ドラマ内のいわゆる「すれ違い」の描写があまり好きではない。多くの場合、現実的にありえなすぎるから。ドラマの中での出来事で、それを言い訳にしている部分があるから。

今回はすれ違いを「一方通行」と表現していたが、趣旨は同じで、雑なすれ違いではないものの、丁寧に描かれたすれ違いみたいなこと。あんまり好きな展開ではないけど、しかしそれを真っ向から描こうとしている部分については、好感が持てた。例えば秋風がそのことを蒸し返して真相を明らかにしようとするあたり、そのことから教訓を得ようとするあたりで。あまり好きな展開ではないながら好感を持ったという複雑な気持ちになったが、鈴愛が暴走していくのはちょっと戸惑う。

感想・評価半分、青い。

Posted by tomo