『ハロー張りネズミ』第8話-「幸福の黄色いハンカチ」オマージュ。國村隼と森田剛の演技が最高で泣けた

2017年9月1日感想・評価ハロー張りネズミ

スポンサーリンク

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

TBS『ハロー張りネズミ』第8話(2017年9月1日22時0分~)を視聴しました。今回はグレこと小暮久作(森田剛)大活躍の回でした。森田さんってこういう演技するんだなぁって。

宇宙一おいしいチャーハンで号泣。その時の森田さんの表情ね。いいね!

そしてゲストの國村隼さんも良かったです!

しっかしこのドラマ、毎回毎回テイストが違いすぎるんだけど。それがこのドラマの特徴かな。今回は人情モノでした。全面的に「幸福の黄色いハンカチ」オマージュ。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマ(今回)への影響度を測ります。

やっぱり今回の主役・森田剛さんが圧倒しました。

今回は訳ありのオッサンと二人旅だったのですが、2位にはそのオッサンこと栗田精二(國村隼)が入りました。

3位は主演のごローこと瑛太さん。4位には蘭子役の深田恭子さんとなっています。栗田の娘を演じた松本若菜さんも美しかったです。

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

前半はやや低調に推移しているのですが後半のどでかい盛り上がり。後味の良さがありました。以下、各盛り上がりポイント(★)について説明していきます。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

グレ、土下座

★23分30秒(盛り上がり度:41)

今回の話は、オッサンとグレの二人旅。オッサンこと栗田は、元ヤクザ。

裏稼業から足をあらって平和に中華料理店を営んでいた。2人の子供もできた。だが、悪い縁は切れないもので、元ヤクザ仲間が中華料理店に踏み込んできた。

元ヤクザに平和な生活を蹂躙され、怒った栗田は、包丁で元ヤクザを刺し殺めてしまう。そうして刑務所に入った栗田と、子供たちが再会できるかっていうのが今回の話のメインストーリーだった。

 

娘は刑務所にいる栗田に「もう会いたくないので来ないで」という手紙を送っていた。しかし栗田は、脳腫瘍で自分の寿命があとわずかだとわかりどうしても子供たちに会いたくなる。

娘の住所を知っている女性をつきとめたが、その女性は栗田の素性を知ると、住所を教えようとしてくれない。

そこでグレが土下座した。「お願いです。あの人を娘さんに会わせてやって下さい。俺が責任持ちますから。お願いします

 

必死の土下座に、視聴者の心は撃ち抜かれたようで「もう泣ける」「すでに感動」「演技うまい」と盛り上がったのだった。

 

宇宙一おいしいチャーハン

★39分30秒(盛り上がり度:76)

早くに妻を亡くした栗田は、刑務所に入る前は毎日、自分の料理を娘と息子に食べさせていた。子供たちは父のチャーハンを「世界一おいしい」「いや、宇宙一おいしい」と言い合ってよろこんで食べていた。

 

自分が刑務所に入ったことで、子供たちには迷惑をかけた。

 

娘と再会した栗田だったが、許されるはずもなく、気まずくなり、どことなくぎこちない。

そこでグレが「最後に一つ、お願いを聞いてもらえませんか。お別れの儀式。この人にできることってこれしかないし。最後に、この人のチャーハン食べてあげてよ。一口でいいからさ」と娘さんに願い出た。

 

このチャーハン。

https://twitter.com/hello_hrnzm/status/903540708446920704

娘は、父親の作ったチャーハンを一口食べると「しょっぱい」と一言。グレは「ああ・・・労働者向けの味だもんね」と心配。

だがグレの心配をよそに、娘は涙目になり「しょっぱいけど美味しい。宇宙一美味しい」と言った。栗田は泣いた。

グレは泣きそうになりながら「やっぱうめぇ。オッサン、うめぇよ」とチャーハンをかきこんだ。

 

このシーンでも「やばい、泣ける」「グッと来る」「涙が止まらない」と視聴者の感動を呼んだ。

 

黄色いハンカチをぶらさげて

★43分(盛り上がり度:43)

娘に会い、別れをつげたあと、栗田の状態は悪化していった。死にかけだった。時間がないが、息子は父親を許してはいないだろう。

このままでは息子に会えない。グレは急いで栗田を車に乗せて息子のところへ走った。

 

グレには考えがあった。息子に、父親と会ってくれるなら「部屋の窓に黄色いハンカチかタオルを、ぶらさげておいてくれないでしょうか」と伝えた。

 

この辺の國村隼さんと森田剛さんの演技が抜群だった。死にゆく栗田と、それをなんとか励まして息子に会わせようとするグレ。視聴者からも二人の演技力の高さを指摘する意見が相次いだ。

 

 

不器用だな、兄さんも

★52分(盛り上がり度:197。今回最高の盛り上がり)

栗田は脳腫瘍の影響で次第に目がかすんできた。

 

結局、息子の部屋の窓には「黄色いハンカチ」は掲げられなかった。

しかしグレは栗田に「あったよ、黄色いハンカチがいっぱいあった。よかったな。会いに行こう。息子さんに」と嘘をついた。

しかしこの嘘は栗田に見抜かれており、栗田はグレに「不器用だな、兄さんも」と言った。

 

不器用と言えば、「自分、不器用ですから」は、「幸福の黄色いハンカチ」で主演した高倉健さんが、CMで言った有名なセリフ。無口な栗田といい、今回、所々に「幸福の黄色いハンカチ」のネタが出てきた。

 

栗田は亡くなった。

 

グレは、葬式には出席しなかった。だが、浜辺に棒を立て、それにたくさんの黄色いハンカチを吊るしておいた。

 

さいごは「やっぱりな」っていう展開だったけど、すばらしかった。泣けた。國村隼さんの演技力がこの感動を支えたと思う。もちろん森田さんもよくやってた。

ラストで「泣いた」「感動した」という視聴者が多く、この回最大の盛り上がりを見せた。

 

余談だが松本若菜さん可愛い。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

「グレ 泣ける 泣く」「最後 涙」「宇宙一美味しい チャーハン」「國村隼 森田剛 演技 最高 良い 好き」といった感想が多かった。特に、國村隼さんと森田剛さんの演技については多数の高評価があった。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

相当高いです。今期ドラマの中でもトップクラスでした。

個人的には好きなタイプの話でした。最後はヒネリなくって感じでしたけど、思った通りの感動話。國村隼さんがゲストでよかった。