『ハロー張りネズミ』第9話-後藤洋央紀の演技が意外に良い。アド街6位の「のとや」も登場

感想・評価ハロー張りネズミ

スポンサーリンク

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

TBS『ハロー張りネズミ』第9話(2017年9月8日22時0分~)を視聴しました。何度も書いてることですが、このドラマ、毎回毎回テイストが違うんですよね。

今回はコメディチック。ヒーローショーでのアクシデントでした。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位はグレ役の森田剛さんでした。ジャニーズ強い。

2位には僅差で外道番長こと五十嵐役のプロレスラー・後藤洋央紀さんが入りました。登場シーンも多く、意外と演技うまかったです。

3位には蘭子役の深田恭子さん。4位には霊媒師・河合節子役の蒼井優さんが入りました。

5位に主演・ゴロー役の瑛太さんが入っています。

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

前半はやや低調。しかし後半35分過ぎから盛り上がりが継続しています。以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

アド街6位の激安衣料品店「のとや」

★16分(盛り上がり度:42)

幼稚園の先生である岸本杏里(樋井明日香)の依頼で、幼稚園でヒーローショーをやることになったあかつか探偵事務所のメンバー。

しかし衣装を借りるには金がかかる。そこで、下赤塚の激安衣料品店でヒーローっぽい衣装を購入することになった。

蘭子とゴローが訪れたのは「のとや」という衣料品店。ゴローは「意外とあるねぇ! のとやすげえなぁ。アド街ック天国で6位だっただけのことはあるよな」と発言した。

 

調べてみると、確かに「のとや」は2007年5月12日放送の「下赤塚」の回で6位になっている。

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20070512/28745.html

しかしテレ東だぞ・・・。いいのかTBS。

 

この時点のSNSでの反応:

「アド街で6位ってwww」
「のとやキター」
「のとやはガチ安い店」

 

所長、デビルウーマン様になる

★35分30秒(盛り上がり度:39)

幼稚園でヒーローショーが始まった。悪役をつとめたのはマスター(ロッチ中岡)と、所長(山口智子)。

マスターは緊張でビビっていたが、所長は「悪の世界からやってきたデビールウーマン!! 赤塚幼稚園はこのデビールウーマン様の支配下に置かれた!!」とノリノリだった。

 

デビルウーマン様

https://twitter.com/hello_hrnzm/status/906028843764375552

この時点のSNSでの反応:

「所長ノリ過ぎwww」
「所長さすがすぎるww」
「所長が1番張り切ってるw」

 

悪役番長の牛殺し

★43分30秒(盛り上がり度:62)

ヒーローショーに、杏里の元カレで悪役プロレスラー「外道番長」こと五十嵐が乱入。

五十嵐はかつて彼女だった杏里にDVをしていた。杏里は五十嵐から逃げて下赤塚にやってきていたのだった。しかし、五十嵐は杏里を諦めきれず、ヒーローショーに乱入、暴れだした。

 

本当の悪役と対決することになったあかつか探偵事務所のメンバー。しかし、「レッド」ことゴローは「牛殺し」を食らってしまう。

「牛殺し」は、五十嵐役の後藤洋央紀さんが得意とする技だ。肩の上まで持ち上げて投げ落とす技。たぶんYouTubeとかにあるから気になる方は御覧下さい。

 

後藤洋央紀さん。

こちらは深キョンと所長と片山萌美さん。

 

この時点のSNSでの反応:

「牛殺しィィィィィ」
「牛殺しやったwww」
「警察呼べばいいのに」

 

最終回へ

★52分(盛り上がり度:70。今回最高の盛り上がり)

外道番長との対決は、霊媒師の河合の活躍によって探偵事務所側の勝利に終わった。

 

しかし、今回の依頼では代金が回収できず、あかつか探偵事務所は資金不足に陥ってしまった。借りている事務所を追い出されることになってしまった。

次回は最終回。権田辰夫(柄本時生)という群馬から出てきた男が「徳川埋蔵金」を探してほしいという。これは一攫千金のチャンスだ。

 

もう最終回かぁ。始まったときはどうなることかと思ったが、毎回毎回テイストが違って楽しんで見ている。今回はコメディだった。ヒーローショーに本当の悪役が乱入するという、何度も何度もやられたパターン。でも面白かった。

所長や蘭子ちゃんのコスプレも良かった。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

「深キョン 蘭子 可愛い」「来週 最終回 寂しい」などの感想があった。

「後藤洋央紀 演技」という箇所ついては、後藤洋央紀さんの演技が「意外と上手い」と好評だったようで、演技を褒めるコメントが多くあった。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

かなり高くなっています。

第1話の「代理娘」のあたりはスッキリしない話で不安が募ってましたけど、回が進むに連れてこのドラマの楽しみ方がわかってきた気がします。深キョンをもうちょっと上手く使えたらなぁ(今回は活躍あったけど)とか、瑛太さんの役もうちょっとインパクトほしいなぁとかあるんですけど、でも楽しんでますよ。

次回は最終回!