『ホリデイラブ』第1話の感想・評価。アニメ声の女・里奈(松本まりか)にイライラ、偶然を装い近づく悪魔

感想・評価ホリデイラブ

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

テレビ朝日 金曜ナイトドラマ枠『ホリデイラブ』第1話(2018年1月26日23時15分~)の感想・評価の分析記事です。

原作はこやまゆかりさんの漫画「ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜」。主演は仲里依紗さん。ネイルサロンを営む杏寿という女性の役。

初回は、杏寿の夫・純平(塚本高史)に、アニメ声のあざとい女・里奈(松本まりか)が近づいていく過程やその後が描かれました。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

高森杏寿 役 仲里依紗

投稿数:178(1位), ユーザ数:139(1ユーザあたり1.28回)
関連語:杏寿(16), 仲(149), 里依紗(155),  あなそれ(10), 演技 好き(6), 演技 実力(5)

1位は高森杏寿役の仲里依紗さん。
自宅でネイルサロンを経営していて、ごく普通に暮らす幸せそうな女性。
子供も1人いる。不倫なんてまったく眼中にないし、旦那がそうなるとも思っていなかった。

坂口麗華 役 壇蜜

投稿数:178(1位), ユーザ数:126(1ユーザあたり1.41回)
関連語:坂口(6), 麗華(21), 壇蜜(160),  原作(8), 電話(8), 綺麗(4), 美しい(4), 漫画(3), ネイル(3), 刺客(3)

同じく1位は坂口麗華役の壇蜜さん。
杏寿のネイルサロンに新しく来た客。
スピリチュアルがどうのこうのと言ってきて、杏寿のスマホに自らが開発したというアプリ「運命の相手に出会う方法 麗華の部屋」をインストールする。これでツインソウル(双子霊)に出会えるという。
杏寿を引き込んでいきそうだ。

最初にサロンを予約してきた時の電話口の声、壇蜜さんの声ではなかったような・・・!?

井筒里奈 役 松本まりか

投稿数:169(3位), ユーザ数:127(1ユーザあたり1.33回)
関連語:里奈(85), 松本(75), まりか(89), 声(18), 可愛い(10), 怖い(8), 嫌い(7), イライラ(5), アニメ声(4)

3位は井筒里奈役の松本まりかさん。
純平の浮気相手となる女。この第一話では、主に純平と里奈がそうなるまでが描かれた。

視聴者の間では彼女に嫌悪感やイライラが募っている人が多いようだ。特にあざといアニメ声。それだけ彼女の演技が上手い、ということになるか。

なお松本まりかさんは声優でもある。あざといアニメ声はお手の物というところかもしれない。

井筒渡 役 中村倫也

投稿数:147(4位), ユーザ数:99(1ユーザあたり1.48回)
関連語:渡(34), 中村(88), 倫也(109), 好き(9), 怖い(6), サイコパス(4), メガネ(4)

4位は井筒渡役の中村倫也さん。
里奈の旦那。純平と里奈の現場を押さえて、純平をボコボコにした。
その後、杏寿に純平と里奈の関係をバラし、純平には慰謝料を請求した。

高森純平 役 塚本高史

投稿数:94(5位), ユーザ数:73(1ユーザあたり1.29回)
関連語:純平(26), 塚本(71), 高史(40), イケメン(4), クズ(4)

5位は高森純平役の塚本高史さん。
杏寿の旦那。建設会社に勤務していて、単身赴任中。

ちょっと頭が弱そう。一度関係を断ったはずの里奈が、自分の勤務する会社に事務員として来たことを「偶然」だと思っている(!?)。

黒井由伸 役 山田裕貴

投稿数:79(6位), ユーザ数:66(1ユーザあたり1.20回)
関連語:黒井(34), 由伸(10), 山田(46), 裕貴(42)

6位は黒井由伸役の山田裕貴さん。
麗華のアプリ「麗華の部屋」に登録しているサロン経営者。
アプリ上で杏寿と出会う。

小泉駿 役 飯島寛騎

投稿数:31(7位), ユーザ数:21(1ユーザあたり1.48回)
関連語:小泉(2), 駿(0), 飯島(28), 寛騎(12), 可愛い(4)

7位は小泉駿役の飯島寛騎さん。
純平の後輩社員である。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:好き(74), 怖い(74), 原作(64), カメレオン レンズ(57), 偶然 なわけ(55),  漫画(39), イライラ(34), 単身 赴任(34), アニメ 声(34), ドロドロ(30), 原作 違う(27), 矢口 真里(22), スマホ(16), 美人 局(13), 気持ち 悪い(13), 六番目 小夜子(13), 勝手 スマホ(12), ちょん 切る(7), 原作 通り(7), フィジカル 関係(7), 運命(6)

 

原作と違うところと、原作どおりのところがあるようだ。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

後半に大きく盛り上がっている。前半は平和だったのだ。

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

渡、純平に慰謝料を請求

★42分30秒:盛り上がり度:45
この時点の関連語:倫也(4), 中村(4), w(3)

渡は、純平と自分の妻・里奈の現場を抑えていた。

渡が自宅に帰って来ると、二人はいかにも事後だったのだ。矢口真里さんの事例のような話だ。

渉は純平を殴った。

 

その後、渡は杏寿に会いに来た。渡は杏寿に事情を説明し、一緒に連れてきた純平について「奥さん、こいつはあなたを騙していたんです。そういう人間なんだこいつは。私はこの男に慰謝料を請求しますよ」と告げた。

この時点のSNSでの反応:

そりゃ殴られるよ
これは即離婚やろ!え?違う
一話目からど修羅場

 

純平と里奈の出合い

★47分:盛り上がり度:50
この時点の関連語:女(9), こういう(5), 声(3), 断れ(2), 女子(2), 作戦(2)

回想シーン。純平と里奈の出合いの場面。

ある知人の結婚式にて、里奈が倒れたところを純平が介抱した。

里奈は回復すると、純平に「あの、連絡先、教えていただけませんか? お礼がしたいので。こういうのも何かの縁かなって」などと言った。

純平が戸惑っていると、里奈は「あ、ごめんなさい。助けていただいたのにこんなこと。図々しいですよね、私」とあざとく言った。

結局、純平は里奈に名刺を渡した。

この時点のSNSでの反応:

絶対この女狙ったでしょうwww
こういうぶりぶりあざとい女苦手、、媚び売りすぎ
女子が嫌いな女子の典型って感じだな

 

間違いの始まり

★50分30秒:盛り上がり度:50
この時点の関連語:女(12), アニメ(3), 声(6)

後日、里奈は純平にお礼だと言って、高そうなワイシャツをプレゼントした。その後の会話。

純平「こんなにいいもの、かえって申し訳ないよ
里奈「そんなこと
純平「だったら、お礼のお礼をするよ
里奈「じゃあ・・・お食事ごちそうしてください
純平「いいよ
里奈「ふふ、変なことになっちゃった!

間違いの始まりだ。

この時点のSNSでの反応:

この女あざとすぎ。絶対罠じゃん
こんな女にひっかかる男もダメだわ
じゃあお食事ご馳走してくささい(はーと)じゃねえよーw

 

偶然なんだ!

★53分30秒:盛り上がり度:69(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:偶然(24), なわけ(6), なんか(5), 怖い(5)

浮気がバレたあとの純平と杏寿の会話。

純平は一度関係を断ったはずの里奈が、その後に会社に「偶然」事務員として入ってきたという。そしてそういう関係になった。

 

純平「偶然なんだ
里奈「偶然・・・?

 

SNS上では、純平の「偶然」発言にツッコミが相次いだ。

そしてこの場面が、初回最大の盛り上がりとなった。

この時点のSNSでの反応:

名刺渡してんのに偶然な訳ねぇだろwwwww
偶然な訳ねーだろアホかw
全部計算なんだよバーカ

 

里奈、なぜか笑った

★56分:盛り上がり度:68
この時点の関連語:偶然(9), 里奈(9), 怖い(9), 無理(3), イライラ(2)

里奈と渡の電話の場面。

渡は、杏寿に会ってきたことを告げた。

電話を切ったあと、里奈はなぜか杏寿の写真(ネイルサロンのホームページのもの)を見て、笑っていた。そしてご機嫌そうにダンスした。

里奈の狙いって・・・!?

この時点のSNSでの反応:

えっ?なんで里奈は笑ったの?
狙いはやはり杏寿の方か
この女悪魔だ

 

次回予告

★59分:盛り上がり度:52

 

次回予告の場面。

次回は、純平が「もう一度だけ、俺にチャンスをください」と言うシーンや、杏寿が「この家に帰ってこないで」というシーンがある。

さらに、再び純平と里奈が抱き合うシーン、杏寿と黒井がリアルで出会うシーンもあるようだ。

この時点のSNSでの反応:

あーヤバい続き気になる
イライラしながら観るやつ
これは見ちゃうやつだな~
途中で見るに耐えなくなった

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

 

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

大きな出来事としては、まず純平と里奈が出会い、関係し、それがバレて慰謝料を請求される、という流れがあった。

並行して、麗華と杏寿の出合い、麗華がスマホアプリを通じてスピリチュアルの世界に誘う、そこで黒井と出会う、という流れもあった。

今後これらが絡み合ってくると思われる。

 

なおこのドラマには原作(漫画)があり、マンガボックスというアプリで配信されているので、続きが気になる方はそちらを確認するのがよいかも。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:2803(Q1:311, Q2:338, Q3:690, Q4:1222, 放送後6分間:242)
・ユーザ数:1070(Q1:171, Q2:185, Q3:339, Q4:655, 放送後6分間:228)
・SNSでの影響度数(独自指標):3257

 

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

低めの評価となった。

関連語などにも現れているとおり、視聴者はかなりイライラさせられる展開だと感じたようだ。

それはアニメ声であざとく近づいてくる里奈にもそうだし、それを受け入れてしまう純平もそうだ。また、スピリチュアルだとかツインソウルだとか言って、杏寿のスマホに勝手にアプリをインストール・操作した麗華にも言えると思う。

 

嫌悪感やイライラ、いわゆる視聴者の負の感情を煽って、続きを気にならせるタイプのドラマかもしれない。事実、SNS上では放送終了後に「続きが気になる」や「イライラするけど見てしまう」といった意見が多かった。

感想・評価ホリデイラブ

Posted by tomo