『警視庁いきもの係』第2話-橋本環奈の役作り(お太りになった)に敬服

感想・評価警視庁いきもの係

フジテレビ『警視庁いきもの係』第2話(2017年7月16日21:10~)を視聴しました。

 

面白かったですね。第2話の主人公はペンギン。ペンギンの知識がたくさん手に入りました。ペンギンを飼うときは役に立ちそうです。

 

まずは例のツールでの好評価率を見てみます。

ツイッターの場合:

面白いか : 99.19%
期待できるか : 88.24%
可愛い・かっこいい : 99.21%
好きか : 90.70%
上手いか : 100.00%
その他 : 80.00%
トータル : 95.32%%
計測日時:2017年07月16日23時10分までの対象数:691

2chの場合:

面白いか : 85.05%
期待できるか : 57.14%
可愛い・かっこいい : 92.35%
好きか : 69.57%
上手いか : 71.05%
その他 : 53.75%
トータル : 79.35%%
計測日時:2017年07月16日23時10分までの対象数:2989

 

どちらもかなりの好評価でした。「面白いかどうか」はほぼ満点に近い数字。トータルでもかなり高い数字を記録しました。「可愛い」「かっこいい」も好評価で、これは橋本環奈さんに加えて、渡部篤郎さんの貢献度が高そう。三浦翔平さんもよかった。

裏でやってた長瀬智也さん主演「ごめん、愛してる」(TBS)に、好評価率の面では大差をつけた形となりました。

 

ここから下はネタバレがありますので、気にされる方は以下のボタンで飛ばして下さい!

ここからネタバレ部分です。

 

第2話はペンギンがテーマ。

大金持ちのお宅のペンギンの飼育室で、その家の主の男性(大企業を経営している)が亡くなっていたという事件。

薄圭子(橋本環奈さん)が容疑者達の匂いをかいで推理する。後に、ペンギンの飼育室の日当たりをめぐるトラブルがあったことが判明する。

 

ペンギンを大切に思っていた被害者の秘書の男は犯人ではなかった。被害者は、ペンギンのエサ(魚)の中にダイイングメッセージ(犯人のカフスボタン)を仕込んだ。ペンギンの世話をする秘書は、必ずエサをやるまえに金属探知機でエサに釣り針などが残っていないかチェックする。その時に、ダイイングメッセージに気づくだろうという希望が込められていた。

 

テーマとなった動物の知識がいろいろと出て来るのは第一話と同じで、なんか新しい知識を得て得した気分になる。また、須藤友三(渡部篤郎さん)がダジャレを言う(「ギョッとした、魚だけに」。などと)のも第一話と同じで面白かった。

ここまでネタバレ部分でした。

ネット上の評判を見てみると、橋本環奈さんが太りすぎじゃないかという意見があった。

が、今となってみてはあのチンチクリン(失礼!)な感じが非常に役に合っていて可愛い。可愛すぎるぞ!

受付職員役の石川恋さんもかわいい。あの子に厳しい言葉を言われたいがために、何度も同じ話をする二出川昭吉(でんでんさん)も素敵。

でもそれより、やっぱり!橋本環奈さんのあのポッチャリの魅力に嵌りそうだ。

 

第一話の感想でも書いたが、渡部篤郎さんも可愛い。彼の魅力がこのドラマをうまくまとめている。当たり前といえば当たり前のことだけど、さすがという感じである。素晴らしい!ありがとう!

 

裏の「ごめん、愛してる」とは対称的な雰囲気のドラマなので、本当はどっちも楽しめればいいのだが、どちらをおすすめするかというと、こちらになると思う。

2017年7月17日感想・評価警視庁いきもの係

Posted by tomo