『女子的生活』トランスジェンダーをディスってたミニーちゃんに、まさかの展開-第2話

感想・評価女子的生活

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

NHKドラマ10枠『女子的生活』第2話(2018年1月12日22時0分~)の感想・評価の分析記事です。

なかなか刺激的で、かつ不思議なドラマ。初回も面白かったけど、個人的には今回のほうが面白かったかな。初回は驚きや戸惑いのほうが大きくて。今回は最後のオチも含めてよかった。では分析です。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

小川みき 役 志尊淳

投稿数:319(1位), ユーザ数:247(1ユーザあたり1.29回)
関連語:小川(12), みき(152), 志尊(166), 淳(90), 幹生(0), 綺麗(23), 好き(16), 女装(10), キレイ(9), 演技 女子(7), トランスジェンダー(6), 演技 がうまい(5), 演技 完全(5), 演技 綺麗(5), 演技 上手い(5), 美しい(4)

1位は小川みき役の志尊淳さん。
トランスジェンダー。前回、ゆいという彼女をゲットした。今回は新たな出会い(再会)がある。

後藤忠臣 役 町田啓太

投稿数:277(2位), ユーザ数:165(1ユーザあたり1.68回)
関連語:後藤(250), 忠臣(0), 町田(39), 啓太(22), ビール(13), 優しい(9), かおり(8), イケメン(6), かっこいい(4), 可愛い(3), アホ(3), コーヒー(3)

2位は後藤忠臣役の町田啓太さん。
みきの部屋に転がりこんできた男。みきのかつての同級生。IT系で、仕事はできそうな感じ。こいつがまた、トラブルを連れてくる。

かおり 役 玉井詩織

投稿数:211(3位), ユーザ数:121(1ユーザあたり1.74回)
関連語:かおり(78), 玉井(87), 詩織(80), しおりん(45), 視覚(12), 効果(12), 歴戦(7), 勇者(7), デート(6), 来週(6), 演技 自然(3)

3位はかおり役の玉井詩織さん。
みきの同僚である。男をうまく転がすタイプっぽい。視覚効果を使って男をコントロール。
合コンで切った相手にも遺恨を残さない、歴戦の勇者である。

ミニーさん 役 中島広稀

投稿数:193(4位), ユーザ数:120(1ユーザあたり1.61回)
関連語:中島(3), 広稀(3), 高山田(135), ミニー(61), 女装(8), 可愛い(8), ヒゲ(5), 歩き方(4), 笑(4), ニーソ(4), 男子(3), 見える(3)

4位はミニーさん役の中島広稀さん。
本名は高山田。みきや後藤のかつての同級生で、いじられキャラだった。
うつだと言って、みきに会いたいというが・・・。

ともちゃん 役 西原さつき

投稿数:88(5位), ユーザ数:68(1ユーザあたり1.29回)
関連語:ともちゃん(66), 西原(16), さつき(27), 可愛い(7), 本田翼(4), トランスジェンダー(3), 綺麗(3)

5位はともちゃん役の西原さつきさん。
みきのかつての同棲相手。しかしさつきに彼氏ができたことで、同棲は解消された。
西原さつきさんはこのドラマのトランスジェンダーに関する指導、監修もしている。ドラマの中でも、みきに色々と教えてくれた存在である。

今回ドラマ初出演とのこと。活動など詳しくは西原さつきさんの公式サイトでどうぞ。

 

ゆい 役 小芝風花

投稿数:31(6位), ユーザ数:29(1ユーザあたり1.07回)
関連語:ゆい(25), 小芝(6), 風花(7), 彼女(5)

6位はゆい役の小芝風花さん。
アパレルショップ店員。前回、みきと寝た。今回、肩書が「みきの彼女」になっていた。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:視覚 効果(82), 無意 味(31), 歴戦 勇者(29), 鈴木 慶一(34), 夙川 アトム(28), 恥ず かしい(25), ともちゃん 役(25), トランスジェンダー(23), 無意味 ニーソ(22), 来週 楽しみ(17), トドメ 刺す(16), 半端 恥ず(16), ヒゲ 剃ろ(13), ヒゲ 剃れ(10), べっぴん キャスト(10), 不思議(9), メイク 上手(7), まさか 展開(7), 心理 戦(7), 綺麗 すぎる(7), ストレス 発散(7), かまって ちゃん(7)

 

髭 剃れ」は視聴者から高山田への切実かつ適切なアドバイスである。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

盛り上がりが後半に集中している。確かに後半面白かった。

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

ミニーちゃん、化粧をする

★40分:盛り上がり度:61(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:可愛(6), 綺麗(5), 素敵(2), すごい(2)

高山田(ミニーちゃん)が女装に続き、化粧もした場面。

高山田は鬱だと言っていたが、実は鬱ではなかった。構ってちゃんだった。

みきはそんな彼をしょうがなく、かまってあげることにした。

化粧した高山田。SNS上の評判は・・・?

この時点のSNSでの反応:

高山田、意外と悪くないwww ウケるww
化粧ってすげーーー!!
高山田が可愛くなった
なんとかなってるー!!

 

ピュアなミニーちゃん

★43分:盛り上がり度:45
この時点の関連語:後藤(6), 女子(4), 高山田(3), ミニー(2), プレイ(2), なんか(2), カオス(2)

みき、後藤、ミニーちゃんの3人でコンビニに。

ミニーちゃんがどんどん女の子になっていく。

みき「ミニーちゃんって、キスしたことある?
ミニー「口にはないけど、ほっぺたならあるし

やばい、ほんのちょっと、1ミリくらいだけど、可愛いとか思っちゃった」と、みきは思った。

ミニーちゃんはピュアなのだ。

ミニーちゃん、何かに目覚める

★46分30秒:盛り上がり度:39
この時点の関連語:高山田(5), 可愛い(5), 青春(4)

ミニーがみきに「お前のこと見直した」と言った場面。ミニーは女装をしたことにより、みきの苦労がわかって、見直したようだ。

その発言に、後藤が「その格好(まだ発展途上の感のある女装)で言っても響かねえよ」と笑う。みきも「確かに」と笑った。

ミニーは「可愛いだろうが・・・可愛いだろ? 可愛いだろうがーーー!!」と言って走り去っていった。

かおりと後藤がデート!?

★49分30秒:盛り上がり度:48
この時点の関連語:次回(6), 詩織(4), かおり(4), しおりん(3), デート(3), 素敵(2), 最後(2)

次回予告。

かおりが、後藤をランチに誘うシーンがあるようだ。まさかデート!?

みきにも試練が訪れそう。

この時点のSNSでの反応:

次回はかおりと後藤のデート!?
今週も困惑の1時間が終わった
しおりんと後藤君がいい感じになるの期待してます!

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

今回はミニーちゃんこと高山田を中心とした話だった。

ミニーちゃんは鬱だという話だったが、実はそうではなかった。ストレスのはけ口として、トランスジェンダーのみきをディスって優越感を得たかったのだ。

 

しかしそんなミニーちゃんの心理をみきは見破った。

そして彼の本心を探り・・・という展開だった。

 

ミニーちゃんは女装し、性格が変わったようになった。そもそも、彼は学生時代にイジられキャラだった。みんなに構ってもらうのが好きなのだ。

彼は自分の女装をSNS上にアップ。それをみんなからイジられることで、満足感を得ることができるようになった。ハッピーエンド。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:2643(Q1:457, Q2:514, Q3:582, Q4:849, 放送後6分間:241)
・ユーザ数:822(Q1:248, Q2:249, Q3:281, Q4:396, 放送後6分間:223)
・SNSでの影響度数(独自指標):3118

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

連ドラでは、どうしても初回が高い傾向があるので、第2回で多少落ちるのは仕方ないところ。このドラマは視聴率が公表されない可能性もあるので、その場合は少しでもこの数字が参考になれば。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

初回はご祝儀相場的な意味合いもあったり、話としてもとても刺激的だったので高くなった。今回は少し下がったが、高い水準を維持している。個人的には今回のほうが好き・・・というか、前回から1週間あっていろいろ飲み込めてきたというか。

トランスジェンダーのみきをディスるつもりだったミニーちゃんが、改心し、まさかの自ら女装。そして暗に化粧もしてほしいと要求。面白すぎ。その後のピュアっぷりも面白すぎ。

かおりやゆいといった準主役級キャラの出番は少なかったが、次回以降になにかありそうな予感。しかも次回はみきに辛い場面もあって展開が早そう。ああ、これ全4回のドラマなのか。もうちょっとやってもいいと思ったのだが。