『過保護のカホコ』第1話-高畑充希さんさすがです。時任三郎さん好きです

2017年7月13日感想・評価過保護のカホコ

日本テレビの『過保護のカホコ』第1話(2017年7月12日22:00~23:10)を視聴しました。

面白かったです。コメディチックの中に、何か教訓をくれそうな期待もあるホームドラマ。

 

主演は高畑充希さん(カホコこと根本加穂子)。他の主なキャストは高畑さんの父親として時任三郎さん(根本正高)、母親として黒木瞳さん(根本泉)。大学の同級生で高畑さんとは正反対の生い立ちで画家を目指している竹内涼真さん(麦野初)。

 

高畑充希さんは民放のドラマには初主演。朝ドラ(とと姉ちゃん)の印象が強い女優さん。良くも悪くも今回のドラマも彼女の魅力が受け入れられるかにかかっていると思う。役の設定は大学4年生。少々天然というかバカ(幼少期は発達が遅れていたという描写もある)であり、就職活動もうまくいっていない。

時々聞こえてくる時任三郎さんの心の声みたいなのが面白い。それぞれの登場人物を動物に例えたりする。心の声が聴こえるのは彼だけなので、影の主演というか、語り手役でもある。

 

高畑さんを過保護しているのが黒木瞳さん。自分が過保護だとは気付いていない。彼女の周囲もまた独特の過保護感がある。

そんな過保護感に包まれた高畑充希さんに、風穴を開けるかのように登場したのが竹内涼真さん。親がおらず、夢をおいかけて画家を目指しているが、挫折しそうにもなる。大学4年。高畑さんとは学生課で出会い、高畑さんに世間の厳しさを教える。

 

ここから下はネタバレが含まれます。ネタバレを回避したい人は下のボタンで飛ばして下さい。

ここからネタバレ部分です。

第1話のストーリーとしては、高畑充希さんの就職活動が本線。しかし、彼女がこれまで過保護に育てられてきたことや、ややおバカちゃんなこともあって、うまくいかない。そんな中で竹内涼真さんと出会い「働く意味」を問われる。

これまで働いたことがなかった高畑さんは、竹内さんの紹介でアルバイトをして、労働の幸せに目覚める。

アルバイト後には「人を幸せにする仕事がしたい」と思うようになる。という展開である。

 

要するに、これまで過保護に育ってきたカホコの成長物語だと思う。最終回付近で、立派に母親から独立して就職し仕事をするカホコの姿が思い浮かぶ。単純でわかりやすい設定・ストーリーだと思う。

しかしこのドラマに魅力があるのは、そこではなく、むしろ脇道のストーリーだと思った。登場人物は、カホコの親戚が主であるが結構多い。彼ら・彼女らが織りなす脇道の話がそれぞれどう展開していくのか。彼らがカホコに何を教えていくのか、またカホコから何を学ぶか、ということだと思う。

ここまでネタバレ部分でした。

実は私は高畑充希さんはお顔的にはそんなに好きな方ではない(すいません!)けど、不思議な魅力があると思う。表情豊かで(カホコ自体が表情豊かなのだが)演技もできていると思います。ただ、イメージが崩れるのでできればドコモのCMは見たくなかった。

 

さて、例によって例のツールでこのドラマの評判を分析してみた。

面白い・期待・可愛かっこ・好き・上手・その他の好評価率はそれぞれ、98%、87%、97%、82%、100%、70%、トータルでは93%となっていて、全体的に高い。好評だということだと思う。

 

突然ですが、全然ドラマの雰囲気と違うお願いかも知れないが、できればどこかでミュージカルを挟んで欲しい。高畑さんのミュージカルが観たいのだ。なにかどこかで自然な形で歌って踊って欲しい。今のところそれぐらいしか希望がない。うまくいけばかなりヒットするドラマだと思う。