『過保護のカホコ』すっばらしい最終回。青空を見て大切なことを思い出せるドラマに

感想・評価過保護のカホコ

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

日本テレビ『過保護のカホコ』最終回(2017年9月13日22時0分~)を視聴しました。

私の中では、今期のドラマの中でも途中、期待度が最も高かったドラマでした。

何度か書いてますが、いろんなドラマがある中で、「この後どうなるんだろう」っていうドキドキ感(嫌な言い方をすれば視聴者に気にならせて引っ張る)のも大事ですが、「この後こうなるんだよな」ってわかっていてそれでも楽しめるドラマって、いいですよね。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位はママ・泉役の黒木瞳さんでした。思えば、このドラマはカホコのママからの独立をめぐる物語。

2位には麦野初役の竹内涼真さんが入りました。爽やか。イケメン。視聴率がとれる(視聴率王子!?)というネット記事を見かけました。ただ「」という名前なのでやや集計に難があって、実質的には1位かもしれない。

3位にはパパ役の時任三郎さん。ナレーションも担当。落ち着いた声で全体をまとめる。

 

4位のカホコ役・高畑充希さんですが、ドラマの名称とキャラ名称が同一であるため、正確な集計ができません。したがって、実際はもっと上位(おそらく1位)だと思います。

5位には糸ちゃん役の久保田紗友さん。前回までグレまくってました。今回もちょいグレ。でも最後には・・・。

以下、初代ばぁば役の三田佳子さん、平泉成さんと続きます。

 

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

前半から何度も盛り上がってるのですが、後半に行くに連れてさらに盛り上がりを増す。凄まじい盛り上がりです。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

麦野、カホコ化して糸ちゃんを説得

★25分(盛り上がり度:124)

糸ちゃんが楽器屋にチェロを売りに行こうとする。それをカホコと麦野が阻止。

カホコも麦野も、糸ちゃんに楽器を続けて欲しい。カホコはチェロを買い取るとかいい出す。

 

カホコは「どんなに嫌われても糸ちゃんは家族だから。ばぁばと約束したから。糸ちゃんとカホコの糸は切れないから。ダジャレみたいになって申し訳ないけど」と糸ちゃんを説得。

糸ちゃんは「馬鹿じゃないの」と応戦。

 

そんなやりとりの途中で、麦野も参戦し「俺も、もし家族になったらカホコに負けないぐらいおせっかいするよ」と発言。

 

きょとんとする糸ちゃんをよそに麦野は「糸ちゃんなら、たくさんの人を幸せにできる。だからこんなすっばらしいもの(チェロ)を絶対にやめちゃダメだよ!!」と熱弁。

こうやって暴走して熱弁して「すっばらしい」というのはまさにカホコだ。麦野がカホコ化した瞬間だった。

 

糸ちゃんは、返されたチェロをだまって受け取った。チェロを売らないと約束した。

 

この時点のSNSでの反応:

初くんにカホコ乗り移っちゃってるやんw
初くんカホコに似てきてない…?
ついにハジメくんカホコ化したw

 

じいじ、ケーキをぶち撒けドレスを切り裂く

★40分(盛り上がり度:154)

カホコと麦野は、親戚だけでささやかな結婚式をあげることになった。その会場にて。(この時点では、ママはまだ会場に来ていていない)

親戚一同が並び、福士じいじ(西岡徳馬)はカメラを持ち記念撮影をしようとする。

 

福士はカメラを構え「いくぞー! ちょっとまって。入んねぇな」と言いながら後ずさりする。

福士の後ろにはケーキ。嫌な予感がした。

 

福士の尻がケーキの乗ったテーブルに当たり、テーブルクロスが引きずられ、ケーキは無残に床に落ちた。

しかも福士はそのケーキで滑って、そばにあったウェディングドレスを引きちぎってしまった。

 

一同から悲鳴があがった。

 

現実にこんなことがあったら大混乱だろうが、ドラマなので面白かった。

 

この時点のSNSでの反応:

なんてこったwwwwww
じいじふざけんなよww
昔のギャグ漫画みたい

 

 

糸ちゃんが天使に、パパが悪魔に

★48分30秒(盛り上がり度:226)

パパの説得で、ついにママが教会にかけつけた。

しかし教会にはウェディングマーチが用意されてないという。

でもママはなぜか「ああ、それなら大丈夫」と言う。

 

カホコとパパがヴァージンロードを歩く。

用意されてないはずのウェディングマーチが流れた。チェロの音色だ。糸ちゃんだ。グレた糸ちゃんが清楚になって戻ってきた。やったぜ。ありがとう糸ちゃん。

 

パパ号泣。だが次の瞬間、麦野に向かって「初君。俺がいつも優しいと思ったら大間違いだからな。カホコを不幸にしたらぶっ殺す」とささやいた。

 

この時点のSNSでの反応:

糸ちゃーーーん
このためのチェロだったよな
パパ怖いwwwwwwwwwwwwwww
泣くわこんなん

 

離婚しようか

★54分30秒(盛り上がり度:150)

カホコと麦野の結婚式は無事に執り行われた。新しい女王が誕生した瞬間だった。

 

一方、その後の根本家。パパとママが幼き日のカホコのビデオを見ている。

 

その時、ママがパパに向かって「ねぇパパ。離婚しようか」と切り出した。

パパは戸惑うが、ママは「カホコがいないと一緒にやることもないし。いいんじゃない。 私達」と述べた。

 

そんな事を言うママを、パパは抱きしめた。

 

パパの声でナレーション「この後どうなったは、皆さんのご想像におまかせするとして」。

 

この時点のSNSでの反応:

離婚wwwww
今度は離婚言いだしたぞお母さんww
ママ爆笑www

 

パパがママを抱きしめたシーン。あれは例によってパパの妄想だろうか・・・。

 

エンディング

★60分(盛り上がり度:288。今回最高の盛り上がり)

カホコと麦野の1年後が描かれた。カホコは言動がママに似てきて、麦野は夢をおいかけていた。糸ちゃんの誕生会を用意する。

 

絵に描いたようなハッピーエンド。

初代ばぁばは亡くなったが、それが家族を再び結びつけるきっかけになった。カホコは空を見上げ「青空見てるとばぁばのことを思い出す。どんなに辛くても、ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さないで生きていくから。見ててね、ばぁば」とつぶやく。

 

この時点のSNSでの反応:

すっばらしいドラマでした!
もうだめ、涙とまらん
家族っていいなぁ、と思った
めっちゃ感動した
本当に素敵なドラマだった
最高のドラマありがとうございました

 

最終回すばらしかった。期待通り、期待以上の最終回でした。

冒頭に書きましたとおり、「こう(ハッピーエンドに)なるんだよな」ってわかっていて、実際にその通りになって、でも期待以上のストーリーやセリフや俳優・女優の表現力で、何度も見返したくなるシーンがある。

そんなドラマじゃないでしょうか。糸ちゃんのチェロとかもうね。ママの暴走とかパパの優しさとか。すべてがまとまった。高畑充希さんの表現力だからできた。初くんも良かった。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

 

家族 素敵 最高」「感動 ありがとう」「パパ 怖い」「涙 出る」「竹内涼真 高畑充希 可愛い」「本当に幸せ」「結婚式 泣く」など多くの感想がコメントされた。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

かなり高い。

家族というテーマに真正面から取り組んだ。第1回から観てきて、途中ではキュンキュンする「麦野とカホコの恋愛パート」と、やや退屈だった「家族のパート」が別々のものに感じてしまって、うまくまとまるかと余計な心配をしたが取り越し苦労だった。

最後で二人の愛と家族の愛が調和していった。ママやパパをはじめとした個性的なキャラたちがそれを支えた。あの親戚の誰かに共感できる。酒を飲みすぎたり、グレたり、時には犯罪もして(本当はダメだがそれでも支えるのが家族だ)、いろんな人がいるのが家族だ。もちろん過保護に育っても孤独に育っても家族だ。

そういうことを考えさせられる、すっばらしいドラマになった。お疲れ様でした。

感想・評価過保護のカホコ

Posted by tomo