『きみが心に棲みついた』第1話の感想・評価。星名(向井理)がクズすぎて胸糞悪い。途中離脱者もいそう

感想・評価きみが心に棲みついた

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

TBS火曜ドラマ枠『きみが心に棲みついた(きみ棲み)』第1話(2018年1月16日22時0分~)の感想・評価の分析記事です。

主演は吉岡里帆さん。原作は天堂きりんさんの同名漫画。タイトルや予告映像などからしてキュンキュンする三角関係のラブコメ的話かと思ったんですが、まったく違いましたね。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

星名漣 役 向井理

投稿数:2149(1位), ユーザ数:1548(1ユーザあたり1.39回)
関連語:星名(477), 漣(12), 向井(1601), 理(1502), 怖い(217), 好き(120), イケメン(81), サイコパス(41), 演技 上手(31), 演技 胸糞(27), 演技 不愉快(25), 最低(22), モラハラ(15), ラストフレンズ(6)

1位は星名漣役の向井理さん。
今日子とは大学時代の先輩・後輩の関係(星名が先輩)。二人は交際(?)していたというか、星名が今日子を恐怖で支配していた感じ。
商社に勤務している。で、その商社が「Lapoire」を買収。「Lapoire」は今日子が務めている下着会社。
星名は事業立て直しのため「Lapoire」に出向してきて、今日子と再会する。
めっちゃモテそう。

小川今日子 役 吉岡里帆

投稿数:1264(2位), ユーザ数:908(1ユーザあたり1.39回)
関連語:小川(26), 今日子(118), 吉岡(842), 里帆(831), オガちゃん(5), キョドコ(299), 挙動(24), 演技 イライラ(23), 演技 上手(23), 不審(22), 演技 共感(21), ネジネジ(18), カルテット(17), ストール(10), ガッキー(8), 中尾彬(5), 逃げ恥(5)

2位は小川今日子役の吉岡里帆さん。
Lapoire」の材料課に勤務している。
大学時代は挙動不審で「キョドコ」と呼ばれていた。星名から酷い仕打ちを受け続け、恐怖で支配されていた。
現在も挙動不審。

SNS上では「逃げ恥」っぽい感じがする、あるいはみくり(新垣結衣、ガッキー)に似ている、寄せてきているのでは、という意見もあった。

吉崎幸次郎 役 桐谷健太

投稿数:655(3位), ユーザ数:509(1ユーザあたり1.29回)
関連語:吉崎(184), 幸次郎(2), 桐谷(476), 健太(397), イケメン(19), キュンキュン(9), 浦ちゃん(7), 救世主(4), ルート(3)

3位は吉崎幸次郎役の桐谷健太さん。
出版社に勤務する編集者。ストレートな物言いをする。
今日子とは合コンで知り合う。
今日子は彼の自然体な態度に憧れ、一方的に話をしたり、交際を申し込んだりしてしまう。

スズキ次郎 役 ムロツヨシ

投稿数:411(4位), ユーザ数:333(1ユーザあたり1.23回)
関連語:スズキ(14), 次郎(7), ムロ(394), ツヨシ(173), 笑(36), キャラ(11), LIFE(7), 漫画家(8), オアシス(4)

4位はスズキ次郎役のムロツヨシさん。
俺に届け! 響け!」という漫画を連載している漫画家であり、担当編集者が吉崎。
このドラマには石橋杏奈さんも出演しており、二人の共演は「LIFE」(NHK)感があるという意見も。

堀田麻衣子 役 瀬戸朝香

投稿数:128(5位), ユーザ数:118(1ユーザあたり1.08回)
関連語:堀田(36), 麻衣子(0), 瀬戸(82), 朝香(86), 先輩(6), イノッチ(5), 救い(3), 味方(3), 綺麗(3)

5位は堀田麻衣子役の瀬戸朝香さん。
Lapoire」に勤務するデザイナー。今日子の理解者で、いつもフォローしてくれる先輩。しかも今日子の実力や努力も認めていて、いつか二人でブランドを立ち上げようと言ってくれる。

飯田彩香 役 石橋杏奈

投稿数:105(6位), ユーザ数:88(1ユーザあたり1.19回)
関連語:飯田(39), 彩香(0), 石橋(57), 杏奈(66), LIFE(9), 痩せ(7), 痩せた(7), 好き(5)

6位は飯田彩香役の石橋杏奈さん。
Lapoire」に勤務していて、今日子とは同期であり、同じ材料課。リーダーに抜擢されている。
仕事で成果を上げたいという欲があるタイプと見える。星名に利用されそう。

八木泉 役 鈴木紗理奈

投稿数:74(7位), ユーザ数:63(1ユーザあたり1.17回)
関連語:八木(20), 泉(11), 鈴木(41), 紗理奈(42)

7位は八木泉役の鈴木紗理奈さん。
ラストで登場した。関西弁でしゃべるデザイナーである。今日子にいきなり「呼ばれたら早よ来いやボケ!」と言ってしまう。
今日子は彼女のプロジェクトのメンバーとなる。

為末れいか 役 田中真琴

投稿数:53(8位), ユーザ数:44(1ユーザあたり1.20回)
関連語:為末(4), れいか(1), 田中(42), 真琴(46), 可愛い(8)

8位は為末れいか役の田中真琴さん。
吉崎の後輩にあたる編集者。吉崎のことが好きな様子である。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:怖い(472), イケメン(124), 無理(122), 挙動 不審(118), 中尾 彬(88), サイコパス(76), 胸糞 悪い(67), 三角 関係(67), 重版 出来(64), 中尾 巻き(60), 精神 的(46), ラブコメ(34), 最低 男(23), チャンネル 変えた(22), マインドコントロール(20), 気分 悪い(19), アイナ(79), キュンキュン(19)

星名に関する言葉が多い。「重版出来」では漫画家になれなかったムロツヨシさんが、漫画家になってて感慨深いという意見も。

アイナ」は挿入歌(MONDO GROSSO「偽りのシンパシー」)を歌っているアイナ・ジ・エンド(BiSH)のこと。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

星名、思ったよりクズだった

★45分30秒:盛り上がり度:151(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:向井(25), 怖い(13), 無理(7), サイコパス(4), クズ(4)

初回最大の盛り上がりを見せたのは、星名のクズっぷりが明らかになった場面。

大学時代の回想シーン。

星名は今日子に「俺のためならなんでもできるって言ったよな」と言い、他の学生仲間たちにハダカを見せることを要求した。星名はそれと引き換えに「もしやってくれたら、他の女、全部切っても良いよ」と。

今日子は星名のその言葉を本気にして、ショーは実行された。

 

だがその後、星名は今日子に「汚い手で触んな! 人前で簡単に脱ぐ女と付き合うほどバカじゃねえよ!」と吐き捨てた。

回想シーンが終わると、Lapoireのオフィス。星名は今日子に「人は変われない。一生。お前はお前から逃げられない」と言った。

お芝居とはいえ、SNS上ではムカつくとか、無理だとかいう意見が多くあった。また、事前に想定していたドラマの内容のイメージと違う、という意見も多かった。

この時点のSNSでの反応:

向井理クズ過ぎる
このドラマえげつねぇ…
なんか無理かもこのドラマ
胸くそわりぃ~
滅茶苦茶ムカつく
私次回から見られないかも知れない

 

吉崎からの電話

★48分30秒:盛り上がり度:114
この時点の関連語:桐谷(11), 健太(9), 好き(5)

吉崎から今日子に電話がきた場面。

今日子は、吉崎が担当している漫画の感想を、手紙に綴って送っていた。

それを吉崎が読んで、電話をかけてきたのだった。吉崎は「丁寧な感想ありがとう」と言い、教えるのを嫌がっていた連絡先(メールアドレス)を今日子に教えた。

この時点のSNSでの反応:

吉崎さん優しいぃ~!
ツンデレ桐谷健太かわいくていいゾ
桐谷健太だけでよくねーかこれ

 

中尾彬のようなネジネジの理由

★60分:盛り上がり度:98
この時点の関連語:中尾彬(8), ネジネジ(3), 彬巻き(2)

今日子が、中尾彬さんのようにストールをネジネジにして巻いている理由が明らかになった場面。

回想シーン。今日子は元々、髪を三つ編みにしていた。だが星名は三つ編みを解き「こっちのほうがいい」と言った。

三つ編みは、今日子にとっては子供の頃、母親に(嫌いだけど)唯一してもらったことだった。今はお守りのような感じだという。

それを聞いた星名は「じゃあ、こうすればいい」と言って、今日子のストールをネジネジにしたのだった。

この時点のSNSでの反応:

そっちを巻いたんかーい!
ネジネジとか茶化されてるだけやん…
それ中尾彬やで

 

終了直後の感想

★68分:盛り上がり度:139
この時点の関連語:!!(29), 向井(17), ドラマ(16)

ラストでは、今日子が新プロジェクトのメンバーに入った。そのプロジェクトで八木泉と出会う。

前述の通り、八木は今日子にいきなり「呼ばれたらはよ来いやボケ!」と言った。そのプロジェクトには、星名も関与しているようだった。

放送終了直後にはSNS上に多くの感想が投稿された。単純な「面白い」と言った投稿は少なめ。イライラするけど続きが気になる、視聴は継続しようといった意見があったり、もう見たくないという意見もあった。あととりあえず向井理さんが怖かったという意見も多かった。

この時点のSNSでの反応:

終始、向井理が怖かった…
里帆ちゃん可愛い
迷ったけどこれは引き続き見るわ
見続けるにはしんどいわー
これからも見るか悩むなぁ
主人公にイライラすんのに全部見てしまった、来週も見よう

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。

今日子、星名、吉崎の三角関係であるが、特殊な関係である。

 

星名は、大学時代に今日子を恐怖で精神的に支配していた。

今日子は星名から逃れたいと思っている(はずだ。まさかまだ好きなのか!? でもドラマのタイトルからして、星名が今日子の心に棲みついてるんだろうなぁ)。

そして今日子は、ストレートにものをいう自然体な吉崎に憧れている。これが恋愛感情なのかははっきりしないが、交際を申し込んだことからすれば一応恋愛感情はありそうではある。

吉崎は、初回時点ではまだ今日子にそれほど惹かれていなかったと思うが、徐々に惹かれていくことになる。

 

次回も、この3人を中心とした人間関係が描かれると思われる。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後9分間の各値。

・投稿数:8917(Q1:1180, Q2:1646, Q3:2568, Q4:2361, 放送後9分間:1162)
・ユーザ数:3730(Q1:580, Q2:906, Q3:1577, Q4:1319, 放送後9分間:1074)
・SNSでの影響度数(独自指標):8927

 

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

かなり低い評価となった。初回からこれはちょっと痛い。

盛り上がりグラフで見ると、序盤はやや緩慢だったし、最も盛り上がったのは星名が今日子にひどいことするシーンで、その後はそれ以上の盛り上がりがなく終了した。普通のドラマであれば終了前後のシーンで最も盛り上がり(続きが楽しみになるような盛り上がりであればなおよい)、SNS上ではその回の総括的なコメントが多く投稿されるというもの。だがあの胸くそ悪いシーンが最大の盛り上がりだったということは、他のシーンはそれ以上の魅力がなかったということになると思う。また、胸くそ悪すぎて離脱した人もいたと推測される。

 

役柄上、向井理さんにネガティブなコメントが集まるのはわかるが(あれだけクズの役だったら)、吉岡里帆さんにもネガティブなコメントが多くあった。彼女を見て助けたくなる人、逆にイライラする人、強く共感できる人、まったく共感できない人、はっきり分かれそう。およそ2:1ぐらいの割合で「共感できる」という意見があったが、後半にいくにつれて「共感できない」派が多くなっていった。それは吉岡里帆さんの演技の問題なのか、脚本の問題なのかは今のところわからない。

 

あと全然このドラマの感想とは違うけど、予告映像や事前の告知から、このような苛烈な展開は予測しづらかった。こういう展開ならこれで好きだという人もいるはずで、予告映像や予告の仕方をもう少しなんとかならないかなと思う(キャストがバラエティ番組や情報番組に出て楽しくドラマの宣伝するやり方、こういうドラマの場合はもうちょっと見直しては!? と思ったりする)。

 

色々書いたが、吉岡里帆さんのファンならけっこう、おっと思ういいシーンもあって観ていて損はないと思うし、また向井理さんのあの恐ろしい感じが好きな人にもたまらないと思う。