『越路吹雪物語』初恋相手「帝大さん」こと福本亮一(町井祥真)が登場-第13回

感想・評価越路吹雪物語

(注)回番号がずれていたため修正しました。お手数ですが、タカちゃんこと天代麗(音月桂)のモデル、神代錦については第12回の記事を御覧下さい。

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

テレビ朝日 帯ドラマ劇場枠『越路吹雪物語』第3週・第13回(2018年1月24日12時30分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は美保子に初恋の人が現れました。美保子ももう16歳ですからね。恋ぐらいは。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

河野美保子 役 瀧本美織

投稿数:53(1位), ユーザ数:36(1ユーザあたり1.47回)
関連語:美保子(0), 越路(7), 吹雪(4), コーちゃん(31), こーちゃん(9), 瀧本(8), 美織(9), にゃんこ(3), 天真(3), 爛漫(3)

1位は河野美保子役の瀧本美織さん。
今回のラスト。時子と一緒にサインを作ることになってルンルン気分の美保子の顔が、ちょっと、にゃんこスター(アンゴラ村長)っぽいと評判だった。

岩谷時子 役 木南晴夏

投稿数:29(2位), ユーザ数:19(1ユーザあたり1.53回)
関連語:時子(23), 木南(5), 晴夏(5), 時ちゃん(0), お時さん(4), 上司(3)

2位は岩谷時子役の木南晴夏さん。
歌劇」編集部に入り、読者コーナーを担当することになった。

森継男 役 崎本大海

投稿数:16(3位), ユーザ数:14(1ユーザあたり1.14回)
関連語:崎本(5), 大海(3), 森(12), 継男(0)

3位は森継男役の崎本大海さん。
歌劇」の編集部員。時子や美保子に思うことがあるようで、時子には特定の劇団員をひいきするな、と叱る。

福本亮一 役 町井祥真

投稿数:12(4位), ユーザ数:8(1ユーザあたり1.50回)
関連語:福本(0), 亮一(0), 帝大さん(9), 阪大さん(0), 町井(3), 祥真(0)

4位は福本亮一役の町井祥真さん。
美保子の初恋の人となる。食事処で出会った(というよりも、美保子が彼を一方的に見た)阪大の帽子をかぶった学生。「阪大さん」や「帝大さん」と呼ばれる。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:にゃんこ スター(7), 天真 爛漫(7), アメリカ 公演(7), 帝大 生(4), 阪大 帝大(4), トンチキ(4)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

帝大さんとの出合い

★9分:盛り上がり度:14(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:一目惚れ(1), リアクション(1), わかり(1), やすい(1)

食事処にて。美保子が、学生さんに一目惚れした場面。

美保子は珍しく食事の手を止め、彼を見つめた。恋の色が顔に出ていたし、恋の鐘が鳴っていた。

この時点ではまだ彼が何者かわからない。ただ、阪大(大阪帝国大学)の学帽をかぶっていたということで、「阪大さん」や「帝大さん」と呼ばれることになった。

彼は美保子の初恋相手となる、福本亮一。

 

時子、ひいきするなと注意される

★17分:盛り上がり度:11
この時点の関連語:サイン(2)

美保子はサインを考えなければならない。時子と一緒に考えることにした。美保子はルンルン。

 

しかしそこで森が、時子を呼び出して「サインの件は、機嫌を損ねないようにして断れ。俺たち編集部員が一番やっちゃいけないのはえこひいきだ。他の団員たちがどう思う?」と注意した。

そして「お前がこの仕事を腰掛け程度に思ってるなら、好きにすればいいけどな」と、余計な言葉も言った。

この時点のSNSでの反応:

えこひいき。たしかにそうかもしれないけど
森ちゃんちっせー
確かにごもっともではある

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

 

今回、宝塚歌劇団がアメリカで公演を行った、という描写があった。

史実によると、このアメリカが行われたのは1939年。史実上では、美保子の宝塚歌劇団入団と同じ年である(ドラマでは美保子の入団は1年遅れ)。

宝塚歌劇団はこの前年に、欧州公演も行っていた。

 

今回初登場した福本亮一役の町井祥真さんは、2016年から翌年にかけて放送された「仮面ライダーエグゼイド」で敵の役(グラファイト)を演じている。

彼のモデルはまだ確定できない。追って伝えていく。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:247(Q1:29, Q2:73, Q3:70, Q4:61, 放送後3分間:14)
・ユーザ数:63(Q1:22, Q2:34, Q3:40, Q4:32, 放送後3分間:14)
・SNSでの影響度数(独自指標):325

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回も極端な評価になってしまって申し訳ない。

美保子パートと、時子パート、それに時々思い出したように八重子パートが絡んでくる、という展開が続きそう。

サインの件、長引きそう。森がどんな行動にでるか・・・。

感想・評価越路吹雪物語

Posted by tomo