『越路吹雪物語』乙羽信子や淡島千景が退団。越路吹雪にも決断の時が迫る-第29回

感想・評価越路吹雪物語

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

テレビ朝日 帯ドラマ劇場枠『越路吹雪物語』第6週・第29回(2018年2月15日12時30分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は退団ラッシュ。これを見て、コーちゃん自身も思うところがあるようです。

それぞれの方の進路については、例によって後述のネタバレ解説のところで簡単に触れておきますね。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

河野美保子 役 瀧本美織

投稿数:44(1位), ユーザ数:22(1ユーザあたり2.00回)
関連語:美保子(0), 越路(1), 吹雪(1), コーちゃん(23), こーちゃん(11), 瀧本(5), 美織(8), 宝塚(5), 男役(4), 舞台(3), やらかし(3)

1位は河野美保子役の瀧本美織さん。
次々に卒業していく生徒たちを見て、コーちゃんは何を思う!?

加治(乙羽)信子 役 咲妃みゆ

投稿数:41(2位), ユーザ数:27(1ユーザあたり1.52回)
関連語:乙羽(6), 信子(4), 咲妃(4), みゆ(9), ゆうみちゃん(16), 加治(0), オカジ(15), 映画(6), 卒業(6)

2位は加治(乙羽)信子役の咲妃みゆさん。
宝塚を退団する。

映画会社と専属契約を結ぶ。
なお宝塚の何倍もの給料をもらうようだ。

中川慶子(淡島千景) 役 花乃まりあ

投稿数:31(3位), ユーザ数:26(1ユーザあたり1.19回)
関連語:中川(0), 慶子(0), 淡島(9), 千景(10), 花乃(12), まりあ(4), かのちゃん(4), けいちゃん(6), 卒業(7), 映画(6), 女優(4), セリフ(3), 退団(3)

3位は中川慶子(淡島千景)役の花乃まりあさん。
娘役トップを務めていたが、宝塚を退団し、映画女優になることを決意する。

宝塚の舞台はやりがいがあったし大好きだった。でも今は新しい世界に行きたい。失敗するかもしれないけど、挑戦したい」とのことだった。

岩谷時子 役 木南晴夏

投稿数:11(4位), ユーザ数:8(1ユーザあたり1.38回)
関連語:時子(3), 木南(0), 晴夏(0), 時ちゃん(0), お時(8), 訳詞(3)

4位は岩谷時子役の木南晴夏さん。
時子は、宝塚の舞台で歌われる外国の歌の訳詞をするようになっていた。

さすが神戸女学院大学部英文科卒。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:映画 女優(29), 卒業(26), 連鎖(11), 舞台(10), 森繁 久彌(7), フランス 語(4), お金 大事(4), 英文 科出(4), 涙 お美しい(4), 専属 契約(4), 舞台 映画(4), 辞める 退団(4)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

オカジも卒業へ

★8分30秒:盛り上がり度:13(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:卒業(5), みんな(2), 辞め(2), ゆうみちゃん(2)

おけいちゃんこと淡島千景に続き、オカジこと加治(乙羽)信子が宝塚卒業の意をコーちゃんに伝えた。

既に退団届を提出したという。

彼女のことについては後述のネタバレ解説で補足する。

この時点のSNSでの反応:

あああああおカジも卒業…
みんな辞めてくの?
次々に卒業していく

 

専属契約の月給

★11分:盛り上がり度:12

コーちゃんが、映画会社と専属契約するオカジの月給を聞く場面。

コーちゃん「宝塚みたいに月給もらうわけ?
オカジ「うん
コーちゃん「いくら? ねえ、いくらぐらいもらえるの?
オカジ「うーん、これ言っていいのかなぁ
コーちゃん「誰にも言わないから!
オカジ「絶対?

オカジ、コーちゃんの耳元でゴニョゴニョ。

コーちゃん「え? それって一年で?
オカジ「ううん、一ヶ月
コーちゃん「はぁ・・・宝塚の月給の何ヶ月分よ

オカジは親に迷惑をかけてきたということで、親孝行の意味もあるようだ。

コーちゃんの中の炎

★15分:盛り上がり度:11
この時点の関連語:ナレーション(2), 宝塚(2)

次々に卒業していく生徒を見て、コーちゃんが何か考えている場面。

コーちゃん自身も、自分の中にある小さな炎に気づいてしまった(ナレーション談)とのことだ。

いよいよ彼女も動き出すのだろうか。

コーちゃんが時子を連れ出す

★17分:盛り上がり度:12
この時点の関連語:連鎖(5), 連れ(2), w(1)

時子は理事長と何か話をしたようだ。

その後、コーちゃんは仕事中の時子を強引に外に連れ出した。

何かを相談したいようだが・・・。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

おけいちゃんこと淡島千景は、昭和25年(1950年)に宝塚に退団届を提出。しかし受理されず、解雇相当の処分となったようだ(あとで撤回されるが)。

所属したのは松竹で、同年にデビュー作(てんやわんや)が公開されている。1956年にはフリーに。東宝系の映画に多数出演するようになる。

 

オカジこと乙羽信子も昭和25年に退団。所属先は大映。同年にデビュー作(處女峰)が公開されている。しかし1952年には近代映画協会制作の「原爆の子」に出演。この出演に大映側は反発。これをきっかけにオカジは大映を退社し近代映画協会へ。

 

一方、越路吹雪は1950年に宝塚に所属のままで映画出演しているが、結局、1951年には退団。東宝に所属する。

その時、小林米三(宝塚創始者・小林一三の三男、当時は阪急の取締役で、後の宝塚歌劇団理事長)や小林冨佐雄(小林一三の長男。東宝社長)らの相談の結果、社命として岩谷時子が東宝に入社。それ以来、越路吹雪のマネージャーとなる。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:237(Q1:39, Q2:59, Q3:73, Q4:62, 放送後3分間:4)
・ユーザ数:59(Q1:22, Q2:33, Q3:33, Q4:32, 放送後3分間:4)
・SNSでの影響度数(独自指標):278

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

今回は第29回。いよいよ次回で、全60回のうちの半分が終わることになる。

いよいよみんな退団していき、コーちゃんにも決断の時が迫っている。

前述のネタバレ解説のところで少し書いたが、コーちゃんの退団(及び岩谷時子が彼女のマネージャーになる)ところでは、宝塚歌劇団の創業家の人たちが登場してもおかしくない。歴史的にも意義あることだから登場してほしいなぁとも思うが、どうなるか。

感想・評価越路吹雪物語

Posted by tomo