『今からあなたを脅迫します』画面(カメラ)揺れと武井咲のお腹が気になる第1話感想

感想・評価今からあなたを脅迫します

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

日本テレビ日曜ドラマ枠『今からあなたを脅迫します(今キョー)』第1話(2017年10月15日22時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

原作は藤石波矢の小説「脅迫屋」シリーズです。

 

ドラマの仕上がりとしては、おどろおどろしいタイトルとは裏腹に、ゆるーいミステリーのような感じです。妊娠されている武井咲さんに配慮したのか(!?)アクションも激しすぎませんでした。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位は脅迫屋・千川完二役のディーン・フジオカさん。優しい脅迫屋さん。振り込め詐欺被害にあったお年寄りの夫婦のお金を取り戻すために、脅迫を繰り返す。

2位はハッカー・栃乙女役の島崎遥香さん。脅迫屋の一味のハッカー。ハッカーというよりサイバー部門全般担当といった感じですね。

 

3位は金坂澪役の武井咲さん。女子大生。古いアパートに住んでいるが、実は祖父の轟雄之助(近藤正臣)から100万単位で現金での送金があり、お金はたくさん持っている。だがそのお金は自分のためには使いたくないらしい。悩みがあるときはおはぎを作る癖があるという、謎多きお嬢さん。

 

4位は盗み屋・目黒役の三宅弘城さん。脅迫屋の一味の空き巣担当。盗み屋という割にはけっこうのんきな性格や喋り方をしている。

 

5位は振り込め詐欺犯・佐藤貴志役の稲葉友さん。初回ゲスト。振り込め詐欺犯である。

 

6位はバー青龍の店員・ロビン役の蛭子能収さん。蛭子さん、時々にドラマに出演するが、衝撃的な演技力(悪い意味で)を見せつけてくれる。

 

7位は澪の隣に住む京田カオル役の鈴木伸之(劇団EXILE)さん。澪の隣に引っ越してきた。おはぎはつぶあん派。

8位は澪の友人・ぱるこ役の佐藤玲さんでした。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

カメラが揺れて気持ちが悪い

★23分(盛り上がり度:82)

第1話の設定を簡単に言うと、佐藤が振り込め詐欺犯で、千川は被害者の老夫婦からの依頼で被害金600万円を取り戻そうとしている。しかし佐藤は、恋人がその金を持ち去って逃げたと主張。

だが、その恋人は亡くなってしまった。佐藤の上にいたヤクザ組織の仕業だと思われる・・・というもの。

 

佐藤からカネを取り戻せないと悟った千川らは、彼の自宅を捜索して金目のものを盗む計画を思いついた。ハッカーの栃乙女が佐藤の留守を確認し、目黒が佐藤宅へ向かった。

なお、ハッカー栃乙女は、千川がゴミ当番と掃除当番をサボっていることも指摘した。

 

 

と、この場面で本ドラマ初めてのCMとなった。CM中には、SNSにドラマの感想が多く投稿される傾向にある。

このCM中に視聴者からの感想が色々投稿された。島崎遥香(ぱるる)さんが可愛いとか、ディーン・フジオカさんが格好いいとか。

 

そういう感想に混じって、気になる指摘もあった。

画面の揺れや、それによる酔い、気持ち悪さの指摘だ。確かに揺れている。じっと観ていると気持ち悪くなってくる揺れだ。

これはカメラの手ブレのレベルではなく、おそらく「誰か第三者が撮影している」風にする演出で、わざと揺らしているのだと思う。(ただの手ブレだったらごめんなさい!)

一度気になるとかなり気になってしまう揺れだ。人によっては酔ってしまって気持ち悪くなり、視聴を継続できないかもしれないので心配である。

 

ゴー! ロケンロー! ア~イェイ!

★43分(盛り上がり度:71)

佐藤が、振り込め詐欺で得た利益を上部のヤクザ組織に上納しないということで、ヤクザ者たちが佐藤の自宅に乗り込んでいた。

澪もその場に居合わせてしまって、縄で縛られてしまった。

 

そこを千川たちが襲撃。部屋の電気を消し、催涙ガス(!?)などを使ってヤクザ者たちを打ちのめした。

アクションシーンだった。

 

視聴者が注目したのは、千川が襲撃時の合図として発言した言葉。「ゴー」で突入&ブレーカーオフ、「ロックンロール!」が戦闘開始、目黒が「ア~イェイ!」と応じる。

字幕では、はっきりと「ロックンロール」と書いてあったが、ディーン・フジオカさんの発音が良すぎて「ロケンローウ」ぐらいに聴こえた。聴こえ方は人それぞれだから、自分なりの答えをみつけてほしい。

この時点のSNSでの反応:

ロックンロールの発音が良すぎるw
発音イケメンwww
なにいまのろっけんろー!

 

蛭子能収さんの演技力

★64分(盛り上がり度:68)

バー青龍の店員・ロビンとして蛭子能収さんが登場。

もし無理してるなら、誰かがとめてあげないと。意外と、無理してる人って、自分が無理しているって気づかないものだから

良いセリフなのだが、入ってこない。いかんせん蛭子さんそのままって感じで、たどたどしくて、まあ言っちゃ何だけど棒読みだった。でもロビンって外国人の役だから、この日本語の発音のたどたどしさがいいのかな。

この時点のSNSでの反応:

蛭子さんが蛭子さんでしかない
ロビン蛭子さんボー読み
蛭子さん、カタコト似合うww

 

次回、ディーン・フジオカさんウィンク

★67分30秒(盛り上がり度:105。今回最高の盛り上がり)

事件の真相としては、借金まみれだった佐藤がヤクザ組織への詐欺利益金の上納をせず誤魔化すために、恋人を葬ってその恋人にカネ持ち逃げの罪を着せた、っていうものだった。

被害金600万円は老夫婦のもとに戻り、脅迫屋たちはその中から報酬の60万円を手に入れた(千川は、澪からも佐藤の住所の情報料名目で100万円を得た)。

澪は、自宅に現金で数千万の大金を持っているが決して自分のために使おうとしない。他人のためだったらホイホイと使ってしまう。情報提供料100万円もポンと出したし、数百万、数千万のカネだったらポンと出す勢い。だが、どこか正義感がある。

不思議な感じのミステリーだった。

インスタに良さげな画像があったので貼っておく。

 

最後の盛り上がりポイントは、次回予告でディーン・フジオカさんがウインクした場面だった。

この時点のSNSでの反応:

ウィンクきたーーーーーー
なに今のかわいいウインク
ディーン様カッコいいな

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

右下の「蛭子 演技www」は前述の通り。

また、右上の方にある「カメラ 画面 揺れ 酔う (気持ち)悪い」は、前述した画面、カメラの揺れに関する指摘コメントだ。

夏木マリ 入る」は、千川が言った「飛んで火に入る夏木マリ」というギャグだ。

さらに「武井咲 お腹」というのは、39分の場面において、武井咲さんがヤクザ者にお腹を殴られた場面のこと。御存知の通り、武井咲さんは妊娠中。よく見れば直接殴られる描写ではないのだが、心配した視聴者もいたようだ。

こういう状況なので、武井咲さんのお腹がどうしても気になってしまうのはしょうがない。目立つレベルで膨らんでくることはないと思うが、どうだろうか。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

高めの評価となっている。

武井咲さんの妊娠は、ドラマにどの程度影響するだろうか。武井さんが絡むアクションシーンとか、もしかすると削られたり演出を変更されたかもしれない。

今回もディーン・フジオカさんらのアクションシーンがあってカッコよかったが、それほど激しくもないし長くもなかった。武井さんは部屋の隅で縛られていただけだった。色々と心配してしまうが、ご懐妊は喜ばしいことだからあまり過度に気にするのはやめる。

 

また、SNS上では役者陣の演技について、けっこう辛辣な意見が相次いでいた。誰とは書かないけど、蛭子さん以外にも複数人、下手とか酷いとか。確かにやや演技面では物足りないドラマだと思った。詳しくは次の機会に書くことにする。

 

前期この枠で放送されていた「愛してたって、秘密はある」とは打って変わって、何も難しいことを考えずに楽しめるドラマとなっている。もし色々と気になったら原作を読めばいいし。穏やかな気持ちで視聴できますね。