『今からあなたを脅迫します』スナオ(間宮祥太朗)登場でSNSの傾向に変化-第6話感想・評価

感想・評価今からあなたを脅迫します

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

日本テレビ日曜ドラマ枠『今からあなたを脅迫します(今キョー)』第6話(2017年11月26日22時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回から新展開! とのこと。

いよいよお腹が目立ってきた澪(武井咲)は、都合よく(!?)病院に入院中。

代わって、ナンパ師を名乗るスナオ(間宮祥太朗)が脅迫屋一味に参加するという展開。SNS投稿の傾向に変化もありました。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は脅迫屋・千川完二役のディーン・フジオカさん。今回もオヤジギャグを放った。女、老人、子供に弱いという心優しい脅迫屋である。インスタに写真があったので。

2位はスナオ役の間宮祥太朗さん。今回初登場。ナンパ師。本名は須藤直人、ということから略してスナオ。病院の澪をナンパする。砂時計を持ち歩き、3分間だけ話す時間がほしいというのが彼の手口。

遺留捜査の糸村かよ・・・。

 

3位はハッカー・栃乙女役の島崎遥香さん。毎回ファッションが話題になる。今回も1話のなかで衣装や髪型をチェンジした。

 

4位は金坂澪役の武井咲さん。病院に入院中(入院するほどの症状か!?)。これは妊娠に配慮して脚本が書き換えられたかな、と余計な心配をしていしまう。

 

5位は盗み屋・目黒役の三宅弘城さん。

6位は来栖稚奈役の松下奈緒さん。デザイナー。千川やスナオが着ていたTシャツをデザインした。4年前に亡くなっている。千川の恋人だったようだ。今後の展開の鍵を握ると思われる。

 

7位は蔵井役の飯塚悟志さん。神奈川県横浜市東区のケースワーカー。生活保護の申請者に対応しているが、裏では悪事を・・・。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

今回の盛り上がりポイントトップ3はすべて、千川とスナオの共演場面だった。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

ダサイ治

★19分(盛り上がり度:37)

千川とスナオの会話のシーン。

 

千川「君、名前は?

スナオ「スナオって呼ばれてます

千川「さっきから気になってたんだけど、砂時計だから、すなお? ちょっとダサくない? ダサイ治だよ

スナオ「ハハハハ(笑)・・・ダサイ治・・・ダサいで・・・治・・・最高ですね(笑)

 

ようやく千川のギャグを理解してくれる人が現れたか! ・・・と思ったが、千川は嬉しそうな顔もせずその場からすぐに立ち去った。

この時点のSNSでの反応:

笑ってくれるなんて
オヤジギャグ笑ってくれる人現れたで
ダジャレ笑ったのに嬉しゅうないんかい

 

兄貴、カッケー!!

★32分(盛り上がり度:39)

今回のゲストで小学生の北条愛梨(横溝菜帆)が、母親を助けてほしいと千川に依頼。

千川は料金としてささやかな小銭(おそらく280円)を受け取った。

 

千川は焼き芋を購入し、それを割って「君からの依頼を受けた印だ」と言って一片を愛梨に渡した。愛梨はだまってそれを食べた。千川は「んー! 絶妙な焼き加減。美味しい?」と声をかけた。

 

その様子を見ていたスナオが「兄貴、カッケー!」と言った。

この時点のSNSでの反応:

芋渡す姿までかっこええ
いつの間にかアニキになってるし
おいものおじさんやさしい

 

お前は黙ってローマ帝国

★39分(盛り上がり度:42。今回最高の盛り上がり)

ヤミ金融業者の佐々木(髙橋洋)と、ケースワーカーの蔵井は、グルだった。同級生だった二人が結託し、生活保護を受けていたシングルマザーの受給を打ち切り、借金漬けにしていた。

 

目黒は「佐々木と蔵井、あいつらまとめて脅迫するか?」と言ったが、スナオは「脅迫なんてできるんですか? こないだ失敗してましたよね?」と発言。

 

そのスナオの発言に対して千川はすかさず、「見習いは余計な口をはさむな。お前は黙ってローマ帝国!」とオヤジギャグを放った。

 

スナオはまたしても「グフフハハハ(笑)・・・!! ローマ帝国(笑)ハハハ!」と大笑い。

その様子を見た栃乙女は「馬鹿なの!?」とツッコミを入れた。

 

この時点のSNSでの反応:

ナンパ師やっぱり沸点おかしいwwwww
間宮祥太朗草生やし過ぎwww
ダジャレで笑ってくれるいい人やん

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトのあらすじも参考に。

 

今回は、借金漬けにされたシングルマザー・あかねをめぐる話だった。

 

生活保護者に対して親身になるべきケースワーカーの蔵井と、ヤミ金融業者の佐々木が結託。

生活保護受給者に闇金から借金をさせ、それを理由に(収入があったとみなして)生活保護を打ち切る、というのが彼らの手口。

佐々木としては借金の貸付先が増えるし、蔵井は担当する受給者が減って仕事が楽になる、ということで利害関係が一致した。(ただしこの手口には大いに疑問がある。感想の箇所で後述する)

 

最後は千川らが蔵井を脅迫して事件を解決。

ただ、その後蔵井は亡くなってしまった。この謎は次回に続く。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

本多正信」とあるのは、澪の祖父・轟雄之助(近藤正臣)が、病院でひまつぶしに観るDVDとして澪に「相模国玉縄 太平記」を勧めたため。同作品の主人公は徳川家康の側近だった本多正信。近藤正臣さんといえば、昨年の大河ドラマ「真田丸」で本多正信を演じている。そんな小ネタだったけど、このドラマの視聴者層でこのネタがわかった人がどれぐらいいるかな・・・?

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回も「総合」は高いのだが、「面白い」は平均を少し下回る結果となった。

 

このドラマにおいては第1回、第3回を除き同じような評価の傾向となっている。

前回も書いたとおり、ストーリーとしては並かそれより少し下回るが、キャストの魅力があり総合的には高い、ということと推測される。

 

間宮祥太朗さん出演の影響

前回と違う傾向としては、ディーン・フジオカさんのファン(推定)を除いた場合の盛り上がり傾向だ。

8分はスナオと澪の初対面の場面、39分は黙ってローマ帝国(千川とスナオ)、52分30秒は蔵井が亡くなったとわかりスナオが怪しかった場面。

 

前回は、ディーン・フジオカさんのファン層であろうとなかろうと、同じようなポイントで盛り上がっていた(ちなみに前回の主要ゲストは新戸部(袴田吉彦))。

 

今回は、ディーン・フジオカさんのファン層以外の盛り上がりポイントはすべて、間宮祥太朗さんの出演シーンだった(そのうち1つはディーン・フジオカさんとの共演シーン)。

 

これまでは、SNS上ではディーン・フジオカさんと島崎遥香さんのファンの影響がかなり大きかった(特にディーン・フジオカさんのファン)が、このように盛り上がりが他のキャストへ分散するのは、ドラマにとっては悪くない傾向だとも思う。

ただし、SNSにおける総言及数は前回より1割程度減少した。既存の視聴者が離れた可能性がある。

 

事件がわかりにくい?

気になるのは、ストーリー本線での盛り上がりが少ないということ。

その理由かはわからないが、今回の生活保護をめぐる事件は正直わかりにくいと思った。

 

現実の世界でよく聞く事件は、裏社会の人間が(借金を背負った人に)生活保護を受給させるように仕向けるというもの。生活保護受給者から金を徴収し、彼らを食い物にするという事件。

このドラマでは逆に、生活保護を打ち切らせるという。たとえシングルマザーが身を売って金を作れたとしても、それに至るリスクが大きすぎるので、生活保護を受給させたまま金を徴収したほうが都合がいいと思うのだが。ケースワーカー側にしても、一人担当が減れば、その分別の仕事を与えられるわけで。蔵井の動機が何なのかよくわからなかった。

私は原作を知らないため、これが原作どおりなのかはわからないが。

SNSでも調べてみたが、今回の本線であるはずのこの生活保護受給打ち切り事件についての言及が極端に少ないのが寂しい。

 

キャストが魅力的で小ネタが面白いのはもうわかっているので(このドラマの視聴者にとってはそれだけで十分という見方もできるが)、やっぱりストーリーで魅せてほしいところもある。