朝ドラ『まんぷく』ヒロイン、安藤サクラの評判分析(今井/立花福子)役

キャストまんぷく

スポンサーリンク


(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

2018年度後期のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロインが、安藤サクラさん(31)だと発表されましたので、SNSの評判を分析します。

モデルは日清食品の創業者・安藤百福氏の妻・仁子さんです。脚本は福田靖さんだと発表されています。


この記事の目次

単純なネガポジ判定

まずはSNSの投稿データ1331件(情報解禁である2018年1月31日17時以降)について、単純にネガティブ/ポジティブの判定を行います(嬉しい、楽しみなどがポジティブ、逆に期待できない、ブス、などがネガティブと判定される)。

(いつもは複数人を同時に判定しているのですが、今回は安藤サクラさんだけ。なのでちょっとグラフが変ですけどお許し下さい)

役名キャスト言及数グラフ

1331件のうち、ヒロインや安藤サクラさんに言及しているのは、556件(約42%)。その他の58%は、脚本やモデルに言及している投稿や、単純に「楽しみ」などキャストに言及していない投稿。

ネガティブな投稿は少なく、多くのSNSユーザーはポジティブにこのキャスティングをとらえてるようだ。

注意点として「ブスだけど好き」といった投稿もあったが、これは「どちらでもない」と判定される。

関連語分析

SNSの投稿データから、俳優・女優名とともに投稿されている関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

今回は安藤サクラさんだけなので、彼女の関連語を示します。

関連語:安藤(91), サクラ(136), ヒロイン(441), 楽しみ(90), 嬉しい(36), 期待(31), 絶対(26), 見る(23), BK(22), 演技 楽しみ(11), 大好き(11), 最高(11), キャスティング(10), 実力(7), 演技 安心(7), オーディション(5), パイセン(4), 可愛い(4), ママゴト(3), 予想外(3), 梅雀(3)

 

普通、ヒロインが発表されたら「可愛いから嬉しい」とか「美人だから楽しみ」といった投稿が多い。が、今回に関しては「可愛い」という投稿は全体の0.9%にとどまった。また、素直な「美人」という投稿は確認されず、「平安美人」という投稿はあった。

そこは、NHK側としても期待していない部分かと思う。

先に示したように、それでもポジティブな投稿が多いのは「嬉しい」「楽しみ」「安心」などが極めて多く、また演技に関する安心感も高いようだ。

 

キャスト以外を含む関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

これは安藤サクラさんに限らない、ドラマ全体の関連語となる。

関連語:百円の恋(46), ママ ヒロイン(32), 旦那(30), 日清 食品(22), 尾野真千子(19), インスタントラーメン(17), 鎌倉物語 死神(17), 奥田 瑛二(16), 満島 ひかり(16), 藤山 直美(13), 安藤 和津(13), 江口のりこ(12), 名作 予感(12), オーディション(10), 惣兵 衛(10), 柄本 明(10), 角替 和枝(10), 夫婦(9), 新井 パイセン(8), 信頼 感(7), 安心 感(7), 演技力(10), 期待 感(7), 岡田 将生(7), 野田 ともうします(7), 新井 浩文(7), 頑張って ほしい(7), DESTINY(6), カーネーション(6), 存在 感(7), 名作(10), 楽しみ(194), 期待(68), 嬉しい(63), 柄本 佑(13)

 

百円の恋」を始め「DESTINY 鎌倉ものがたり」、「野田ともうします。」など、安藤サクラさんが出演した他のドラマの役のイメージが強い、という方が多いようだ。

 

尾野真千子さん、藤山直美さんの名前があるのは、彼女たちがかつて朝ドラのヒロインに選ばれたのと、安藤サクラさんが選ばれたのは雰囲気として似ているとか、似ている感じがあるという意見が多かったため。尾野真千子さんは2011年の「カーネーション」、藤山直美さんは2006年の「芋たこなんきん」。いずれも大阪放送局(BK)制作だった。BKっぽいキャスティングだ、という意見もあった。

オーディション」とあるが、今回のヒロイン選出はオーディションではない。

 

信頼感」「安心感」「期待感」といった言葉もあって、やはり可愛さや美人といったことよりも、演技を期待されていると思われる。

 

他のキャストに関する語

柄本佑」は、安藤さんの旦那さん。他には、「安藤和津」、「奥田瑛二」、「柄本明」、「角替和枝」といった親類の方の出演も希望する意見があり、関連語に現れている。

 

また、相手役、つまり日清食品創業者の安藤百福氏がモデルの役としては、実の旦那さんである柄本佑さんの他、「百円の恋」でも共演している新井浩文さんを推す声があった。

 

また、「江口のりこ」とあるのは、安藤さんと江口のりこさんがゴッチャになる、見分けがつかないという意見が複数あった他、安藤サクラさんの次は江口のりこさんの主演(ヒロイン)希望、といった意見もあったため。

 

「中村梅雀」 「堀ちえみ」は、以前に安藤百福・仁子夫婦がモデルとなっている役を演じていたことがあるため(2003年の連続テレビ小説「てるてる家族」)今回も出演を希望する意見があった。

「広瀬すず」「永野芽郁」は、それぞれ既に別の朝ドラのヒロインとして発表されている(永野芽郁=2018年度前期、広瀬すず=2019年度前期)。

共起関係

冒頭にも掲載したが、各語の共起関係(SNS投稿の文章中に、近くに存在する単語のつながりのこと)を以下の図に示す。

連続テレビ小説「まんぷく」は、同枠の99作目にあたる。大阪(BK)制作としては42作目。2018年10月1日に放送開始予定。