『民衆の敵』あらすじ、感想・評価、視聴率まとめ

2017年10月24日視聴率及びまとめ民衆の敵

フジテレビ月9枠『民衆の敵(民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~)』についての、感想・評価、視聴率のまとめ記事です。

各話のあらすじや、感想・評価の記事へのリンクを貼っていきます(順次更新)。視聴率についても入手できれば貼っていきます。

 

主演は、主婦から市議会議員となった佐藤智子役の篠原涼子さん。

他の主なキャストは、

智子の夫・佐藤公平役の田中圭さん。

智子の息子・佐藤駿平役の鳥越壮真さん。

 

政界のサラブレッド市議・藤堂誠役の高橋一生さん。

元アイドルで市議・小出未亜役の前田敦子さん。

若手市議・岡本遼役の千葉雄大さん。

農家の長男で市議・園田龍太郎役の斎藤司(トレンディエンジェル)さん。

 

市議会の重鎮・犬崎和久役の古田新太さん。

犬崎派の幹部市議・前田康役の大澄賢也さん。

犬崎議員の私設秘書・若宮寛役の若旦那さん。

 

市長・河原田晶子役の余貴美子さん。

河原田市長の秘書・望月守役の細田善彦さん。

 

デリバリーで来るお嬢さん・莉子役の今田美桜さん。

 

新聞社の元政治部記者で現在は社史編さん室に所属する平田和美役の石田ゆり子さん。

などです。

 

放送日時は月曜日・21時0分。

 

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

視聴率は9.0%→7.1%→7.5%

→7.6%→6.9%→6.5%→5.8%

※順次更新します。

各話あらすじ、感想・評価

第1話

職場への不満から仕事を辞めてしまった智子と公平の夫婦が、テレビで市議会議員が号泣会見しているのを観る。

公平によると、その議員は政務活動費400万円をアイドルにつぎ込んだという。同議員の年収は950万円。

 

智子はその年収に惹かれ、市議会議員に立候補することを思いつく。夫の協力をとりつけ、元政治部記者で現在は閑職にあるシングルマザー、平田和美も彼女に協力。

選挙では惜しくも次点で落選するが、当選したライバル候補が健康上の理由により当選を辞退。

 

智子が繰り上げ当選となった。議員デビュー初日、智子は市議会重鎮である犬崎の派閥幹部・前田康議員が居眠りしているところを目撃する。

智子は思わず前田の頭を叩いたのだが、これがトラブルへ発展していく。

 

第2話

犬崎派の幹部、前田の頭を叩いてしまった智子。

その様子の動画がネット上に拡散。大きな話題となってしまう。恥をかいた前田は、犬崎を通じて智子に「嘘でもいいから」議会で謝罪をするようにと圧力をかける。

智子は、その圧力に一度は屈したかに見せたが、議会では一転。「嘘はつけない」と言って圧力を突っぱねた。

 

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第3話

市内で誘拐事件が発生した。

誘拐された女児・かのんの母、裕子はシングルマザー。忙しくて、かのんのことは放置気味だった。

一方、誘拐犯とされた今井一馬は、仕事をやめて母の介護をする優しい青年だった。智子は、そんな一馬を知る老女から、彼が誘拐をするはずがないと陳情され・・・。

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第4

第4話では、地元の商店街と、その商店街に開設されたこども食堂についてのエピソードが描かれた。

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第5

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第6

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

『民衆の敵』第7話の感想・評価。視聴率もSNS投稿数も低迷

次回以降も順次追加します。