『脳にスマホが埋められた!』第2話-伊藤淳史と相楽樹のコンビだった

感想・評価脳にスマホが埋められた

読売テレビ『脳にスマホが埋められた!』第2話(2017年7月13日23:59~翌日0:54)を視聴しました。

見所はなんといっても主演の伊藤淳史さんと、ゲストの相楽樹さんとのコンビ。

このコンビはどこかでみたことがあるような。夫婦になりそう。

 

第2話も伊藤淳史さん(折茂)は相変わらずビクビク誠実系男子だったし、新川優愛さん(石野)は可愛かった。というか新川優愛さんやっぱり演技がしっかりしてる。可愛い顔して密かに企む感じがでている。彼女がいなかったらこのドラマはどうなっていたのだろうか。

伊藤淳史さんだけで引っ張るドラマではないし、それは難しいと思う。いや、伊藤淳史さんはいい役者だしちゃんとしてるし、頑張っているんだけど・・・。言いにくいけどキャラにちょっと飽きちゃってる部分もあると思う。そこで新川優愛さんですよ。彼女がMVP。

SNSで言及数を比べてみると、第2話に限っては、「新川優愛」と「伊藤淳史」では前者が後者の4~5倍ぐらい言及されている。主演はあくまで伊藤さんなのに!

 

さてここからは第2話のあらすじを含むネタバレがありますのでご注意下さい。ネタバレ回避したい場合は以下のボタンで。

ここからネタバレ部分です。

第2話のゲストは相楽樹さん(相馬美羽)で、彼女は折茂の元同じ職場の後輩。昔はブサイクでモテなかったが整形手術をして今はモテモテ。4人の彼氏がいるし、黒部社長(岸谷五朗さん)の愛人だとも言われている。

折茂もそんな彼女に色目を使われて落とされかけるが、スマホ覗き見能力により回避。

 

石野は黒部社長に恨みがあり、相馬を利用して復讐することを企む。しかし折茂は独断で、相馬の彼氏達がそれぞれ別の女性と結婚や同棲していることを調べ上げ、相馬に伝える。

相馬は改心し、今後は真剣に生きていくことを約束する。ただ、相馬は社長の愛人ではなかった。

 

相馬は黒部社長に声をかけられたが、一緒に食事をしたところで黒部社長は「偽物は苦手」という言葉を残して彼女の元を去っている。

黒部社長がなぜ相馬の整形を見抜くことができたのか、それはわからない。不明であるが、何かの能力者なのかもしれない。

なお林家ペーさん(本人役)も「脳にスマホが埋められた」能力者であることも示唆されている。

 

感想としては、相馬が改心するメインストーリーは、それほど何も感じることはなかった。ありがちは話でやや退屈だったかな。でも相楽樹さんと伊藤淳史さんのコンビってだけで観れる感じ。あと冒頭でも書きましたけど、新川優愛さん素晴らしいので彼女が出てくると眠気が覚める。女優専業になってほしいぐらい。

ここまでネタバレ部分でした。

このドラマは、伊藤さんと新川さんがメインキャラ。岸谷五朗さんがボスキャラだと思うのですが、サブキャラの筆頭であるメイプル超合金の安藤なつさんがもう少しグイグイ来て欲しいところでもある。

ただただ存在感はあるが、今のところそれだけに終わってしまっていてもったいない。あそういえば新川優愛さんと顔交換アプリ使ってた。あれは面白かった。アプリ使ってみたくなるね。

 

さて、例によって例のツールでドラマを評価してみた。好評価率は以下の通りである。

面白いか : 98.73%
期待できるか : 100.00%
可愛い・かっこいい : 92.86%
好きか : 91.67%
上手いか : 100.00%
その他 : 54.55%
トータル : 95.83%

結構高い。今期ドラマの中では最高クラスではないか。ただこれには理由がある。このドラマは深夜帯なので、つまらないと感じた時点で離脱あるいは睡眠が起こっていると思われる。なのでSNSで言及しているのはそういうのを乗り越えた層だといえる。しかしそうやって観ている層には好評だ。

 

ネタバレ部分で書いたが、新しい事実もわかってきて、むしろそっちをメインにしてほしいぐらい。同じパターンだと飽きられそうなので新展開希望です。

2017年7月14日感想・評価脳にスマホが埋められた

Posted by tomo