『この声をきみに』第1話-秋田県地震により24分で中断、9月15日に改めて放送へ

感想・評価この声をきみに

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHKドラマ10枠『この声をきみに』第1話(2017年9月8日22時0分~)を視聴しました。

驚きました。開始から23分、秋田県で大きな地震が発生。24分にはニュースに切り替わり、来週改めて放送されると告知されました。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

放送は中止されたのですが、24分までは放送されたのでその分で評価を行います。

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位は河合雄一役の戸塚祥太さんなんですが、まだ登場してないんですが期待感でしょうか。ジャニーズの「A.B.C-Z」のメンバー。これまで2本ぐらい(?)しかドラマ出演経験がなく、期待されていたのだと思います。

2位には主演・穂波孝役の竹野内豊さんが入りました。

3位には話し方教室の講師(代打)・江崎京子役の麻生久美子さん。4位にはその話し方教室の講師をするはずだった佐久良宗親役の柴田恭兵さんが入りました。

 

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

「変わりたいと思わないなら来なきゃいい。つまらない男」

★16分30秒(盛り上がり度:25)

穂波(竹野内豊)は、大学の准教授(数学)。しかし、講義は面白くなく、学生からの人気もない。プライベートでは、妻はなぜか怒って子供たちを連れて家を出ていき、離婚する可能性もあるようだ。

そんな彼は、あまりにも授業が面白くないとして、学部長から「話し方」教室へ行くことを指令される。

 

その教室の講師が江崎京子(麻生久美子)。

 

穂波の教室での態度は、つまらなさそうに講義を聞き、実習もやる気がなさそうで、他の生徒を見下すような態度でもあった。

 

その教室の帰りに、穂波はエレベーターで京子と居合わせた。

そして京子から「少しでも変わりたいと思っていないのなら、来なきゃいいのに。つまらない男」と言われてしまう。

 

この時点のSNSでの反応:

「嫌味を言って去る麻生久美子いいw」
「こんな出会いとは面白いww」
「つまらない男wwwww」

 

緊急地震速報、流れる

★24分30秒(盛り上がり度:35。今回最高の盛り上がり)

穂波が公園で、自分の息子と娘と会話する場面。

穂波が娘・舞花に「お母さんの新しい携帯番号教えてくれよ。直接話したいんだ。お母さんがなんで怒っているのかわかんないけど」と話しかけている時に、「緊急地震速報」が流れた。秋田県で地震だという。

 

子供たちは、新しい生活に満足しているという。一人しょんぼりと家に帰った穂波。

ここで、アナウンサーが登場。画面が切り替わり、秋田県での地震のニュースが始まった。

 

この時点のSNSでの反応:

「あああああああああああ」
「ええまさかの放送中断」
「秋田の方、身を守ってください」

 

放送休止告知

★33分(盛り上がり度:28)

秋田での地震のニュースが流れる中、テロップで「ドラマ10はお休みにします ご了承ください」と告知された。

 

来週改めて放送へ

★40分(盛り上がり度:21)

秋田での地震のニュースが流れる中、テロップで「ドラマ10 この声をきみに(1)は 来週あらためて放送します」と告知された。

 

NHK公式サイトでも同様の告知がされている。9月15日夜10時から本放送、21日午前0時10分から再放送がされる。

http://www.nhk.or.jp/drama10/myvoice/

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

途中から秋田地震のニュースが流れたため、その関連のコメントが多く投稿された。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

地震速報のためもう評価どころではないが、一応出してみた。低い。

 

第1回の途中までだったが、私としては期待感が高い。

数学というマニアックな世界で生きる孤独な男。「話し方教室」なんてクソくらえと思ってる態度。はっきり言って共感できる。私もプレゼン教室とか行ったことあるけど、「何が事実か」より「どう話すか」で価値が決まってしまうようなことにはちょっと違和感を覚えたことがある(でもビジネスだからしかたないのだ)。特に「数学」という真実を追求する学問に没頭する彼なら、話し方なんてアホくさいと思うのは、とてもよくわかる。

第1回は9月15日夜10時からあらためて放送されます。

感想・評価この声をきみに

Posted by tomo