ネタバレ対策について

2017年7月27日コラム

当ブログではネタバレ対策のため、感想・評価のページでは「ネタバレ部分」の前後に注意書きをし、さらにネタバレ部分の前には「ネタバレを飛ばす」ボタンを設置しています。

これがサンプルです。

 

ここからネタバレ部分です。

ここにネタバレが書かれる。

犯人はあいつだ、とか。

あいつは今後どうなるとか。

それに基づく感想も記述します。

 

以上サンプル。

ここまでネタバレ部分でした。

ネタバレを回避したい人は、上の「飛ばすボタン」を押して下さい。

ただ、うっかり「飛ばす」ボタンを通り過ごしてしまう人もいるかもしれないので、ネタバレ部分でも最初の方にはなるべくネタバレは書かないようにしてます。

 

また、歴史ドラマなどでは、歴史上の出来事はネタバレにあたらないものとしています。例えば

・関が原の戦いでは東軍が勝つ

・織田信長が本能寺で天下統一の夢を絶たれる

・西郷隆盛は西南戦争で亡くなる

といったものは有名で当然ですが、史実に基づくドラマ上の出来事はネタバレにはあたらないものとします。

 

これと同じようなことで、フィクションのドラマであっても過去作における出来事はネタバレにあたらないものとします。例えば、

・相棒の「ダークナイト」とは誰か?

などです。

 

ちなみに、小説や漫画が原作である場合、原作を読んでいる人は先の展開がわかることになりますが、このブログでは原作を読んでいない人に配慮して、原作の内容もネタバレ扱いにしますのでご安心ください。

 

また、視聴率に関する記事では、簡単なあらすじも書くことにしていますのでご注意下さい。

 

【以前のネタバレ対策】

以前は3ページ構成にすることによってネタバレ対策をしていました。しかし、スマホなどで観るとスクロール量が多くなってしまい、ユーザーの利便性を損なうおそれがあるため、この対策は廃止しました。

参考までに以前の対策はこちらです。

【参考】

当ブログではネタバレ対策のため、感想・評価の記事では「3ページ構成」にしています。

 

1ページ目はドラマの簡単な感想や、好評価率算出ツールによる評価を書いています。このページにはネタバレは含まれません。

2ページ目は、あらすじを書いたり、盛り上がりグラフを使って具体的なドラマの盛り上がり場面について記述しています。2ページ目にはネタバレが含まれます

3ページ目は、感想のまとめや締めのことば、次回に対する期待などを書かせていただいています。このページにはネタバレは含まれません。

 

つまりネタバレを回避したい人は、2ページ目を飛ばして読んでいただくようによろしくお願いします。

 

 

コラム

Posted by tomo