『脳にスマホが埋められた!』第1話-期待してなかったけど意外と面白い

感想・評価脳にスマホが埋められた

読売テレビ「脳にスマホが埋められた!」の第1話を見ました。

感想としては、一言で言えば何も考えずに気軽に楽しめるという作品。一話完結型で、一応大まかなストーリーはあるけど、発生する事件は一話で完結。

 

主演の伊藤淳史さん(折茂圭太)はこれまで演じてきたように、どこかおどおどしていて、頼りなくて、でも誠実な、といったキャラクター。そのままで、ぴったり役に合ってるというか、彼のために脚本を書いたのではないかという感じである。「電車男」ならぬ「電話男」。

伊藤さんを導く案内役ともいえる新川優愛さん(石野柳子)は、とにかくかわいくてそれだけでオッケー。この人、本職はグラビアアイドルやモデルさんなのかと思ったら演技もしっかりしてると思う。

やや不安なのは安田部々香を演じているメイプル超合金の安藤なつさん。第1話ではセリフが少なかったこともあってまだ評価はできないが・・・。やや棒読みの懸念が? まあ、あの体だけでインパクトがある。ドラマが架橋に差し掛かってシリアスなシーンに絡んでくるとどうなるか。

 

ここからネタバレがありますのでご注意下さい。ネタバレを回避したい人はネタバレを飛ばすボタンを押して下さい

ここからネタバレ部分です。

 

ストーリーとしては、「脳にスマホが埋められた」というタイトルの通り、伊藤淳史さんの脳にスマホが埋められるというもの。脳内のスマホでカメラを使ったり、録音できたりする。

しかしそれよりも「他人のスマホ画面を覗き見できる」というのがもっとも重要な点。これによって知りたくなかった情報も知ってしまう。「サトラレ」というのが昔あったけど、それに近いか。

新川優愛さんはなぜか「スマホが埋められた人」の存在を知っていて、ある程度の詳しい情報も知っているという役。伊藤さんに助言したり導いたりする。今のところこの2人以外は、伊藤さんの脳にスマホが埋められていることを知らない。

 

で、この設定で普通にストーリーを考えると、まず「他人のスマホを覗き見できるぜヤッホー!」みたいな事になり、その後「そんなことまで知りたくなかった(泣)」みたいな事になる、という展開なのかなと思ったのですが、全く逆。

伊藤淳史さんらしく、他人(竹ノ塚史郎、池田鉄洋さん)の本性を知ってしまって「こんな情報いらなかった。こんな能力いらないよ」みたいなことになって、その後に、その他人が改心しているのを知る、といった感じである。

まあ先入観があった私としては意外性があってよかった。

 

ここまでネタバレ部分でした。

 

第1話は、会社での話であったが、第2話では恋愛が絡んでくるようだ。不倫だ。ちなみに期間限定で見逃し配信もある。

http://www.ytv.co.jp/mydo/

 

とにかく、伊藤淳史さんがピッタリとした役で、彼のファンや彼の演技が好きであれば見てみたらいいと思いました。

あと新川優愛さんもけっこういいです。彼女のファンや気になってる人も観るべきと思いました。色々と教えてくれて導いてくれるお姉さんみたいな感じの役。しかも結構強気なキャラ設定で、やんちゃそう。

あまり期待してなかったけど次も結構楽しみです。

2017年7月7日感想・評価脳にスマホが埋められた

Posted by tomo