『奥様は、取り扱い注意』教え子(広末涼子)を意図的に妊娠させた大学教授(石黒賢)怖い-第5話

感想・評価奥様は、取り扱い注意

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

日本テレビ水曜ドラマ枠『奥様は、取り扱い注意』第5話(2017年11月1日22時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回は、前回までとはかなり違ったテイストとなりました。ゲストはおらず、奥様3人が家出をするという展開でした。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は伊佐山菜美役の綾瀬はるかさん。某国の元特殊工作員だったが主婦となって日常を送っている。毎回見せる格闘アクションが見所のひとつとなっている。毎回微妙に違った格闘技を見せると評判。

 

2位は伊佐山勇輝役の西島秀俊さん。菜美の夫。休日はおでかけをしたがらない。菜美はそれが不満だ。

 

3位は大原優里役の広末涼子さん。今回は主婦友3人でクラブに行くのだが、彼女だけは最初からノリノリだった。おそらく過去、お遊びになっていたのだろう。

 

4位は佐藤京子役の本田翼さん。菜美になついてくるのが可愛い。こんな可愛い奥さんを前にしてもアイツ・・・!

家出する本田翼さん。

 

5位は大原啓輔役の石黒賢さん。大学教授。子供の教育や世話を優里に押し付けている。優里を決して外で働かせようとしない。その理由は今回明かされる。優里はそれが不満だ。

6位はクラブで優里に絡んできた落合モトキさん。人妻とわかっていながら優里をナンパした男。しかしあえなく撃沈する。

 

7位は佐藤渉役の中尾明慶さん。京子に子供を作ろうとせまがれていながら、お茶を濁すような返事しかしない。京子の不満はそこにある。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

寂しがる旦那たち、羽根を伸ばす奥様たち

★23分30秒(盛り上がり度:76)

前述の通り奥様たちには旦那への不満がたまっていた。そして3人はついに家出を決行した。

 

旦那さんたち3人も集合。奥さんたちがいなくなって、ぽっかりと心に穴が空いたように寂しそうな3人。今頃奥さんたちは何をしているのかな、と3人で想像を巡らせる。

 

渉は「たぶん、彼女たちも今頃は寂しがってるんじゃないかな?」と言った。

 

だが奥さんたちは一切の寂しさも見せず、ラーメンを満喫していた。

 

この時点のSNSでの反応:

温度差wwww
まったく寂しがっていない奥様たちwww
羽を伸ばす奥様軍団

 

教え子を意図的に妊娠させた大学教授

★41分(盛り上がり度:77)

奥様たちに家出され、それなりに反省する旦那たち。

 

そんな中、啓輔が優里との馴れ初めを語りだす。

 

優里は啓輔の教え子だった。啓輔の一目惚れ。教え子に手を出した。

啓輔は「誰にも奪われたくない。自分だけのものにしたいと思いました。優里はキャリア志向だったんですが、しかし私は優里を社会に出したくはなかった。優里が社会に出て出会うであろう男たちに嫉妬をしたんです。だから卒業を前に、意図的に妊娠させました。優里は混乱して迷いましたが、結局、卒業を機に、私と結婚して子供を産むことを決断しました」と語った。

 

この時点のSNSでの反応:

うわ~この男サイテーすぎるわ
えええ…卑怯だわ
卑怯じゃない。怖い

 

友情のピーク

★54分(盛り上がり度:96)

奥様3人はクラブに行ったりして思いっきり家出を楽しんだ。

その最後に、優里が菜美と京子に、自分が乳がんの疑いがあることを告白した。詳細な検査結果を待っている状態だという。

 

家出して朝帰りしたその日、3人で病院に行った。結局、優里は乳がんではなかった。定期的に検診して様子を見なければならないということだったが。

ほっとして抱き合う3人。

 

ここで菜美の声でナレーション。

思えばこの時が、私達の友情のピークだったかもしれない。この少し後に起こるある事件が私達の友情を激しく揺さぶることになる

この時点のSNSでの反応:

友情のピーク早すぎるでしょw
ここが友情のピークとかやめろ
頼むから友情壊れないで

 

玉山鉄二さん、悪人として登場

★59分30秒(盛り上がり度:118。今回最高の盛り上がり)

家出して帰ってきても、啓輔はやっぱり優里に外で働くことを禁じた。

優里は不満が溜まっていた。そこに、以前から度々あった合コンの誘いがまた来た。

 

ついに合コンの誘いに応じる優里。

 

インスタから。

 

だが、これは何かの犯罪か陰謀に巻き込まれるようだ。悪人みたいな人(玉山鉄二さんである)が裏で糸を引いて、優里を合コンに誘い出した様子である。

 

その他のあらすじやネタバレ等

今回も綾瀬はるかさんのアクションシーンは健在だった。クラブで京子をVIPルームに連れ去った男たちを、打ちのめした。

ただし、今回は恒例の菜美と勇輝のラスト・ラブシーンはなかった。

次回予告や公式サイトによると、次回第6話は再び4話までと同じパターンになりそうだ。

優里と玉山鉄二さんの件と、並行して描かれると思われる。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

石黒賢 クズ」「教え子 意図的 妊娠 怖い」「本田翼 綾瀬はるか 可愛い」「西島秀俊 ラ王(食べる)」などの感想があった。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

総合、面白いともに、平均よりやや低い評価となっている。前回と同程度の評価だ。

 

家出して旦那達が落ち込み、奥様たちが羽を伸ばす、という展開までは面白かった。

今回はラストのすっきり感に欠けたと思われる。結局、家出しても家庭の問題は改善に向かわなかった。優里は逆に悪い方に堕ちていく。

そして思わせぶりな「友情のピーク」とか玉山鉄二さんの登場で引っ張る。こういう手法は日テレのこの枠の特徴なのかもしれないが、やりすぎると視聴者の不評を買いそうだ。

 

といっても、まだ平均より少し低い程度なのでまだ問題はないと思う。次回は元のパターンに戻るようで、楽しみです。