『奥様は、取り扱い注意』あらすじ、感想・評価、視聴率まとめ

2017年10月5日視聴率及びまとめ奥様は、取り扱い注意

日本テレビ水曜ドラマ枠『奥様は、取り扱い注意』についての、感想・評価、視聴率のまとめ記事です。各話のあらすじや、感想・評価の記事へのリンクを貼っていきます(順次更新)。

 

主演は、伊佐山菜美役の綾瀬はるかさん。

他の主要なキャストとしては、

大原優里役の広末涼子さん。

佐藤京子役の本田翼さん。

伊佐山勇輝役の西島秀俊さん。

大原啓輔役の石黒賢さん。

佐藤渉役の中尾明慶さん。

佐藤良枝役の銀粉蝶さん。

などです。

 

放送日時は水曜日・22時0分。

 

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

視聴率は11.4%→11.3%→12.4%

→11.2%→14.5%→12.9%

12.7%→12.4%→13.6%

→14.1%

 


各話あらすじ、感想・評価

第1話

菜美は中国でスパイ活動をしていた元スパイ。しかし「穏やかな生活」を求めて、活動に失敗して死んだふりをして、日本へやってきた。

日本で婚活パーティーに参加すると、そこで勇輝と出会い3ヶ月で結婚。

高級住宅街のセレブな邸宅に住み、両隣に住む大原優里と佐藤京子とは主婦友になった。順調に結婚生活を送るが、退屈にもなってきていた。料理の腕は上達しないし、夫とは夜はしばらくご無沙汰だ。

 

そんな時、一緒の料理教室に通う主婦・水上知花(倉科カナ)が夫からDVを受けていることを知る。夫はグレープフルーツを凶器にして知花を殴り、しまいにはナイフで彼女の腹を刺して命乞いをさせた。

 

そんな彼女を菜美は放っておけず、DV夫と対峙。元スパイの能力を使ってねじ伏せた。事件は一件落着。

その勢いで夫もベッドに誘った。

 

第2話

菜美、優里、京子は、着付け教室で落合夏希(高岡早紀)と知り合う。妙な色っぽさやテクニックがあると思ったら、夏希は艶系の元女優「小山あざみ」だった。

そんな夏希の過去を近所にバラすと脅してきた男がいた。

男は手下を使って執拗に嫌がらせをして、夏希の家の塀には「小山あざみの家」とペンキでデカデカと落書きした。

 

菜美は子供の頃に親に捨てられ教会に拾われ、その後某国の特殊工作員として活躍していた過去がある。

 

その能力を使い、男のアジトを突き止め、そこにいたチンピラどもをぶっ倒した。

最後は、夏希から教わったテクニックが活きて(!?)、勇輝を誘惑し帯回しをさせた。

 

第3話

ボスママである貴子(青木さやか)の一派にイジメられている主婦・理沙(小野ゆり子)が、菜美に「喧嘩の仕方を教えてほしい」と申し出てきた。

 

貴子は家庭に問題を抱え、孤独だった。旦那からは離婚を突きつけられていた。その遠因となったのが理沙だった。旦那は貴子の前で、理沙について「優しくて可愛らしい人」だとつぶやいてしまったらしい。それが原因で貴子は旦那と大喧嘩。理沙は完全にとばっちりなのだが、イジメの対象になってしまった。

 

理沙は、菜美と一緒に陸上競技場でトレーニングをするようになると精神的にも強くなってきたようで、貴子一派にも物怖じしなくなる。すると貴子一派から離反者が相次ぎ、理沙・菜美のトレーニングに次々と参加。

 

最後は、菜美が貴子を公園に呼び出し、いつものように暴力的に解決するとともに、孤独な彼女の心を開放してあげた。

ラストシーンでは、夕食を作っている(トレーニングによって引き締まった)菜美の腰に、夫の勇輝が手を回して「ねえ、夕食は後にしない?」と囁いた。

 

第4話

近所の主婦たちを集めて読書会を開催している西条美佐子(星野真里)の息子・悠斗が誘拐された。

犯人グループは身代金1億円を要求。美佐子はパニックになるが、夫の光雄(古屋隆太)はどこか冷静で、警察にも通報せず、お金で「穏便に」すませようとした。

 

犯人グループは、家庭教師の吉野真純(佐野ひなこ)を身代金の運び役に指定。

だが実は真純も犯人グループとグルで、連絡をとりあっていた。真純と光雄は愛人関係にあり、痴話喧嘩のもつれからこの事件が発生していた。

 

菜美は、真純が美佐子を見る時の優越感に満ちた目線や、光雄が真純の前では美佐子を面と向かって見ないことなどから、彼らの関係性を見抜いた。

 

菜美は仲間のクリーニング店店員・小雪(西尾まり)に協力を依頼。小雪は防犯カメラをハッキングして犯人宅を割り出した。菜美はいつものように格闘技で犯人グループを制圧。

 

ラストのシーンでは、菜美は勇輝に官能小説を読み聞かせてもらった。

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第5話

菜美、優里、京子の3人は、それぞれ旦那に不満がたまり、3人で家出を決意する。

ラーメンを食べたりクラブで踊ったりして家出を楽しむ奥様たち。クラブでは京子がVIPルームに連れ去られて菜美が助けたり、優里が強引にナンパされて菜美が助けたりしたが、とにかく3人は楽しんだ。

 

一方、旦那たちも3人集合。こちらは暗い雰囲気で寂しい様子。奥さんたちが何をしているのか、きっとあちらも寂しがっているのではないかと想像をめぐらせる。

 

家出の最後に、優里は自分に乳がんの疑いがあることを告白する。

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第6話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第7話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

『奥様は、取り扱い注意』勇輝(西島秀俊)が初めて心の声「彼女は気づき始めている」-第8話

『奥様は、取り扱い注意』勇輝(西島秀俊)が監視カメラで菜美(綾瀬はるか)を監視-第9話感想・評価

『奥様は、取り扱い注意』最終回の感想・評価。ラストは映画化や続編が前提のような終わり方で不満