『オトナ高校』チェリートとスペアが同棲したり喜屋武豊が出演した第7話感想・評価

感想・評価オトナ高校

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日土曜ナイトドラマ枠『オトナ高校』第7話(2017年12月2日23時5分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回はゲストでゴールデンボンバーの喜屋武豊さんが出演しました。詳しくは後述します。

この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位はオトナ高校の生徒でヤマト銀行社員・荒川英人役の三浦春馬さん。アダ名はチェリート。今回、彼のダメなところが一気に明らかになった。こりゃダメだわ・・・。

2位は英人のクラスメートで商社勤務・園部真希役の黒木メイサさん。アダ名はスペア。チェリートに告白され、同棲することになった。

 

3位は担任・山田翔馬役の竜星涼さん。ペガサス先生。ヒミコとヤルデンテから求愛を受ける。しかし彼の心には亡き妻がいまでも大きく存在するようだ。

 

4位は副担任でヤマト銀行系列の中小企業社員・姫谷さくら役の松井愛莉さん。チェリート狙い!? チェリートとスペアがカップルになるのを阻止するべく、サショーにスペアを狙うようにけしかける。

 

5位はヤマト銀行部長・権田勘助役の高橋克実さん。アダ名はサショー。スペアに罵られることで彼の東京タワーがそびえ立つ。

6位は喜矢武豊さん。レストランの店員役で出演。詳しくは後述する。

7位はブラジル人の血を引く弁当店店長川本・カルロス・有役の夕輝壽太さん。アダ名はヤルデンテ。ペガサス狙いである。

8位は英人のクラスメート・斑益美役の山田真歩さん。アダ名はヒミコ。ペガサス狙いである。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

喜屋武豊さんがスペア発言連発

★31分30秒(盛り上がり度:48)

チェリートに告白され同棲を始めたスペアだったが、彼の潔癖ぶり(スペアにも非があるが・・・)や料理の評価、メリット・デメリット評価にうんざりして家を出た。

 

深夜のレストランでサショーに悩みを打ち明けるスペア。

 

そんな中、レストランの店員が部下をを叱っていた。

店員「おまえさあ、ちゃんとトイレの紙のスペアを置いておけよ。な。スペアがなきゃお客さん困るだろ。スペアは大事なんだよ。スペアは!

 

スペアの前でスペア発言を連発するこの店員が、喜屋武さんだった。

 

スペアさんは、その話を聞いて「私、スペアのほうが向いてるのかも・・・」と思うのだった。

 

この時点のSNSでの反応:

まさかの喜矢武豊キターwww
キャンさんが喋ったー!!
喜矢武さんスペアスペア言い過ぎよ…

 

チェリートがスペアの服を・・・

★36分30秒(盛り上がり度:43)

ついに覚悟を決めたスペア。

勝負下着を着用、強い香水、終電がない発言、脱がせやすい服などでOKサインを連発。

 

しかしチェリートは躊躇する。本当にしてしまっていいのか。

 

迷っているチェリートにスペアが激怒。「女の私が覚悟を決めてきているのに、男のあんたがそんなんでどうすんのよ!?」と迫った。

 

チェリート「いいの?

スペア「だから、そこまで言わせないで

チェリート「それじゃあ、遠慮なく・・・

 

チェリートは、いよいよスペアの服を脱がせにかかった。しかしその手つきが気持ち悪かった。つまむ準備をした指先を震わせながら服に近づけていく・・・。

 

この時点のSNSでの反応:

手つきwwwwwwww
チェリート気持ち悪ぃぃぃぃw
触ったこともないのか?

 

借りたチャリで走り出す

★42分30秒(盛り上がり度:41)

ペガサス先生が、オトナ高校を辞めさせられるという情報が飛び込んできた。

なかなか卒業生が出ず、その実績不足の責任を取らされるということだ。

 

世話になったペガサス先生がいなくなる・・・。そう思った生徒たちは一念発起。

中卒のペガサス先生の夢だった「盗んだバイクで走り出したり、夜の校舎に忍び込んで窓ガラスを壊す」というシーンを再現しようとみんなが協力した。

 

ヤルデンテ「盗んだバイクは無理だったんで

サショー「借りてきたチャリで走り出そうってことで

 

夜の校舎では、ペガサス先生のためのパーティーが開かれた。

この時点のSNSでの反応:

えなにこの感動シーン
なんでこうなったw
なにこの青春展開w

 

さくらがチェリートにキス

★53分(盛り上がり度:64。今回最高の盛り上がり)

今回のラストでは、チェリートとサショーがスペアをめぐってついに直接対決を始めた。

交際しているチェリートとスペアも、同棲生活で生じたいざこざで言い争いになる。

 

そこにさくら先生が登場。

いきなりチェリートの前に立ち、押し倒し、そして無言でキスをした。

 

チェリートにとっては、ファーストキスだったようだ。

 

ここからは、あらすじ又はネタバレが含まれる部分。下記のボタンで飛ばすこともできます。すでに視聴した方やネタバレ気にしない方はぜひお付き合い下さい!

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトのあらすじも参考に。

 

次回はついに最終回となる。

校長から、オトナ高校の閉校が告げられる(公式サイトによると、オトナ高校は正式に開校する運びとなり、今の在校生への教育が終了するとのこと)。

 

はたして閉校までに卒業できるのか・・・という展開となる。

 

また、今回のラストでチェリートとキスをしたさくらは、失踪してしまうようだ。

ここまであらすじ・ネタバレが含まれる部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回は「面白い」は平均よりやや高いが、総合的にはやや低めとなった。

 

今回は前半にダブルブッキングコントや潔癖症のくだりがあったのだが、あのへんはもうちょっと面白い展開に出来たかもしれない。前掲の盛り上がりグラフでも示されている通り、前半は盛り上がりにも欠け、中途半端な感じだったと思う。

急にペガサス先生が躍り出てきたのには戸惑う視聴者も多かったかもしれない。これもラストへ向けての伏線だとは思うが、今回はまだすっきりとしなかった。

 

しかしそれでも「面白い」が平均を超えているので、問題はないと思う。さあついに怒涛のラスト。楽しみすぎ。