『監獄のお姫さま』最終回の感想・評価。のぶりん、バカじゃなかったようでやっぱバカだった

感想・評価監獄のお姫さま

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

TBS火曜ドラマ枠『監獄のお姫さま(プリプリ)』第10話=最終回(2017年12月19日22時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

いよいよ最終回。板橋吾郎の裁判が開廷します。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位はEDOミルクの社長・板橋吾郎役の伊勢谷友介さん。爆笑ヨーグルト姫事件をでっちあげた疑いがある張本人である。クズである。

2位は検事・長谷川信彦役の塚本高史さん。のぶりんである。今回は大活躍した。「俺の姫は馬場カヨだ。いや、どのおばさんも、みんな誰かの姫なんだよ」という名言を放った。

3位は社長令嬢の姫こと江戸川しのぶ役の夏帆さん。果たして彼女の無罪は証明されるのか。

 

4位はチビ社長。「チュンチュン小鳥が鳴いている ママが野菜を刻んでる パパは新聞とってきて 僕が顔を洗ったら みんなで食べよう イェイイェイ僕の笑顔が ご馳走なんだ イェイイェイ家のご飯が イェイイェイ最高なんだ」という歌を歌っている昭和の子役。今回、この子役の正体が明らかになる。

5位は元刑務官で社長秘書・先生こと若井(古井)ふたば役の満島ひかりさん。

6位は吾郎の息子・勇介役の前田虎徹さん。生意気だけどいい子役だった。

7位は元銀行員の主婦・馬場カヨ役の小泉今日子さん。

8位は吾郎の妻・板橋晴海役の乙葉さんでした。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

のぶりん、バカじゃなかった

★11分(盛り上がり度:224)

爆笑ヨーグルト姫事件の新たな証拠(後述のカメラ映像)を、のぶりんが沖縄で見つけてきた場面。その証拠によって、板橋吾郎は逮捕された。

留置所で、馬場カヨとのぶりんが対面する。これまでのぶりんをバカ扱いしてきた馬場カヨだったが、今回はのぶりんを絶賛した。

 

のぶりん「のぶりん、頑張りました!

馬場カヨ「バカじゃなかったぁ! のぶりんバカじゃなかった!

 

この時点のSNSでの反応:

のぶりん馬鹿じゃなかったーーーーー
のぶりん、最終回にして男をあげる‼︎
のぶりん、やれば出来る子!

 

なんくるあるぜー!

★14分(盛り上がり度:134)

板橋吾郎の逮捕は、のぶりんの功績かと思ったのだが、実はほとんど検事事務官の今池(上川周作)の功績だった。

 

今池はしのぶと吾郎のパラセーリングの映像から、吾郎の頭にもカメラが装着されていたことを発見した(のぶりんは、映像に映る吾郎の胸のポッチを気にしていたぐらいだった)。

 

今池「こっちのカメラに、何か映ってるんじゃないですか!?

のぶりん「おおおお! それな! 俺も思った。やるな今池

 

ボートハウスの店員(スリムクラブ内間)が、その映像が収められたSDカードを持ってきた。

 

のぶりん「なんくるあるぜー!

 

この時点のSNSでの反応:

やっぱノブリンバカじゃんかwww今池優秀~
のぶりんじゃなくて、今池さんじゃんお手柄www
なんくるあるぜぇw

 

微笑チビ社長事件

★45分30秒(盛り上がり度:209)

前述したチビ社長は、実は板橋吾郎の幼いころの姿だった。チビ社長はCMの中で、社員を見下すキャラだったのだが、吾郎はこの時のことが忘れられず、それが彼の人格を形成していく。

彼の父親は江戸川乳業の社員であり、CMのチビ社長は社員の子供のなかから酵母で選ばれた。しかし彼の父はその後会社からリストラされた。そういう悔しい思いも、彼の人格を形成した。

 

裁判では、吾郎はすべての罪を認めた。

証人として出廷した姫は、閉廷後、馬場カヨらに「いいね!」のポーズをした。

 

そして・・・。

馬場カヨ「69番願います

おばちゃんたちが円陣を組んで、中央に手を差し出す。

馬場カヨ「厚生したぞー!

おばちゃんたち「こーうせーーい!!

 

その後、この事件は「微笑チビ社長事件」として報道されることとなった。

この時点のSNSでの反応:

更生したぞーーーーっ!
微笑チビ社長事件www
事件名変わったwww

 

江戸川乳業のCMで終了

★52分(盛り上がり度:262。今回最高の盛り上がり)

ラストのシーン。おばさんたちのその後や、姫が刑務所から出所するところが描かれた。

姫は、EDOミルク改め江戸川乳業の五代目社長に就任。

 

馬場カヨは「自立と再生の女子刑務所」の門の前で「お世話になりましたー!!」と叫んだ。

DVD、Blu-rayボックスの発売のお知らせの後、江戸川乳業の「えどっこヨーグルト」のCMも流れた。勇介が二代目のチビ社長になってた。

 

勇介「君、クビね

しのぶ「そこをなんとか・・・

勇介「大きくなったら社長になるぞ

しのぶ「低脂肪

勇介「えどっこヨーグルト

 

この時点のSNSでの反応:

勇介が二代目ちびっ子社長!
面白かったーーー!
最高の終わり方でしたーーーーー

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

今回は板橋吾郎が逮捕され、その裁判で「爆笑ヨーグルト姫事件」の真相があきらかになった。

 

のぶりんたちが発見したカメラの映像には、吾郎がプリンス(実行犯だとされたタイ人)に指示をしている音声や、吾郎がプリンスにナイフを拾わせて指紋を付着させた場面などが映っていて、これが証拠となった。

 

またプリンスは、「しのぶに頼まれて俺がやった」という供述を繰り返していたのだが、それは吾郎がプリンスに、自分の名前もしのぶだ、と思い込ませていたため。

 

ただし、実行犯は結局、プリンスではなかった。吾郎が自ら自分の背中を傷つけ、事件も実行していたのだった。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

最終回は相当に高い評価となった。

とにかく宮藤官九郎さんの脚本がすごかった。クドカン作品が好きな人なら観て損はないと思う。本作はそれだけではなく、おばさんたち、満島ひかりさん、伊勢谷友介さん、それに夏帆さんの演技力もよかった。塚本高史さんはこういう役で生きるんだというお手本のような役だった。

 

初回で「おばさん版の木更津キャッツアイ」と書いたが、そういうノリ。木更津キャッツアイの表・裏のようだという意見も複数あった。

作品全体を通してみれば、過去と現在を行ったり来たりする形。現在に現れている結果が、過去どうやって起こったのかということがわかってくるという。

 

前回と今回で怒涛の伏線回収。ラストもスッキリ。

 

爆笑ヨーグルト姫事件」「女囚十種競技」「ケツで作ったミルフィーユ」「税金高い高い」「行け! 面! 胴!」「一流サイコパス」などパワーワードや、小泉今日子さんが前川清さんやHIKARI(満島ひかり)とデュエットしたり見せ場も多かった。純粋なエンタメとしては今期最高の作品だったと思う。お疲れ様でした。