『監獄のお姫さま』前川清と小泉今日子が「愛のさざなみ」をデュエットした第6話感想・評価

感想・評価監獄のお姫さま

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

TBS火曜ドラマ枠『監獄のお姫さま(プリプリ)』第6話(2017年11月21日22時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回の記事はこちら

今回もいろいろと印象的なセリフ(パワーワードっていうんですかね)が連発されてて、とっても面白かったです。2017年と過去を行き来するストーリーもかなり練られているようでいいですね。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は元銀行員の主婦・馬場カヨ役の小泉今日子さん。今回は旦那に離婚届けを送付。「馬場」改め「榎木」となった。

 

2位は元刑務官で社長秘書・先生こと若井(古井)ふたば役の満島ひかりさん。2017年では、社長秘書だった彼女がいなくなったことが怪しまれている。吾郎の妻・晴海に呼び出される。

 

3位は前川清さん。本人役。2014年、母の日の慰問コンサートのゲストとして刑務所に呼ばれた。馬場カヨに角刈りにされそうになる。

4位はEDOミルクの社長・板橋吾郎役の伊勢谷友介さん。言葉巧みにしのぶの母を騙し、しのぶが産んだ子供・勇介を連れ去った。そして、勇介が自分と晴海(乙葉)の子であると週刊誌にリーク。既成事実を作り上げた。

妻の晴海は自社のCMに出演した元タレントである。

 

5位は社長令嬢の姫こと江戸川しのぶ役の夏帆さん。勇介を連れ去られ放心状態。しかし今回のラストでは、カヨらの復習計画を聞き元気になる。

 

6位は受刑者・小島悠里役の猫背椿さん。通称「小しゃぶ」。またしてもシャブで刑務所に戻ってきてしまった。シャバでの出来事を伝える。

 

7位は吾郎の息子・勇介役の前田虎徹さん。2017年時点では生意気なガキに成長している。

8位は検事・長谷川信彦役の塚本高史さん。今回はラストに重要な告白をする。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

恋神、シーズン4で打ち切り

★32分30秒(盛り上がり度:124)

刑務所に出戻ってきた小しゃぶと、薬の売人だったオバケこと田中幸子(あびる優)から、シャバで起こったいくつかの衝撃の事実が報告された。

 

まず、姉御の元夫・関東極端会三代目組長の足立鉄也(高田純次)が再婚。姉御はやっぱり騙されていた。

 

次に、財テクがツイッターに投稿した「板橋吾郎真犯人説」。これによって板橋が追い詰められるかと思いきや、逆に財テクが炎上。「犯罪者に言われたくない」「財テク女の妄想痛い」「つーか性格もブスなんですね」「ずっと塀の中にいてください」などと言われた。財テクはアカウントの削除を決意。

 

さらに、人気ドラマ「恋神(正式名称は、この恋は幻なんかじゃないはず だって私は生きているから 神様ありがとう)」がシーズン4「泥沼」で打ち切らることになったという。

原因は主演女優のダブル不倫。恋神については以下の公式ツイートも参照ください。

https://twitter.com/pripri_TBS/status/932972762213228544

 

なお恋神の後番組は、EDOミルクが一社提供する「かねもち散歩」。社長の板橋吾郎が「ノスタルジックなビルヂングが立ち並ぶこの通りですけども。あれ? なんなのあの看板は? ちょっと行ってみましょう。タクシー!」と言っていた。

すぐ近くでもタクシーを拾うかねもち散歩。

 

この時点のSNSでの反応:

かねもち散歩wwww
かねもち散歩wwwムカつくwwww
えぇー 恋神が打ちきりぃぃ

 

前川清、角刈りにされそうになる

★38分30秒(盛り上がり度:127。今回最高の盛り上がり)

刑務所内で美容師の資格取得をめざしカットの練習をしている馬場カヨ。だが角刈りばっかり練習している。角刈りにされたマネキンたちがズラッと並んでいる。

 

そこに前川清が来た。母の日慰問コンサートために刑務所を訪れたのだ。

 

前川「ちょっとコンサート前にさっぱりしたくて。今日女の子、いっぱいなんでしょ?

カヨ「ババアですよ。犯罪者だし

前川「いいの。女も果物も、腐りかけが一番うまいもんね

カヨ「私、角刈りしかできないんですけど、大丈夫ですか?

前川「あー

カヨ「まずいですか?

前川「いや、別にいいんだけど、香田晋になっちゃうね

 

この時点のSNSでの反応:

女も果物も腐りかけが一番おいしいwww
香田晋wwwwww
前川清ーー!かっけーー!

 

前川清と小泉今日子がデュエット

★41分30秒(盛り上がり度:127)

前川清さんが、慰問コンサートの最中に囚人の誰かとデュエットしたいと言い出した。

前川が指名したのは馬場カヨ。

 

だが、馬場カヨは前川から名前を聞かれると「榎木カヨです」と言った。離婚を決意し、夫から求められていた離婚届を送付したという。猪木ではない。榎木である。

 

前川と榎木は、島倉千代子の名曲「愛のさざなみ」をデュエットした。

 

この時点のSNSでの反応:

前川きよしとキョンキョンのデュエット レアだ…
なんて贅沢なシーンなんだ
クドカン キョンキョンに歌わせたかっただけじゃんwww

 

榎木カヨ、長谷川に交際を申し込まれる

★52分(盛り上がり度:100)

今回のラストで、面会に来た検事の長谷川から衝撃の発言があった。

長谷川はカヨに、離婚届が受理されたことを告げた。そして、なぜか長谷川が改まった口調になり・・・。

 

長谷川「馬場様、いや、榎木カヨ様

カヨ「待って待って待って! えっ(頭を抑えたり首をかしげたりして戸惑う)・・・どうぞ

長谷川「あなたのことが好きです

カヨ「で、しょう、ね

長谷川「付き合って下さい

カヨ「ええええええ!!!

 

この時点のSNSでの反応:

えええええ!?おい検事!
何で告白しに面会来てんだよ検事w
アホの子がなんか言いだしたー!

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトのあらすじも参考に。

 

次回予告によると、刑務所内では「吾郎捕獲作戦」が立案される。

女優の過去が明らかになる。

長谷川は獄中結婚を前提とした獄中交際(!?)をカヨに申し込む。

また、2017年には、誰かが裏切る・・・といった展開になるようだ。

 

2017年、社長秘書だった先生は、板橋吾郎の妻・晴海に呼び出され彼女らと接触している。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

面白い」が突出して高く、それが全体を引き上げて高評価となっている。

今回もクドカンさんの脚本がすごかった。詳しくは書かないが、三股交際からの「三又又三」、「リア充」を「もろきゅう」と間違える、「グッチ勇介」、「心が角刈りになる」、「ババアがうるさくて逆探知できません」などパワーワード連発。

さらに前川清さんと小泉今日子さんのデュエットもあるというサービスつき。好きな人は大好きなドラマだと思う。

 

しかも次回はまた急展開があるようで、飽きさせない。

感想・評価監獄のお姫さま

Posted by tomo