『監獄のお姫さま』大洋泉(伊勢谷友介・AMEMIYA)の2.5次元ミュージカル「行け! 面! 胴!」-第7話

感想・評価監獄のお姫さま

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

TBS火曜ドラマ枠『監獄のお姫さま(プリプリ)』第7話(2017年11月28日22時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回は女優の過去が明らかになりました。2.5次元の世界にいたとは!!


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は女優こと大門洋子役の坂井真紀さん。今回の主役級。彼女の過去が明らかになった。後述の大洋泉のストーカーをしていた。

 

2位は元刑務官で社長秘書・先生こと若井(古井)ふたば役の満島ひかりさん。EDOミルク側に出向いて情報を提供。彼女の狙いは何なのだろうか?

3位は元銀行員の主婦・馬場カヨ役の小泉今日子さん。離婚して苗字が「榎木」になったが、馬場カヨあるいは「冷静に」と呼ばれている。

 

4位は大洋泉。2.5次元のアイドル。大泉洋ではない。イケメン剣道ミュージカル「行け! 面! 胴!」の泉キャプテン。決め台詞は「俺の手ぬぐい、欲しい人」。

売れている時代は伊勢谷友介さんが演じ、落ちぶれたあとの時代はAMEMIYAさんが演じた。

 

5位はEDOミルクの社長・板橋吾郎役の伊勢谷友介さん。拘束されている。伊勢谷友介さんは今回、大洋泉も演じている。これまでも、囚人たちの過去の男たちを演じている。

 

6位はカリスマアナリスト・財テクこと勝田千夏役の菅野美穂さん。板橋にハニートラップをしかけているが、逆に・・・。

7位は社長令嬢の姫こと江戸川しのぶ役の夏帆さん。爆笑ヨーグルト姫。板橋が高所恐怖症だと証言した。

8位は検事・長谷川信彦役の塚本高史さん。馬場カヨに交際を申し込むシーンがあった。「のぶりん」と呼ばれることになった。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

 

涙が心の汗なら

★24分30秒(盛り上がり度:150)

イケメン剣道ミュージカル「行け! 面! 胴!」の上演シーン。このシーンは大洋泉を伊勢谷友介さんが演じていた。

ミュージカルナンバー「涙が心の汗なら」が流れる。

 

♪涙が心の汗なら 

♪汗は体の涙さ 

♪体が泣いている(CRY CRY CY)

♪心は飛んでいる(FLY FLY FLY)

(セリフ)『朝練前なら、抱いてやってもいいぜ!』

♪行け! 面! 胴!

♪青春は稽古不足さ

 

すごい歌詞だ。

女優は熱狂的に泉キャプテンを応援した。ホテル代や交通費を含め、浪費額は月100万円を超えた。

その後、金を作るためにいわゆる結婚詐欺に手を染めた。

この時点のSNSでの反応:

伊勢谷さんになにさせてんのwww
このキャラソンほしいwww
今すぐサントラ発売してほしいwww

 

インスタに写真があったので。

https://www.instagram.com/p/BcBZvMvBaWK/?taken-by=pripri_tbs

 

女優の話をさえぎる突然のCM

★26分30秒(盛り上がり度:302。今回最高の盛り上がり)

女優が、自らの罪を語り、そして泉への思いを語った。

 

女優「やべーの、私マジやべーやつなんです。でも後戻りできないわけ。泉くん、歌もお芝居もぐんぐん良くなって、目が離せないわ・・・

 

女優が喋っている途中に、突然CMが挿入された。

 

この時点のSNSでの反応:

カットされたwww
CMwwまたぐww斬新ww
CMの入り方wwwwwwwww

 

次回、第二章開幕

★52分(盛り上がり度:120)

次回予告のシーン。

板橋の妻・晴海(乙葉)がアジトへやってくる。今回のラストで先生と話していたから、先生が案内したのだろう。

カヨと先生のバトルもあるようだ。

IKKOさんや、尾美としのりさんもいた。どうなるのだろうか。

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトのあらすじも参考に。

 

今回は先生と囚人たちのつながりがEDOミルク側や刑事にバレた。先生は言葉巧みに彼らを丸め込んだが、晴海は先生の嘘を見抜いていたようで、自分にだけ本当のことを教えてほしいと言った。

 

 

刑務所内にて。長谷川はカヨに面会し、結婚を前提とした交際を申し込んだ。

カヨを中心とした獄中のメンバーらは姫の無罪を勝ち取るべく、計画を練り始めた。

 

次回は、財テクと姉御、リン(江井エステファニー)が仮釈放となる。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

総合的には平均程度なのだが、「面白い」が突出して高い。

今回もひたすら面白かった。宮藤官九郎さんの脚本が好きな人はたまらないと思う。

2.5次元のミュージカルは、あれはあれでもうちょっと見たかった。女優の女優としての活動も、もうちょっと見たい気がした。

 

そんなサイドストーリーは充実してはいたが、爆笑ヨーグルト姫事件の真実をめぐるストーリーとしては、進展は少なかった。

感想・評価監獄のお姫さま

Posted by tomo