『監獄のお姫さま』満島ひかりが女囚さそり先生、検事が満島真之介、リンがプリンス連れてきたなど第9話

感想・評価監獄のお姫さま

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

TBS火曜ドラマ枠『監獄のお姫さま(プリプリ)』第9話(2017年12月12日22時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回は怒涛の伏線回収でした。いよいよ現代につながっていきますね。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は先生こと若井(古井)ふたば役の満島ひかりさん。馬場カヨが作った復讐計画を手直ししてほとんど別物の完璧な計画にしてしまう優しい先生。

2位はリン役の江井エステファニーさん。今回のラストで重要な役割を果たした。後述する。

 

3位は社長令嬢の姫こと江戸川しのぶ役の夏帆さん。吾郎に洗脳された? かのように、自分が犯人だと思い込んでしまう。

 

4位はEDOミルクの社長・板橋吾郎役の伊勢谷友介さん。馬場カヨらの取り調べを受ける。陥落目前にまでなるが・・・。

 

5位は元銀行員の主婦・馬場カヨ役の小泉今日子さん。肝心のメールアドレスを「babakayo・・・」にするところを「bakakayo・・・」にしてしまうお茶目さん。

 

6位はカリスマアナリスト・財テクこと勝田千夏役の菅野美穂さん。吾郎を落としにかかる。

7位は検事・長谷川信彦役の塚本高史さん。今後の鍵を握るであろう重要人物。

8位はプリンス役のナリットさん。爆笑ヨーグルト姫事件の実行犯である。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

さそり先生、角刈りを所望

★17分30秒(盛り上がり度:175)

2017年。

先生がしゃぶ厨こと小島悠里(猫背椿)の美容室(場所は原宿駅から徒歩35分)にやってきて「角刈りにしてちょうだい」と言った場面。

バリカンがないのでベリーショートを提案するが、先生は「角刈りにしてちょうだい」と繰り返した。

 

なおこの時、馬場カヨが先生のことを「さそり」と呼んでいたが、これは先生が映画「女囚さそり」シリーズの主人公のような格好をしていたためかと。

満島ひかりさんが出演した映画「愛のむきだし」の主人公・本田悠(ユウ、西島隆弘)の「女装サソリ」が元ネタではないかという意見もあるが、そもそもこの「女装サソリ」の元ネタが、おそらく女囚さそりだと思う。

 

この時点のSNSでの反応:

角刈りにしてちょうだいwwww
女囚ではなく看守がさそり ww
サソリって!愛のむきだしネタか!

 

検事役で満島真之介さん出演

★41分(盛り上がり度:186。今回最高の盛り上がり)

爆笑ヨーグルト姫事件の裁判において、姫を問い詰める検事・金城役で満島真之介さんが出演した。妙になまっていた。

 

満島真之介さんは満島ひかりさんの弟である。

 

爆笑ヨーグルト姫事件は沖縄で発生した。

地元の検事役として、沖縄出身の真之介さんが起用されたのだと思う。さすがの沖縄なまりだった。

この時点のSNSでの反応:

ちょw満島姉弟wwww
満島弟、さすがネイティブ
沖縄なまりきつすぎるw

 

リン、プリンスを連れてくる

★52分(盛り上がり度:171)

2017年クリスマスのガレージ。リンがタイからプリンスを連れてきた場面。

 

吾郎が真犯人だという決定的な証拠がない馬場カヨたちにとって、爆笑ヨーグルト姫の実行犯であるプリンスの登場は朗報となる。今後は彼の証言が重要となってくるはずだ。

プリンスは馬場カヨたちに「めんそーる?」と挨拶した。

 

最終回の予告では、先生が「出頭しましょう。どうせ逃げ切れない」と言い、馬場カヨが「私は逃げない」という場面があった。吾郎は解放されたようだ。

長谷川のぶりんの「どのオバサンも、みんな誰かの姫なんだよ」という印象的なセリフがあった。

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

今回は、馬場カヨが出所後、他のメンバーたちを招集する場面が描かれた。

実際は馬場カヨが登録するメールアドレスを間違えていたために、ほとんどのメンバーと連絡がつかなかったが、先生が折り紙の手裏剣でメンバーたちをつないだ。

 

2017年のクリスマスでは、吾郎のプレ裁判が開廷された。

財テクらが吾郎を追い詰める。ほとんど自白する直前まで至ったが、決定的な証拠がない。

 

・・・というところで、リンがプリンスを連れてきた。彼の証言が今後を左右する。

なお長谷川たち検事は沖縄に向かった。彼らの動きも重要な鍵をにぎるようだ。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回もかなり高い評価となった。やはり「面白い」が相当高く、他を牽引している。

 

馬場カヨが出所して以降、現在に至るまでの多くの伏線が回収された。

ストーリー上のネタと小ネタのバランスがよくて、ストーリーにも魅せられるし、小ネタも楽しいという理想的なコメディになっている。さすがのクドカンさんである。

演技もよい。誰かの演技に抜群に魅せられちゃう・・・ってわけじゃないけど、ほころびがないというか、みんなしっかりしていて、不安を感じさせない。最終回も気になる。楽しみ。

感想・評価監獄のお姫さま

Posted by tomo