『リピート』鮎美(貫地谷しほり)、なぜ由子(島崎遥香)を残してコンビニに行った!?-第5話感想・評価

感想・評価リピート

スポンサーリンク

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

読売テレビ制作・日本テレビ木曜ドラマF枠『リピート~運命を変える10か月~』第5話(2018年2月8日23時59分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は、由子と坪井を軸に動きがありました。前回鮎美に接触した由子は、今回は更に踏み込んできます。また、坪井はリピート後の世界を悪い方向で満喫しているようですね。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

町田由子 役 島崎遥香

投稿数:552(1位), ユーザ数:160(1ユーザあたり3.45回)
関連語:町田(156), 由子(378), 島崎(327), 遥香(321), ぱるる(270), 怖い(38), ホラー(11), 怖すぎ(10), カメラ(9), 秘密(8), 電話(6), 監視(5), チョコミント(4), 演技 闇(4), ドキドキ(3), 仕掛け(3), 嫌い(3)

1位は町田由子役の島崎遥香さん。
前回は鮎美に接触したが、今回はさらに踏み込んでいく。
鮎美の家に押しかけ、そしてリピートの秘密が書かれた鮎美のノートを・・・。

坪井要 役 猪野広樹

投稿数:268(2位), ユーザ数:139(1ユーザあたり1.93回)
関連語:坪井(199), 要(5), 猪野(89), 広樹(68), 怖い(20), 演技 凄い(10), 最高(14), クズ(9), ゲスい(7), 悪い(6), サイコパス(3), 嫌い(3)

2位は坪井要役の猪野広樹さん。
リピート前の世界では二浪してしまっているが、リピート後の世界では東大に合格。
合コン相手の女性を薬で眠らせるなどやり放題。常習犯のようだ。
リピートしたメンバーに起こったいくつかの事件は、彼がやったのではないか? と天童らに怪しまれている。

毛利圭介 役 本郷奏多

投稿数:160(3位), ユーザ数:107(1ユーザあたり1.50回)
関連語:毛利(21), 圭介(56), 本郷(73), 奏多(72), 最高(8), 好き(7), カッコいい(6), 嫉妬(4), やばい(4)

3位は毛利圭介役の本郷奏多さん。
すっかり鮎美を警護する役になっている。二人の仲は急接近していくようだ。
だが、由子はまだ圭介のことを彼氏だと思っている。これはただではすまされない。

篠崎鮎美 役 貫地谷しほり

投稿数:96(4位), ユーザ数:53(1ユーザあたり1.81回)
関連語:篠崎(6), 鮎美(66), 貫地谷(23), しほり(19), 嫉妬(5), 怖い(4)

4位は篠崎鮎美役の貫地谷しほりさん。
彼女も、由子に監視されていた形跡があった。
彼女のノートから由子に情報が流出してしまう形になりそう。ちょっと無警戒。

風間 役 六角精児

投稿数:42(5位), ユーザ数:25(1ユーザあたり1.68回)
関連語:風間(29), 六角(14), 精児(3), 理事(5), 長(4), 邪魔(3)

5位は風間役の六角精児さん。
六角さん、日本相撲協会の八角理事長にかけて、六角理事長と呼ばれているらしい。

大森知恵 役 安達祐実

投稿数:33(6位), ユーザ数:28(1ユーザあたり1.18回)
関連語:大森(4), 知恵(6), 安達(26), 祐実(24), 怪しい(5)

6位は大森知恵役の安達祐実さん。
天童と手を組んで、もう一度リピートしたいと考えているようだ。

天童太郎 役 ゴリ

投稿数:30(7位), ユーザ数:23(1ユーザあたり1.30回)
関連語:天童(17), 太郎(1), ゴリ(15), ガレッジセール(0), ヤバい(5)

7位は天童太郎役のゴリさん。
坪井を怪しんでいて、彼を尾行していたが見失ってしまった。
一連の件の鍵を握りそうであるが、ちょっと間抜け感ある。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:バーテンダー(41), 島崎 藤村(31), クズ(16), 監視 カメラ(16), ホラー(15), 由子 怖い(14), 浅田 真央(13), ぱるる 怖すぎ(13), 東大生(11), 由子 ホラー(11), ギリシャ 神話(10), サイコパス(9), イケメン(9), 真央 引退(9), ノート(8), クズ 男(7), 闇 サイト(7), チョコミント(6), ネメシス(6), 運命(6), 原作(5)

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

由子、もう鮎美の家の前にいた

★20分:盛り上がり度:29
この時点の関連語:由子(8), 怖い(6), 好き(2), 住所(2)

前回、歩道橋の階段で何者かに押されて落ちて怪我をした鮎美。

今回は圭介に家まで送ってもらった。

 

鮎美が家に帰るとすぐに、由子から電話がかかってきた。由子は車が壊れてしまって、直るまでの間動けないので、由子の家で休みたいという。

鮎美は戸惑ったが、由子は「鮎美さんの家、文京区でしたよね? 近くだと思うので。詳しい住所教えてもらえませんか?」と強引に迫った。

その時、まだ住所は教えていないはずだったが、由子は既に鮎美のアパートの前に立っていた。

この時点のSNSでの反応:

由子怖いわぁ。ずっと見てたのかな
なんで場所わかったのー!由子ホラーだわ
みーてーるーよーーー

 

由子、鮎美宅を捜索

★25分30秒:盛り上がり度:32
この時点の関連語:由子(9), 怖い(3), チョコミント(2)

鮎美の部屋に押しかけてきた由子が、今度は自分で自分にお茶をこぼして、シャワーを借りたいと言った場面。

上着を脱いだ由子は、何を思ったか「鮎美さんも一緒に入りませんか?」と言ってきた。

鮎美は「いえ・・・私はコンビニに行ってくるよ。何かほしいものある?」と返答。由子は「じゃあ、アイス買ってきてもらってもいいですか? チョコミント味がいいな」と言った。

鮎美が家を出ると、由子はニヤリとして一目散に鮎美の部屋の中を捜索し始めた。

何かを探している・・・。

この時点のSNSでの反応:

由子ちゃん、お風呂はいるふりして、家の中を探すとは
由子を1人置いちゃダメだって
いやいやよく知らない人間を1人にして出かけるなよ
はんこ注射のあとがw

 

この鮎美の不用意な行動により、リピートの秘密が流出することになる。

 

鮎美と圭介がハグ

★49分30秒:盛り上がり度:32
この時点の関連語:圭介(4), 鮎美(2)

圭介と鮎美が、坪井のアジトに突入した場面。

坪井は合コン相手の女性らを眠らせ、恥ずかしい映像を撮影しようとしていた。

 

女性らを開放し、仲間の男を逃した後、圭介は坪井を追及した。

坪井が、郷原俊樹(清水圭)らに手を下したのではいかという疑惑が浮上している。坪井は疑惑を肯定も否定もしなかったが、「犯人扱いするなら証拠でも持って来いや!!」と逆ギレして、鮎美を突き飛ばして逃走した。

 

圭介は、突き飛ばされた鮎美を抱き寄せた。鮎美は戸惑ったようにも見えたが、概ね受け入れた感じだ。

この時点のSNSでの反応:

圭介かっこよすぎじゃねーか
うおお、ハグ!!
ひゃー抱擁きたー

 

由子、リピートの秘密を知る!?

★54分30秒:盛り上がり度:37(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:由子(13), 来週(9), ぱるる(8), 怖い(3), やばい(3)

ラストの場面。

由子は、鮎美の部屋を捜索した結果、鮎美のノートを発見し、その中身をスマホのカメラで撮影していたようだ。

 

ノートの中身の画像を見る由子。

そこに書かれていた「4月10日 浅田真央 引退表明」の文字が気になる。この時点では、まだ浅田真央さんは引退を表明していなかったが、その直後に浅田真央さんの引退の速報が流れた。

由子は、リピートの秘密を知ってしまうようだ。

また、次回は由子がさらに凶暴化する。鮎美はさらわれる。

この時点のSNSでの反応:

来週、さらにぱるる、やばくなんのね
由子ちゃんにリピートバレちゃった
いやぁ…由子こわすぎる

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。放送終了後に、かなり詳しいあらすじが公開されています。

 

今回は、由子が鮎美のノートを通じてリピートの秘密を知ってしまったことと、坪井がやり放題していたことがメインだった。

坪井は、自分が郷原に手をかけたことは認めなかったが、否定もしなかった。天童は坪井を怪しんでいるが、本当にそうなのかはわからない。

 

また、天童と大森知恵が協力して、2度目のリピートを目指しているようだが、具体的な動きはまだない。

大森は研究者なのだが、何度もリピートを繰り返せば、研究を早く進めることができると(その結果、自分の研究で多くの人の命が救われると)考えているようだ。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:1727(Q1:327, Q2:410, Q3:334, Q4:522, 放送後6分間:134)
・ユーザ数:403(Q1:125, Q2:163, Q3:145, Q4:231, 放送後6分間:112)
・SNSでの影響度数(独自指標):2343

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

すべての指標の値が上昇に転じている。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

評価は、平均あたりをキープしている感じだ。今回、演技については坪井役の猪野広樹さんが最もSNS上で評価されていた。その次に、由子役の島崎遥香さんが評価されていた。二人共怖い役だ。

 

よく出来ている部分もある。由子のホラーは、あれ、このドラマの主役って由子だっけ? と思うぐらい時間が割かれていて、演出も凝っている。由子というより、このドラマ全体的に、ホラーの場面が凝っているのかな。

だからこのドラマ、「大どんでん返し」とか銘打たないで、もうちょっと別のキャッチコピーがあったのでは? と思う。

 

他の場面ではツッコミどころも多い。例えばなぜ坪井を逃した!? 坪井が警察につかまったらなぜリピートの秘密がバレることになる!? 天童は大森から軽く問い詰められると「そこまで知っていたとは」となぜ簡単に認めた!?

そして最大のツッコミどころは、鮎美よ、なぜ由子を残してコンビニに行った!?