『リピート』由子(島崎遥香)退場でSNS投稿傾向が激変。次の主役は大森(安達祐実)か?-第7話

感想・評価リピート

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

読売テレビ制作・日本テレビ木曜ドラマF枠『リピート~運命を変える10か月~』第7話(2018年2月23日0時9分~)の感想・評価の分析記事です。

前回、由子(島崎遥香)が退場。前回までの6回すべてでキャスト言及数1位かつ、全ての回で言及数を増加させてきた由子だけに、今回はSNSの投稿傾向の激変が予想されました。

どうなったでしょうか。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

由子は退場後も1位をキープ。もちろん衝撃的展開だった前回からは激減している(前回は1200)が、それでも2位以下をかなり離している。

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

町田由子 役 島崎遥香

投稿数:247(1位), ユーザ数:61(1ユーザあたり4.05回)
関連語:町田(154), 由子(218), 島崎(179), 遥香(178), ぱるる(119), 生写真(6), 回想(6), 可愛(4), 興信所(4), 生き返ら(4), 怖い(4)

1位は町田由子役の島崎遥香さん。
亡くなってもなお、言及数1位に君臨し続ける由子。このドラマのキャストの中では、SNSで相当大きな影響力があったと推測できる。
今回は、興信所の人間・谷本健一(清水伸)が、彼女の行方を探し回っている描写があった。

坪井要 役 猪野広樹

投稿数:175(2位), ユーザ数:77(1ユーザあたり2.27回)
関連語:坪井(153), 要(5), 猪野(43), 広樹(37), 退場(5), 顔(4), やられ(3), クズ(3), 綺麗(3)

2位は坪井要役の猪野広樹さん。
なぜか大森とつながっていたようだ。
そして今回のラストでは、誰かにやられて路上のゴミ溜めに転がっていた。
退場だと思われる。

大森知恵 役 安達祐実

投稿数:92(3位), ユーザ数:53(1ユーザあたり1.74回)
関連語:大森(60), 知恵(6), 安達(31), 祐実(27), 坪井(14), 怪しい(6), 薬(6), 病気(4), 理由(3), 綺麗(3), 実験(3)

3位は大森知恵役の安達祐実さん。
薬を飲んでいる場面があった。大森は、食糧難解消、飢餓の解消のためバイオ食料の研究をしているのだが、まさか自分が実験台に・・・? それか、自分が重い病気で、リピートには別の理由(自分のための薬開発のためとか)がある可能性も。

さらに坪井とのつながりがあることもわかった。

前回は由子、今回は坪井が退場した。言及数上位2人の退場で、次の主役は3位につけている大森になると思われる。

毛利圭介 役 本郷奏多

投稿数:82(4位), ユーザ数:50(1ユーザあたり1.64回)
関連語:毛利(15), 圭介(36), 本郷(26), 奏多(31), 尾行(6), 怪しい(3)

4位は毛利圭介役の本郷奏多さん。
風間を尾行したのだが、その尾行のしかたがバレバレすぎる下手な尾行で笑ってしまった。

前回も書いたけど、ところどころ雑な演出なのがこのドラマである。

天童太郎 役 ゴリ

投稿数:61(5位), ユーザ数:43(1ユーザあたり1.42回)
関連語:天童(39), 太郎(0), ゴリ(23), ガレッジセール(0), 怪しい(6), 手慣(3), 隠し(3)

5位は天童太郎役のゴリさん。
ホトケさん(由子)を処理する役を買って出た。手慣れている。まさか経験ありなんじゃないだろうか。
風間が訪れたマンション「ミラーズコート」に何らかの縁があるようで、そこに圭介らが近づくことを恐れている描写もあった。

なお「ミラーズコート」はあの切り裂きジャックの犠牲者の住居の名前じゃなかったかな。

風間 役 六角精児

投稿数:52(6位), ユーザ数:31(1ユーザあたり1.68回)
関連語:風間(39), 六角(14), 精児(2), 何度(3)

6位は風間役の六角精児さん。
何度もリピートしているという風間。
天童からの再リピートのお願いは断ったが、大森からお願いされると答えを保留した。

篠崎鮎美 役 貫地谷しほり

投稿数:51(7位), ユーザ数:38(1ユーザあたり1.34回)
関連語:篠崎(0), 鮎美(40), 貫地谷(14), しほり(14), 信じ(6), られる(7), やばい(3)

7位は篠崎鮎美役の貫地谷しほりさん。
由子との関係を興信所に嗅ぎ回られて焦る。
圭介との恋に没頭していく。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:尾行(22), 興信 所(22), 信じ られる(22), 圭介 鮎美(13), 黒幕(10), 警察(10), 利用 者(10), ミラーズコート(9), 大森 病気(8), 綺麗(8), いつもの パン(7), 切り裂きジャック(4), ブラック 坪井(4), 救急 車呼べ(4), トンネル(4), 尾行 バレバレ(2), 正当防衛(2)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

圭介、バレバレの尾行

★34分30秒:盛り上がり度:23
この時点の関連語:尾行(9), 大森(3), サプリ(2), ミラーズコート(2), 距離(2), 絶対(2)

天童の指示で、圭介が風間を尾行する場面。

しかしその尾行は、物陰に隠れることもなく、堂々と風間の後ろを付いて歩くものだった。距離も近いし。

これじゃあバレバレだろう・・・。

この時点のSNSでの反応:

尾行の割にずいぶん堂々として歩いてんなあ
毛利それじゃ尾行バレるぞ
あまりにもお粗末な尾行すぎひん?

 

坪井と大森がつながる

★39分30秒:盛り上がり度:19
この時点の関連語:坪井(8), 大森(3), 何(2)

大森が、坪井のところを訪ねた場面。

坪井「どうしてここが? ていうか何しに来たんだよ
大森「あなたの力になれるんじゃないかと思って

坪井は、追い詰められていた。これまでやり放題してきたツケが回ってきたのだ。これまでの女性たちの親から責任を追及され、サイトは閉鎖、親からは勘当された。

大森は坪井に、二人だけで再リピートしようと提案した。天童、圭介、鮎美を出し抜くつもりだという。

この時点のSNSでの反応:

大森さん何を
坪井君と大森さんの組み合わせ?
坪井と大森さん何で!?

 

坪井、狙われる

★45分:盛り上がり度:22
この時点の関連語:坪井(9)

坪井が、誰かに付け狙われていたことがわかった場面。

坪井はニヤニヤしながら「もう一度リピートかぁ~」と言っていたが、彼の後ろからはなぞの影が迫ってきていた。

なお鮎美も、誰かに尾行されている描写があった。

坪井が退場か

★52分30秒:盛り上がり度:31(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:坪井(6)

坪井が誰かにやられたようで、路上のゴミ溜めに転がっていた。

退場だろうか。

この時点のSNSでの反応:

あ、坪井くんここでゲームオーバーか…
大森さんっぽい人影が
リピートすれば今までのことはなかったことになる…果たして?

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。放送終了後に詳しいストーリーがアップされています。

 

今回のラストでは、興信所の谷本(清水伸)が、圭介の自宅マンションを訪ねてきた。

同棲中の鮎美の姿も見られていまう。鮎美は以前、谷本から事情を聞かれていたが、圭介の存在は知らないと答えていた。ここで二人の関係がバレてしまうことになった。

 

天童は、「ミラーズコート」と縁があるようだ。今回、由子ホトケさんの処理を買って出て、手慣れた様子もあったので、以前なにかやらかしているのではないだろうか。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:1148(Q1:278, Q2:233, Q3:234, Q4:328, 放送後6分間:75)
・ユーザ数:221(Q1:109, Q2:85, Q3:96, Q4:126, 放送後6分間:61)
・SNSでの影響度数(独自指標):1658

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

前回からは激減し、ユーザー数と影響度数は過去最低、投稿数は過去2番目の低さとなった。やはり由子離脱の影響が大きいようだ。また前回と今回は放送時間帯が後ろに10分ずれているのが影響しているかもしれない。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

今回はかなり低めの評価となってしまった。

魅力的なキャラだったはずの由子が離脱し、SNS投稿数やユーザー数は激減。今回は彼女の離脱を上回るほどの魅力的な展開ではなかった、ということが言えそうだ。

前回に続き、演出・脚本面の雑さも気になった。圭介の尾行がお笑いだったのは、ちょっとなんとかしてほしかった。また、図書館の司書が、警察であればまだしも、初めて訪ねてきたばかりの興信所の人間に利用者のプライバシーを喋っちゃうこともありえないかな。

あと前回のこととも重なるが、やっぱりなぜ由子の件を警察に通報しないのか、よくわからない。ドラマの中では「リピートがバレる」などと説明されているけど、そうかな。しかもその事実をネタに風間を脅せるというのもいまいちピンとこない。

しかしここにきて大森がいよいよ主役級に躍り出てきた。果たして矛盾なく、視聴者の納得できる結末が用意されているのだろうか。

感想・評価リピート

Posted by tomo