『先に生まれただけの僕』香坂秘書(松本まりか)が加賀谷専務を返り討ち、鳴海はシャツの胸元はだける-第6話

感想・評価先に生まれただけの僕

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

日本テレビ土曜ドラマ枠『先に生まれただけの僕(先僕)』第6話(2017年11月18日22時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回の記事はこちら

前回のオープンキャンパスに続き、今回は学校説明会。鳴海校長のプレゼンパワーは健在。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は樫松物産から出向した京明館高校校長・鳴海涼介役の櫻井翔さん。前回は樫松の社長に直訴して来てもらったオープンキャンパスを成功させた。学校の評判は広がりつつある。既に銀行の担当者にも評判が伝わっているようだ。

 

2位は樫松物産専務・加賀谷圭介役の高嶋政伸さん。怖い専務。鳴海を京明館に出向させた男。今度は鳴海を長崎に出向させようと画策する。

でも今回は、忠実だと思っていた秘書に返り討ちにされる場面も。そしてラストでは彼の家庭に波乱が。

 

3位は物理教師・郷原達輝役の荒川良々さん。抵抗勢力。加賀谷専務に目をかけられている。加賀谷派といえるだろう。旧来型の授業をしている。

悩みも抱えている。二流大出身で自衛隊に1年だけ勤務し辞めてまぐれで受かった教員試験で先生になった。もし学校のレベルが上がれば、自分の居場所がなくなってしまうと恐れている。

 

4位は副校長兼事務長・柏木文夫役の風間杜夫さん。名言を放つ。

 

5位は特進クラス担任・真柴ちひろ役の蒼井優さん。島津先生にアプローチされてる!? が、困惑しているようだ。

 

6位は鳴海の恋人で樫松物産の社員・松原聡子役の多部未華子さん。ナルミンと交際5年。でも最近彼は忙しく、全然会えていない。婚約中であるが、心配になる。

 

7位は英語教師・島津智一役の瀬戸康史さん。真柴先生にアプローチしている・・・のだろうか。もんじゃデートを遂行した。そして生徒たちの間で二人の関係が噂になった。島津自身はまんざらでもない様子。

 

8位は保健室の先生(養護教諭)綾野沙織役の井川遥さん。カウンセラー資格も持つ。癒やしの存在。絶対ドラマ終盤でいい仕事しそう。

9位は樫松物産の専務秘書・香坂友梨子役の松本まりかさん。怪しく動く加賀谷の秘書。だが、ただ従順な秘書、というわけではなかった。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

ジェラシックパーク!

★26分(盛り上がり度:94)

聡子と事務長が、街で偶然会ってお茶をしている場面。

聡子は事務長に、それとなく真柴先生のことを聞いた。

 

聡子「あの、オープンキャンパスの書道パフォーマンスのときに、女性の先生いらっしゃいましたよね? 司会の女の子の後ろに立ってらっしゃった

事務長「真柴先生かな?

聡子「細身で優しい感じの

事務長「ああ、真柴ちひろ先生です。実はなかなか気の強い方ですけどねぇ。え? 真柴先生が何か?

聡子「あ、いえ、可愛らしい方だなと思って

事務長「(高い声で)んん?

聡子「(あんみつを食べながら)美味しい

事務長「今、私のアンテナがビビビビっと・・・ジェラシックパーク!

聡子「なんですかそれ笑

事務長「もう、そんな気にすることありませんって。校長と一教員ですよ。大丈夫大丈夫

聡子「(真剣な目で)本当に?

事務長「だいじょーぶっ!

 

この時点のSNSでの反応:

なんだこれwwwジェラシックパークwww
事務長のアンテナwwwジェラシックパーク
無理wwwww事務長大好きwwwwwwwww

 

分からない人に解説しよう。

ジェラシックパークとは、英語で嫉妬を意味するジェラシーと、スティーブン・スピルバーグ監督の名作・ジュラシックパークをかけたオヤジギャグだ。

 

香坂秘書、加賀谷専務を返り討ち

★32分30秒(盛り上がり度:74)

加賀谷専務と秘書の香坂の車中での会話。

 

加賀谷はボールペンをわざと落として、香坂に拾わせた。

 

加賀谷「君が秘密を守る優秀な秘書だから、俺は自分をさらけ出してるんだぞぉ~~~っ

 

鼻歌を歌いつつ、拾わせたボールペンに二本の指でリズミカルにタッチしながら、ついでに香坂の手もお触りする加賀谷。

独特のセクハラだ。

これは絶対脚本に書いてないと思う(脚本には、手を触れてセクハラまがいのことをする、ぐらいの書き方をしているのではないか)。高嶋政伸さんの独特のセンスとアドリブが作り出す空間だ。

ここでの香坂の返し。

 

香坂「私の秘密もお話します。父は東京地検の検事なんです。現役の

 

加賀谷はただちに鼻歌をやめ、ボールペンを奪い取り、「へえー、へええええ」と言い、何かを悟った顔をした。

 

この時点のSNSでの反応:

秘書wwwwwwwww
加賀谷めっちゃキモいーwww
やべえこの秘書好きwwwww

 

ナルミン、シャツの胸元はだける

★49分30秒(盛り上がり度:87)

学校説明会での話を終え(変な質問をしてくる人もいたが、鳴海は丁寧に答えてねじ伏せた)た鳴海は、保健室にいた。

 

脇で熱を測りながら、斜め上を向いて「あーーー」と声を出す鳴海。診察する綾野先生。

ピピピッ。

綾野「36度4分。平熱ね

 

鳴海は学校説明会を乗り切った興奮で知恵熱が出ているようだった。

 

なおSNSでは、櫻井翔さんのシャツがはだけているのが注目された。

この時点のSNSでの反応:

校長シャツ開きすぎですよ
なるみんシャツのはだけかたあああああああああああ
あかん……地上波でこんなの駄目だって

 

加賀谷専務の娘が京明館に!?

★51分30秒(盛り上がり度:101。今回最高の盛り上がり)

加賀谷希美という中学生が、学校説明会の個別相談に来た。

オープンキャンパスにも来ていて、説明会での校長先生の話も聞き、絶対この学校に来たいと思ったという。

 

母親は「主人とも相談して」と言っていたが、希美は「パパなんてどうでもいいじゃん!」と。

担当した真柴先生は「ご家庭でよく話し合ってください」と言った。

 

ラストは、加賀谷専務が謎のハンドパワーを送るシーンで終了。

この時点のSNSでの反応:

専務の娘かよwwwwwwwwwwwwwwwwww
専務の娘さんキタ━━━━
なにやってんの専務www

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

あらすじは公式サイトのストーリーも参考に。

 

今回は学校説明会がメインだったが、前述の聡子と事務長、専務と秘書などの人間関係も描かれた。

 

抵抗勢力内では、最も加賀谷専務に近い郷原が、前回寝返った杉山(秋山菜津子)や河原崎(池田鉄洋)を裏切り者呼ばわりしていた。

最後は郷原自身も、校長の話を聞いて改善したかのようにも見えたが・・・まだ抵抗を続けるのだろうか。杉山や河原崎だってまだどうなのかわからない。

 

次回予告によると、加賀谷は鳴海と聡子の関係にも介入するようだ。専務、他にやることないのか!?

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

島津 真柴 好き」「なるみん 鳴海校長 可愛い」「郷原 可愛い 変わる」「ジェラシックパークwww」「加賀谷専務 秘書 怖い」などの感想が投稿された。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

前回ほどではないが、安定して高い数値となっている。

前回は、オープンキャンパスのくだりでの書道パフォーマンスからの流れが凄まじかった。さすがにあれにはなかなか及ばない。

 

前述のように、今回は聡子のまわりの人間関係、加賀谷専務のまわりの人間関係など、本線である学校改革とは直接関係ないストーリーにも時間が割かれた。こういうときは退屈になりがちではあるが、愛らしい事務長役の風間杜夫さん、怖い専務役の高嶋政伸さんの演技がすばらしく、聡子も可愛いし、飽きさせなかった。

鳴海校長自身については、以前も書いたが、最初は彼がこの役に合っているのかわからなかったが、前々回のロングスピーチで高評価だったこともあり、もう安心して観ていられる感じがする。シャツをはだけさせたサービスシーンもあった。

 

さて次回はついに恋愛パート本格化かな。