『重要参考人探偵』あらすじ、感想・評価、視聴率まとめ

2017年10月23日視聴率及びまとめ重要参考人探偵

テレビ朝日 金曜ナイトドラマ枠『重要参考人探偵』についての、感想・評価、視聴率のまとめ記事です。

各話のあらすじや、感想・評価の記事へのリンクを貼っていきます(順次更新)。視聴率についても入手できれば貼っていきます。

主演は、弥木圭役の玉森裕太さん。

 

他の主要なキャストとしては、

圭と同じ事務所で共に行動するモデル・周防斎役の小山慶一郎さん。

同じくシモン藤馬役の古川雄輝さん。

モデル事務所マネージャー・牧太真希子役の堀田茜さん。

モデル事務所社長・浪江篠介役の滝藤賢一さん。

 

捜査一課刑事・早乙女果林役の新木優子さん。

捜査一課刑事・今井寛太役の一井直樹さん。

捜査一課刑事で主任・登一学役の豊原功補さん。

捜査一課長・古仙淳役の西岡德馬さん。

警視総監・吉倉清司役の松平健さん。

 

などです。

放送日時は金曜日・23時15分。

 

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

視聴率は4.9%→5.1%→

4.9%→3.6%→6.5%

→5.4%

※順次更新します。

各話あらすじ、感想・評価

第1話

弥木圭は、なぜかいつも亡くなった人の「第一発見者」になってしまうというモデル。モデルと言ってもファッションショーなどに出演する華やかな立場ではなく、広告チラシのモデルなどが主な仕事。周防斎、シモン藤馬も同じ事務所に所属し共に行動するモデル。

 

時計メーカー・ミウラ時計のパーティーに呼ばれた3人。そこで、部長の小高邦江(遼河はるひ)・がスピーチ中、天井のシャンデリアが落下して彼女が亡くなってしまうという事件が発生する。

 

シャンデリア落下時に、彼女の一番近くにいて、しかも重要な物証である盗まれた高級懐中時計をなぜか持っていた圭。まっさきに疑いをかけられるが、圭はとっさに逃走する。

しかし結局確保されてしまい、署に連行されそうになる。だが圭は頑なに「犯人は俺じゃない!!」と言い、火事場のバカ推理を始める。

 

第2話

圭たちが参加した、国民的女優・乙原ゆり(志田未来)のCMの相手役を選ぶオーディションで事件が発生する。

オーディション合格者の魚住爽太(中山優馬)が、何者かに頭部を鈍器で殴られた。亡くなりゆく魚住を発見する圭。魚住は亡くなる間際に、ある写真を燃やしていた。

 

またしても第一発見者となり疑われる圭。

しかも魚住の爪からは圭の皮膚片が発見され、絶体絶命のピンチ。そこで、圭はまた「犯人は俺じゃない!!」と言い、火事場のバカ推理を始める。

 

なお今回のラストでは、玉森裕太さんと志田未来さんが共演した「信長のシェフ」のネタがぶっ込まれた。

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第3話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

第4話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

第5話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

『重要参考人探偵』第6話の感想・評価。迷探偵・斎様のギャグのオチとして阿見201が登場

『重要参考人探偵』第7話の感想・評価。玉森裕太入所15周年記念日。今週の時間稼ぎは卓球の壁打ち

 

次回以降も順次追加します。