『隣の家族は青く見える』高畑淳子の圧倒的な演技力。義理の娘との関係が泣ける-第6話感想・評価

感想・評価隣の家族は青く見える

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

フジテレビ木曜劇場枠『隣の家族は青く見える(となかぞ)』第6話(2018年2月22日22時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は切ない回でした。4家族ともやや辛い方向に話が進行。

そのなかで、五十嵐聡子役の高畑淳子さんの演技が注目されました。圧倒的な演技力。義理の娘である奈々(深田恭子)への謝罪の場面では、SNS上で「泣いた」という投稿が多数。後述します。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

青木朔 役 北村匠海

投稿数:443(1位), ユーザ数:227(1ユーザあたり1.95回)
関連語:青木(4), 朔(403), 北村(60), 匠海(62), 家事(12), 可愛い(9), 来週(8), 心配(7), 天使(7), 受験(7), 認定(5), 深雪(5), 拘束(4), 試験(4), カミングアウト(4), エプロン(3)

1位は青木朔役の北村匠海さん。
今回は、わたるんとの間にちょっとした亀裂が生まれた。
前回、長谷部留美(橋本マナミ)に言われたこと(あなたに渉はふさわしくないとか)も気にしているようで、家事をしたりしているし、高卒認定試験を受験しようとしている。

広瀬渉 役 眞島秀和

投稿数:392(2位), ユーザ数:214(1ユーザあたり1.83回)
関連語:広瀬(14), 渉(24), 眞島(47), 秀和(34), わたるん(325), 優しい(25), 心配(12), 世代(11), 不安(10), 実家(7), 失敗(7), 理解(6), カップル(4)

2位は広瀬渉役の眞島秀和さん。
今回は、実家の母親が骨折してしまって、朔と一緒に見舞いに行った。
母親は、息子の結婚と孫の顔を期待している。
次回、その母親に朔との関係がバレることになりそうだ。

五十嵐奈々 役 深田恭子

投稿数:305(3位), ユーザ数:218(1ユーザあたり1.40回)
関連語:奈々(189), 深田(34), 恭子(32), 深キョン(93), 義母(20), キス(14), 高畑(12), 浮気(11), 辛い(11), 天使(10), 気持ち(10), 不妊(9), 治療(8), 爆発(5), 迷路(5), サンドバッグ(4), 終わり(4), 感情(3)

3位は五十嵐奈々役の深田恭子さん。
今回も琴音と生まれた赤ちゃんを見て複雑な気持ちになり、傷ついてもいるようだ。だが表にはださない。健気。
次回、旦那の浮気疑惑が持ち上がる。

五十嵐大器 役 松山ケンイチ

投稿数:260(4位), ユーザ数:205(1ユーザあたり1.27回)
関連語:大器(99), 松山(37), ケンイチ(35), 大ちゃん(87), 松ケン(46), 浮気(55), 旦那(12), 誰(10), 絶対(8), 信じ(8), 来週(7), 治療(4), 泣け(4), 不倫(3), 不妊(3)

4位は五十嵐大器役の松山ケンイチさん。
今回のラストで、謎の女の人と会っていた。
浮気疑惑が浮上してしまう。

杉崎ちひろ 役 高橋メアリージュン

投稿数:133(5位), ユーザ数:98(1ユーザあたり1.36回)
関連語:杉崎(0), ちひろ(104), 高橋(11), メアリージュン(30), 息子(7), 亮太(6), 深雪(5), シャッター(5), 上手(3), 優しい(3), 歩み寄ろ(3)

5位は杉崎ちひろ役の高橋メアリージュンさん。
今回のオープニングのシャッター係。

亮司(平山浩行)が連れてきた息子・亮太(和田庵)との関係に悩む。
自分から歩み寄って仲良くなろうとしているが、亮太は心を開いてくれない。

亮太が、亡き母の留守電の音声を聞く場面もあった。それはそれで切ない。

五十嵐聡子 役 高畑淳子

投稿数:129(6位), ユーザ数:119(1ユーザあたり1.08回)
関連語:聡子(5), 高畑(123), 淳子(86), 演技(30), 泣い(8), 上手(5), 女優(5), 最高(5), 義母(5), すごい(5), 涙(4), 素晴(4), 母ちゃん(4), 泣ける(3), 号泣(3), レベル(3), 節介(3)

6位は五十嵐聡子役の高畑淳子さん。
今回は高畑淳子さんの演技がSNS上で話題になった。
さすがの演技力。一人だけレベルが違うと評判。詳しくは後述する。

糸川琴音 役 伊藤沙莉

投稿数:53(7位), ユーザ数:40(1ユーザあたり1.33回)
関連語:琴音(16), 沙莉(14), 琴(41), 辛い(6), 泣い(4), 旦那(3), 頑張り(3)

7位は五十嵐琴音役の伊藤沙莉さん。
子供が生まれ、母親として役割を果たそうとしているが、辛くて、つい「まだ子供なんか産みたくなかった」と言ってしまう。それを奈々が聞き、聡子が叱る。

矢野朋也 役 須賀健太

投稿数:36(8位), ユーザ数:35(1ユーザあたり1.03回)
関連語:矢野(1), 朋也(4), 須賀(30), 健太(20), 婚活(19), 後輩(3)

8位は矢野朋也役の須賀健太さん。
婚活中であることが明らかになった。
大器に「妊活クライシス」という言葉を教えてあげた。大器はこれがきっかけで、色々動くのだろうか。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:高畑 淳子(238), 不妊 治療(142), 深 キョン(106), 事実 婚(64), 人工 授精(52), 淳子 演技(49), 松山 ケンイチ(49), 妊活 クライシス(43), 大ちゃん 浮気(42), わたる 優しい(38), 終わり 迷路(37), 高卒 認定(31), 須賀 健太(31), 選択 事実(28), 欲しく なかっ(25), 真奈 ちゃん(25), 健太 婚活(20), 心配 わたる(16), 精神 的(16), 代理 出産(16), サンドバッグ(14), バイキン 見える(13), 電子 レンジ(13), 副音 声無(13), ボランティア(12), 残酷(11), 受験 票(10), バカ 親(10), 頭 ポンポン(10), ノンアル 酔える(9), ミスチル 流れる(8)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

川村家の事情

★13分:盛り上がり度:70
この時点の関連語:女子(7), w(6), 会(5)

川村家では、亮司が息子の亮太を溺愛するようになっていた。

それもあってちひろと亮司の関係が、ちょっと変わってきていた。
ちひろは亮司に、亮太を甘やかせ過ぎだと注意するが・・・。

亮司「どうしたんだよ? 俺が亮太のことばっかりかまってるからヤキモチ焼いてんのか?
ちひろ「バカじゃないの

怒るちひろに、亮司はこれまでの感謝の言葉を述べ仲直りしようとする。そして二人はキス・・・の流れで、そこに「お父さん」と亮太がやってきて、キスは中断された。

亮太は「128ギガのSDカード」を亮司に注文。亮司は即座に「わかった!」と言ってお買い物へ・・・。

 

その後の女子会でちひろは、奈々と朔に「もう最低! あの子が来てから亮司は亮司じゃなくなったから、ただの父親、しかもバカ親!」と愚痴った。

この時点のSNSでの反応:

甘やかしすぎてるよパパ
子供嫌いにこんな生活ムリだわー
お父さんというよりパシリwww

 

聡子が奈々に謝罪

★46分:盛り上がり度:79
この時点の関連語:義母(14), ミスチル(8), 高畑(8), 淳子(5), 泣か(3), タイミング(3), 涙腺(3), 涙止(2), 泣ける(2), 泣い(2), 良い(2), 無理(2), 最高(2), 精神(2)

聡子が、奈々に謝罪した場面。
奈々は、聡子に不妊治療のことを気付かれていると感じていた。この直前の場面で、琴音が「子供なんか産みたくなかった」と言ったところを、聡子は「世の中には赤ちゃんが欲しくったてできない人がいるのよ。謝んなさい!!」と泣いて叱っていたため。

 

奈々が聡子にそれを問うと・・・。

聡子「黙っとくつもりだったのに、ごめんね
奈々「謝るのは私の方です。お義母さんとお義父さんが楽しみにしてくれているのに、なかなか授かれなくて
聡子「いいのよ。私達のことなんか気にしなくて
奈々「でも・・・もう4回もダメだったんです。人工授精。私、もしかしたら一生子供は・・・
聡子「やめてよ、奈々ちゃん。そりゃあ、奈々ちゃんと大器の子供ができたら嬉しいと思ってた。でも私もお父さんも奈々ちゃんのこと大好きなのよ。奈々ちゃんが大器のお嫁さんになってくれて本当によかったと思ってんの。だから子供ができようができまいが、そんなことどうだっていいの。あんたたちが幸せに暮らしていたらそれでいいのよ(泣)
奈々「お義母さん(泣)
聡子「知らなかったとはいえ、プレッシャーになるようなこと言ったりして、本当にごめんね。もう、私達のためにがんばって作ろうだなんて考えないでね
奈々「すみません。すみません
聡子「謝んないでよ奈々ちゃん。お願いよ
奈々「(泣)

♪破り捨てよかな~とミスチルの歌が流れた。

高畑淳子さんの演技力が話題になったのはこの場面だった。文字では伝わり辛いが、一つ一つのセリフが心に響いた。SNSにおける高畑さんの演技力の統計評価については、別途、後述の感想のところに掲載する。

この時点のSNSでの反応:

お義母さんに泣かされる
高畑淳子さんのセリフだけでどんだけ泣かせてくるの
こうゆうお姑さんがいいなぁ
うざいけどありがたいお義母さんだな
ほんとにいつもいいシーンでミスチルが泣かせにくるよな

 

大器、謎の女性に会う

★50分30秒:盛り上がり度:105(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:浮気(9), 誰(8), 大器(7), 衝撃(5), 信じ(4), 展開(3), ラスト(2)

大器が、ある家に入っていく場面。

その家では、謎の若い女性が彼を「いらっしゃい。どうぞ」と迎い入れた。

今回は、大器は後輩の矢野に妊活クライシスのことを言われていた。それに絡む行動だろうか・・・?

この時点のSNSでの反応:

大器に限って浮気とかないよね?
大ちゃん?浮気ではないよな…不妊治療の先輩とか?
信じてるぞ松ケン。信じてるからな
もしや代理母に…?
顧客だ、だよなあ? オモチャの故障とかだよなあ!?

 

次回は波乱

★52分30秒:盛り上がり度:74
この時点の関連語:来週(19), もっと(6), 仕事(4), 予告(3), シーン(2)

次回予告の場面。

小宮山深雪(真飛聖)が奈々に、大器の浮気疑惑を伝える。
朔とわたるんの関係が、わたるんの母親に知れるところとなるようだ。
川村家にもトラブルが起こる。

朔が「もっとやれー!」と喧嘩を煽る(?)場面もあった。奈々が大器に「ちゃんとキスして」と言う場面もある。

いろいろ波乱の回となりそう。

この時点のSNSでの反応:

来週は全員がぐちゃぐちゃになっちゃうの?
うわ!来週もうわ〜最高じゃん!
朔ちゃん、喧嘩煽っちゃダメww

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

今回の4家族の動きはこうだ。

五十嵐家は、人工授精に4回失敗。前述の通り、大器は謎の女性に会いに行く。

小宮山家は、真一郎(野間口徹)がボランティアの仕事をしたがっているが、家庭の事情がそれを許してくれないようだ。深雪(真飛聖)は中学受験を控える娘の成績低下を心配していて、高額な講習を受けさせようとしている。

朔・わたるんのカップルは、わたるんがカミングアウトしないことのフラストレーションが朔に溜まってきているようだ。

川村家は、前述の通り、亮太の加入によって事実婚夫婦の関係に変化が現れているようだ。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:4564(Q1:968, Q2:915, Q3:974, Q4:1367, 放送後6分間:340)
・ユーザ数:1284(Q1:375, Q2:385, Q3:397, Q4:701, 放送後6分間:307)
・SNSでの影響度数(独自指標):5669

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

投稿数、ユーザ数はやや低下している。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

平均を超える評価を維持している。

高畑淳子さんの演技力評価

いまさら言うまでもないが、高畑淳子さんの演技はさすがだった。最も注目されたのはやはり前述のハイライト(46分)の場面だった。

データを示す。

ネガティブな評価はなく、ポジティブが約半数を占めた。ポジティブの中には、「上手い」「迫真」「素晴らしすぎる」「さすが」「すごい」「神がかってる」「好き」「最高」などという感想があった。

どちらでもない」の中でも「ボロ泣きした」「エゲツない」「高畑さんにしかできない演技」など、自動判定できないがどちらかと言うと好評価な感想が多い。

総じて、高畑淳子さんの演技は高評価を受けていると考えられる。

 

実の息子さん(高畑裕太さん)の騒動により、一時活動を縮小していたのはもう1年半ぐらい前でしょうか。その後も活躍されていますし、今回は特に、上記のハイライトの場面以外でも親子関係(劇中の実の娘や息子、義理の娘との関係)が描かれた回でもあったので、思うことがあったかもしれない。