『トットちゃん!』第11話-菊池幸司(こうちゃん)や福元郁夫が登場。徹子は結婚宣言

感想・評価トットちゃん

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第3週・第11話(2017年10月16日12時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

ついに、初の映像化だという「窓ぎわのトットちゃん」時代に入りました。今回も、この本に出てくる印象的なエピソードが描かれました。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位は黒柳徹子役の豊嶋花さん。校長先生との面接をパスして(4時間喋りまくった)、トモエ学園に入学を果たす。

2位はチョッちゃんこと徹子の母・黒柳朝役の松下奈緒さん。娘を心配する母です。

3位は菊池幸司役の子役ささきゆうたくん。イケメンのクラスメート。徹子が恋に落ちる相手。他の女の子からもモテモテである。

インスタに画像があったので貼っておきます。

https://www.instagram.com/p/BaRIsDqgIzT/?taken-by=totto_tvasahi

 

4位は徹子の父・黒柳守綱役の山本耕史さん。性格が丸くなってきました。今回は朝にある提案をします。

 

5位は竹中直人トモエ学園校長・小林宗作役の竹中直人さん。徹子さんが生涯の恩師だという人物。優しいです。

6位は福元郁夫役の子役横山歩くん。トモエ学園のクラスメート。小児麻痺のため、手足に障害があり、歩くのが遅い。

7位は黒柳家の犬ロッキー。可愛い。

8位は三輪康子役の宮崎香蓮さん。トモエ学園の新任先生。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

守綱、丸くなる

★8分(盛り上がり度:13)

朝に、北海道のお母さんから、ジャガイモと昆布が届いた。

その荷物につけられていた手紙には「徹子はお元気ですか? お祝いも送りたかったのですけど、お父様がお許しくださらないので、こっそりジャガイモと昆布を送ります」と書かれていた。

 

それを読んだ守綱は、朝に、一度実家に帰ってみてはどうかと、提案した。

10年前「親はいらない。二人で生きていこう」と言った守綱だが、子供ができて変わったようだ。

 

10年前の守綱といえば、バイオリンの練習中、外で吠えた犬に「うるさい!!」と激怒してカバンを投げつけ窓ガラスを破壊した男だ。今回はロッキーが吠えても、許した。

丸くなったなぁ。

 

この時点のSNSでの反応:

守綱さんがまるくなった
まだ偏屈だがそれでも丸くなった
気遣いを覚えた

 

教室での出会い

★11分(盛り上がり度:14)

徹子が電車の教室に初めて入った。

そこで菊池幸司や福元郁夫などのクラスメートと出会った。

 

こうちゃんはモテモテ

★13分30秒(盛り上がり度:13)

お弁当の時間。トモエ学園では「海のものと、山のもの」を1つずつは必ず弁当に入れるお約束になっている。詳しくは「窓ぎわのトットちゃん」に書いてあるが、お約束が果たされない場合は、先生の奥さんがおかずを補填してくれたりする。

クラスメートの菊池幸司は、モテモテである。他の女の子から卵焼きやちくわをもらっていた。

徹子も幸ちゃんに梅干しをあげようとするが、幸ちゃんは「好きじゃないから」と拒否。優しい校長先生が「その梅干し、美味しそうだな」と言ってもらいうけた。

 

インスタグラムにお弁当画像があったので。

この時点のSNSでの反応:

こうちゃんモテモテ
よりによって梅干しをw
先生素敵過ぎる

 

徹子、結婚を宣言

★15分30秒(盛り上がり度:14。今回最高の盛り上がり)

徹子は、トモエ学園での出来事を家族に話した。

そして先を見通したような目をして「私、郁夫くんかこうちゃんの、どっちかと結婚すると思う」と言った。

 

守綱のギョッとした顔と、朝の微笑ましいものを見るような笑顔が対称的だった。ロッキーは心配そうに(!?)「ワン!」と吠えた。

この時点のSNSでの反応:

もう結婚相手を絞ってきた
父の顔ww
なかなかの小悪魔ぶり

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

守綱 ロッキー 顔」「こうちゃん モテモテ」「横山歩 小児麻痺」「海 山 弁当 入れる」「窓際 時代」「校長先生 素敵」などの感想があった。

ちなみに「よーくー噛めよー♪」の原曲は「Row Row Row Your Boat(または単にRow Your Boat)」日本語では「船をこげよ」。小林先生が弁当の時間のために、替え歌の歌詞を作った。「窓ぎわのトットちゃん」参照。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

結構高いです。

いよいよトモエ学園での「窓ぎわのトットちゃん」時代になりました。

この時代はいいですね。印象的なエピソードがいくつも出てきます。小林先生の優しさ、その教育の先進性など、今でも感心することが多いと思います。

この楽しい時代がいつまでも続いて欲しいと思いますが、そうもいかないんでしょうねぇ。