『トットちゃん!』徹子、ブリッとフランスパンをかじり牧師(竹財輝之助)とのデートを決意-第27話

感想・評価トットちゃん

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第6週・第27話(2017年11月7日12時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回の記事はこちら

今回は徹子が、前回出会った牧師さんに猛アタックしてデートに誘いました。カレーデート。

牧師さんのことは、上記の前回の記事に多少書いてありますのでご参考に。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は清宮啓二役の竹財輝之助さん。上野で出会ったイケメン牧師さん。徹子にとっては、上野の露店で新シナシナを助けたてくれた恩人でもある。

2位は黒柳徹子役の清野菜名さん。今回はイケメン牧師さんに猛アタックする。可愛い所あるじゃないですか。

 

3位はシイナこと椎名昭造役の小澤征悦さん。昭和20年2月に招集され、横須賀でカレーを作っていた。そのカレーが評判だったため、シイナさんは外地に送られずにすんだ。彼にとってカレーは神。

4位はチョッちゃんこと徹子の母・黒柳朝役の松下奈緒さん。第4話では、朝チュン後に「ブリッ」とフランスパンをかじって、守綱(山本耕史)との駆け落ちを決意しましたね。

今回は徹子もブリっと決意します。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

 

フランスパンをブリっと食べて決意

★7分(盛り上がり度:14)

徹子が華子(高岡早紀)に恋愛相談をするシーン。

華子は「神に仕える者が恋愛をしていいのかしら?」、徹子は「牧師様だって人間だもの」などと会話していた。

そこにシイナさんが「大丈夫、牧師様は結婚も許されているから」と入ってきて、華子が焼いたフランスパンとチャイをテーブルに置いた。

 

徹子はそのフランスパンを見ると、「ああっフランスパン! ブリッと食べて私も決意します」と言った。

徹子は、前述の朝がブリッと決意して駆け落ちした話を聞いていた。徹子は、牧師を乃木坂上倶楽部につれてくることをブリッと決意した。

駆け落ちほどのことではないが、しかし事実上のデートである。

 

この時点のSNSでの反応:

ブリっとフランスパン www
プランスパン一本まるごとw
フランスパンが決意アイテム

 

ペンキで塗った、赤い靴

★11分(盛り上がり度:14)

徹子は、乃木坂上倶楽部にカレーを食べに来るようにと、清宮を誘った。

そしてそのデートにおしゃれをしていくため、朝には凝ったワンピースを仕立ててもらい、それに似合う赤い靴を履いていくことにした。

 

しかし黒柳家には赤い靴がない。

そこで徹子は、家にある白い革の靴を、塗装店に持っていきペンキで赤く塗ってもらった。塗装店の男は「1日持たない(ペンキが落ちてしまう)かもしれないよ」と警告したが・・・。

 

シイナさん、徹子と牧師の会話に割り込む

★13分30秒(盛り上がり度:22。今回最高の盛り上がり)

いよいよ、徹子が清宮を乃木坂上倶楽部につれてきた。そしてシイナさんが作ったカレーを、二人で一緒に食べた。

 

すると清宮は、「これ、懐かしい味だな」と言う。横須賀の海軍にいたときに、毎週金曜日のカレーの日に食べていた味だという。それが「忘れられない美味しさだったんですよ」と。

それを聞いていたシイナさんは「そのカレーを作っていたのは、私です!」と興奮気味に話しだした。シイナさんは、昭和20年2月からずっと横須賀でカレーを作っていたと。

 

シイナさんは「福神漬けとカレーが合うこと、海軍で覚えました」、清宮も「横須賀のカレーも福神漬けが大盛りになっていて!」と話しだし、徹子そっちのけで盛り上がる二人。

 

 

エミー(凰稀かなめ)は「男同士で盛り上がっちゃってるけど」と言い、華子は「シイナさんのバカ」とつぶやいた。

 

この時点のSNSでの反応:

シイナさんに全て持っていかれたなwww
シイナさんと牧師さんの運命の出会い!
シイナさんが突然ライバルにw

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

徹子は教会に通っているが、それはあのイケメン牧師に会いたいがためであり、この時点においてははキリスト教ではないとのこと。

なお次回は、朝が母の三好(古村比呂)を東京に呼ぶシーンがあるようだ。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

牧師 海軍 シイナ カレー 食べる」「フランスパン ブリッ」「白い靴 赤いペンキ 塗る」などの言葉が投稿された。

オルガン 弾ける」は、徹子が教会にて、「父は帝都交響楽団コンサートマスター、母は音楽学校卒業、父の母へのプロポーズはバイオリンの演奏ですから、その娘の私もオルガンぐらい弾けるんです」と謎の根拠に基づきと宣言したため。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

やや支離滅裂な評価となってしまった。「面白い」が異常に高く、しかし総合的には平均値。やはりこのドラマにおいては、SNS投稿数が十分ではないため評価の数値化が難しい。とはいえ、SNS投稿を手作業で確認したところ、それほど悪い評価をしている人は多くなく、概ね楽しんで見ているように見受けられる。

 

このドラマって全60回の予定なんですね。ということはもうすぐ折り返し。展開早いしネタが尽きないし、いい感じだなと思います。

感想・評価トットちゃん

Posted by tomo