『トットちゃん!』向田邦子の留守電、篠山紀信が撮った黒柳徹子のグラビアが雑誌に掲載など第48話

感想・評価トットちゃん

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第10週・第48話(2017年12月6日12時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回は、また時計の針が行ったり来たりして、向田邦子の生涯も描かれました。

 

この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は向田邦子役の山田真歩さん。前半では向田邦子の生涯が描かれた。沢村貞子さんの時にあったパターンだ。これで向田邦子の出番は最後かもしれない。

2位は黒柳徹子役の清野菜名さん。向田邦子が亡くなったことが衝撃すぎて、しばらく涙も出なかったという。

3位は渥美清役の山崎樹範さん。虎の顔がでかでかとプリントされた服を着ていた。まさに寅さん。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

向田邦子の留守番電話

★10分(盛り上がり度:17)

徹子が公衆電話から向田邦子に電話をかけたシーン。

 

向田邦子は、当時はまだ珍しかった留守番電話を導入していた。

 

徹子は留守電に戸惑い「こんな機械を入れたの? えー、どうしよ」「なんか機械に話すの恥ずかしい」「他の人ってこんな短い時間に要件まとめて話すのね」などと意味のない話を連発。最後には「もういいわ。会った時に話すから」と言った。

徹子は結局9回も留守電に意味のない話を吹き込んだ。

 

これが後の有名な笑い話のエピソードとなった。

当時の留守番電話は、おそらく1回の通話で1分話せる仕様だったと思う。「只今留守にしております」という相手の音声も含めて1分だったかな。

 

黒柳徹子のグラビア

★16分30秒(盛り上がり度:20。今回最高の盛り上がり)

週刊ポンチに黒柳徹子のグラビアが掲載された。撮ったのは篠山紀信。

エミー(凰稀かなめ)は「大人になったわねえ」と感心し、華子(高岡早紀)も「篠山紀信、さすがだわ」と言った。

 

純粋なシイナさんは「これ、なんかやだな。僕。トットちゃんがこんな。守綱くんは怒らないのかな、その写真見て」と、まるで父親がわりみたいな態度。

華子は「あの人は芸術家だから、美しいものは美しいって思うんじゃないかな」と言った。

 

ここからは、あらすじ又はネタバレが含まれる部分。下記のボタンで飛ばすこともできます。すでに視聴した方やネタバレ気にしない方はぜひお付き合い下さい!

その他あらすじ、ネタバレ等

前述の通り、今回の前半では向田邦子の生涯が描かれた。

浮き沈みの激しい人生。まさに「禍福は糾える縄の如し」。

 

脚本家としての絶頂期に病気になり、復活して直木賞、最後は飛行機の墜落。

 

徹子は「夢であいましょう」の終了をきっかけにNHKを辞めた。

 

次回は、徹子とピアニストのケルナー(城田優)が、再会するようだ。ケルナーが「これをどうぞ」とホットドッグを徹子に差し出すシーンがあった。

ここまであらすじ・ネタバレが含まれる部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

安定して高いのだが、さすがに今回は異常な値だ。SNSの投稿が少なく、測定が難しい。

 

向田邦子の生涯を、このドラマで緻密に描くにはちょっと時間が少なすぎた。「案外でしょ」というセリフも含めて、演じている山田真歩さんが妙に似合っているから、スピンオフかなにかでやってほしいぐらい。オトナ高校のヒミコから向田邦子まで、いい女優さんだ。

 

たまに出てくる乃木坂上倶楽部のメンバーは、癒やされる。トットちゃんを心配するシイナさん好きだ。徹子が生まれた時からの付き合いだから。でもそれを芸術だと割り切っている華子も好き。