『トットちゃん!』第5話-朝を監禁する守綱、高岡早紀のかっこよさ、突然の小島よしお

感想・評価トットちゃん

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第5話(2017年10月6日12時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

まず言えることは守綱の独占欲すごすぎ!! これが愛なのか、愛ゆえなのか?!

あまりの展開に、いろんなものを通り越して感動してますよ。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

 

1位はチョッちゃんこと徹子の母・黒柳朝役の松下奈緒さん。今週の主人公。夫と父のバトルを見守る健気なチョッちゃん。

しかし一件落着したかと思いきや、『ゲゲゲの女房』同様に貧乏生活を強いられたり、夫に監禁されてしまうという。

 

2位は徹子の父・黒柳守綱役の山本耕史さん。この人とんでもない人だった・・・。

3位には小島よしおさん。市場にいる乾物屋の主人の役だった。しかし彼がきっかけでチョッちゃんは夫に監禁されてしまうことに。

 

4位には、まだ出てきていない徹子さんの名前があります。清野菜名さん/豊嶋花さんが演じます。

5位は伊藤華子役の高岡早紀さん。前回に続き、良きセリフを言います。

 

6位はシイナこと椎名昭造役の小澤征悦さん。この人見れば見るほど怪しんですけど。お父さんはインド独立運動に参加。母と一緒に逃れてきたという設定だと、今回明かされました。

 

7位は井上えつ役の八木亜希子さん。優しいチョッちゃんの叔母です。

8位は門山周通役の佐藤B作さん。チョッちゃんを連れ戻しに来た父親。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

昼のドラマにしては盛り上がってると思いますね。以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

諦めな!

★4分(盛り上がり度:16)

父・周通が乃木坂上倶楽部に乗り込んできて、チョッちゃんを連れて帰ろうとした。しかしチョッちゃんは「私はどこにも帰りません」と抵抗した。

 

華子は守綱に「あなたも(お父さんに)何とか言いなさいよ」と言ったが、守綱「こういう人達と話すのは嫌だ。魂が汚れる」と言って火に油を注いだ。

 

周通は「怪我されてるのはこっちだ!」と反論、「お前らがなんと言おうとダメなものはダメなんだ!」と激怒し、強引にチョッちゃんを連れて行こうとする。チョッちゃんは抵抗。

 

そこで華子がひときわ高い声で「諦めなさいよお父さん! あなたの娘は親を捨てて男を選んだの。しょうがないじゃない」と発言。さらには周通に面と向かって「諦めな!!」と言い放った。この華子のかっこよさに、視聴者は大いに盛り上がったのだった。

 

この時点のSNSでの反応:

やだ高岡早紀かっこいい
華子さんも強すぎる
諦めな!高岡早紀カッケ〜

 

感動だ! じゃなくて勘当だ!

★6分(盛り上がり度:19)

チョッちゃんは父に、「黒柳先生のバイオリンには医者と同じように尊い力がある」と言い、守綱のバイオリンを聞くように懇願する。

守綱による演奏会が始まった。

 

周通は黙って守綱のバイオリンの演奏を聴いた後、朝に向かって一言「かんどうだ」と静かに言って乃木坂上倶楽部を後にした。

 

この「かんどう」というセリフ。「感動」なのか「勘当」なのか難しい(!?)ところだが、残念ながら字幕で確認したところ「勘当」であった。

チョッちゃんは父に勘当されたのだ。

 

この時点のSNSでの反応:

勘当?感動?どっちw
感動だ、とも取れる勘当
感動なのか勘当なのかどっちなの!?

 

小島よしお登場

★11分(盛り上がり度:37。今回最高の盛り上がり)

朝と守綱は、お互いお金がなかった。晩のおかずも買えないぐらい。しかし守綱は、「食べ物ならここにいれば誰かがくれる。華子さんのパンやシイナさんのカレーがある」と言って貧乏生活を決め込む。

 

外に出た朝は、乾物屋の店先でたたずむ。お金はない。

そこに登場したのが小島よしおさん。服は着ていた。もうモロに小島よしおさんだったから、笑ってしまった。

 

小島よしおさんさんは暗い顔をしている朝を見て「一つ、幸せな歌を聞かせてやろう」と言って、下手くそな『私の青空』を歌い始めた。「狭いながらも楽しい我が家~♪」のあの歌だ。持ちネタの「ダイジョブダイジョブー」ではなかった。

その歌を聴いた朝は笑顔になり、一緒に『私の青空』を歌った。周りの人たちは彼女の歌に聞き入り、歌が終わると拍手が起こった。

 

小島よしおさんは、「これ少しだけど持っていきな」と、朝に米(5キロぐらいだろうか)を渡した。食べ物ゲット!

 

この時点のSNSでの反応:

ゲゲゲ同様、貧乏新婚生活を強いられる松下奈緒
小島よしおwww
ダイジョブダイジョブ~!じゃないのねw

 

守綱、朝を監禁する

★14分(盛り上がり度:36)

米や野菜をゲットした朝だったが、守綱は「街で物乞いをしろと言った覚えはない。あんな笑顔は人には見せるな」と怒った。

束縛夫である。嫉妬心が異常だ。

 

守綱は「僕はバイオリンのことと君のことしか考えたくないんだ。愛するのものはバイオリンと君だけだ。だから君も僕のことだけを考えて、ここで僕をまっていてくれ」と言った。

 

そして「この米は食べない」と言って、朝がもらった米を投げ捨てると、「明日からドアに鍵をかけていく」と宣告した。

 

守綱は朝が持っている部屋の鍵を取り上げ、それから毎日、朝を部屋に監禁して鍵をかけて出かけ、大急ぎで帰ってくるようになった。

 

この時点のSNSでの反応:

ヤバイ人だ…
監禁生活wwwやべーwww
妻を独り占めしたくて監禁するのは昼ドラ感

 

監禁といっても、隣に住んでいる華子の部屋にはベランダづたいに脱出できるので安心です。

あと今回は、叔母が守綱・朝の婚姻届を(周通の印鑑は本人に内緒でこっそり押したようだ)持ってきてくれて、ウエディングのシーンもあった。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

小島よしお 歌www」「勘当 感動」「松下奈緒 ゲゲゲの女房 貧乏生活」「山本耕史 監禁」「魂 汚れる」などという感想があった。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

かなり高い。

怒涛の展開。濃すぎる山本耕史さんのキャラクターとセリフ。突然の小島よしお。松下奈緒さんの歌。高岡早紀さんの格好いいセリフ。すべてがいい具合にわずか15分にミックスされて、退屈しない。

もうチョッちゃんと守綱が主人公でいいですよ・・・。来週も楽しみ。

感想・評価トットちゃん

Posted by tomo